ファインマン教授の講義映像~Microsoft Resarchより~

物理学

ファインマン物理学で有名なファインマン教授。ノーベル賞も受賞されている方ですが、既に他界されています。そんなファインマン教授の講義を書き起こした「ファインマン物理学」は英語版も日本語版も比較的入手しやすいですよね。

しかし、そのファインマン教授の講義映像となるとなかなか手に入りません。少し前の方ですから、映像という技術が発達していなかったということも原因としてあるのでしょう。今回、無料で公開されているファインマン教授の講義映像を見つけたのでご紹介しようと思います

ファインマン教授の講義映像

ファインマン教授の講義映像は「Microsoft Research」で公開されています。以下のリンクよりファインマン教授の講義映像を5本、無料で視聴することができます

Project Tuva: Richard Feynman's Messenger Lecture Series - Microsoft Research
Project Tuva was a Microsoft Research collaboration with Bill Gates that experimented with interactive video using Richard Feynman's Messenger Lectures.

残念ながら今のところ、「ファインマン物理学」の基となったファインマン教授のカルフォルニア工科大学の1・2年生向けの講義は見つけられていません。(「ファインマン物理学」の基となったファインマン教授のカルテクにおける講義映像の販売・公開等の情報をご存知の方いらっしゃいましたら情報提供よろしくおねがいします!) このリンクでは、ファインマン教授の講義が5本公開されています。

Microsoft Researchとは

今回紹介したサイト「Microsoft Research」とはどんなサイトなのか、ということを思ったので少し調べてみました。興味ない方は飛ばしてください

Microsoft Researchとは、Microsoftが設立した研究機関です。しかし、Microsoftの技術力は利用するものの、Microsoftからは独立した研究機関となっています。どうしてこんなに都合の良いことになっているかと言うと、Microsoftがある技術者を引くぬくとき、その技術者がこの機関の設立を条件として提示したからです。

マイクロソフトリサーチ(Microsoft Research、MSR)は、計算機科学に関するさまざまな研究を行う機関。リチャード・ラシッド博士がマイクロソフトに入社する条件として、同研究所の設立と、その独立性を約束させ、1991年9月に設立された。
名称からもわかるようにマイクロソフトの関連機関ではあるが、完全に独立した研究機関であり、そこで行われる研究内容については、たとえマイクロソフト本社の首脳陣であっても一切の口出しは出来ないことになっている。
世界でも最も有力な研究機関の一つである。現在、チューリング賞受賞者のアントニー・ホーアフィールズ賞受賞者のマイケル・フリードマンウルフ賞受賞者のLászló Lovász、MacArthur Fellowship受賞者のJim Blinnジム・ブリン)、Dijkstra Prize受賞者のレスリー・ランポートらをはじめ、著名な物理学・計算機科学・数学の専門家たちが数多く参加している。

Wikipediaより引用

今後、実際に視聴してみて思ったことがあればどんどん記事にしていきたいと思います。この↓にいろいろ増えていくかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました