自動車学校~大学生の夏休みに取るべきか、大学と同時進行で通うべきか~

日常生活

こんにちは。最近ブログの更新がかなり少なくなっているDolphinです。

ブログの更新頻度が少なくなっている理由はタイトルからわかると思いますが、自動車学校に通っているためです。ということで、そんな忙しい原因となっている自動車学校も記事にしてしまおう!というより、タイトルのようにいつ通おうか迷っている方もおられると思うので、これを記事として残しておくことは有意義だと思い記事にすることにしました。実際の体験を書いていきますので、参考にしてください

自動車学校の必要日数はどのくらい?

自動車学校で免許を取るために必要な日数は自動車学校によって異なると思います。ただ、どこの自動車学校へ行っても、1日3コマ~5コマ程度ならば1か月、1日1コマ~2コマ程度ならば3か月というのが標準だと思います。ただし、修了検定や卒業検定(自動車学校によって呼び名は違うかもしれません)などの技能(実際に運転する)試験や、仮免学科試験や本免学科試験などの筆記試験などに合格しなければ教習が追加となり、遅れることになります。また、オートマチック車よりマニュアル車の方が技能教習が少し多いようです。

僕は遅れる可能性も考えて、免許を取得したい日の前1週間はかなりスカスカの日程にしてあります。一昔前と違って少子化の中で自動車学校も生徒集めに必死ですから、ある程度評判のある自動車学校ならきっちり「この日に学科教習の教程〇〇を聞こうね」という表を作ってくれます。当然、聞こうねというだけのことであって、それ以外の日で同じ教程の講義が行われている日に聞いてもいいということが多いようです(少なくとも僕が行っているところはそうでした)。

運転免許合宿という手段は?

合宿だと2週間程度で取れるようですが、個人的にはあまりおすすめしません。僕は通っていますが、通ってよかったと思っています。理由としては、

  • 技能教習の追加など、日程調整が難しい
  • 丁寧に教えてくれない場合がある
  • 学科教習(講義室での講義)が大変(要は、合宿などしていると夜寝る時間が遅くなり、居眠りしがちになる)

などが挙げられます。2つ目については様々な意見があると思いますが、僕の正直なところを言ってしまうと、合宿という手段は生徒数が少ない自動車学校が生徒を集めるためにやっている手段にすぎないと感じてしまいます。少なくとも、僕が行っている自動車学校は地元では丁寧に教えてもらえると評判ですが、合宿はやっていません。

学科試験の難易度は?

学科試験の難易度ですが、正直そんなレベルが高いわけではありません。ただし本当にくだらないと思うのですが、日本語表現でひっかけてくる問題が多いので普段の学校の勉強ができる人ほど引っかかる傾向にあるようです。せっかちな人は運転に向いてないとでも言いたいのかもしれませんが、きっちりした判断素材を学科で確認して、的確な判断能力を技能で確認したほうがよっぽど効果があると思うのですがね。こんなのでは永遠に悲惨な交通死亡事故は減らないと思います。交通安全運動などをやる前に考えたらどうでしょう、と思わなくもありません。

まあ、変な批判はこの辺にしておいて、学科試験はそこまで難易度が高くないので安心して受けてください。ただし、くれぐれも油断はしないように。


自動車学校の技能教習が多くてなかなか忙しいのです。自動車学校の待合室にもwifi環境が整備されているため、空き時間にブログの執筆を進めています。今日は、まとまって1時間ほど電車での移動時間があったため、今まで空き時間で書いてきた記事を整理し、投稿のための最終準備に入りました。ここから1週間程度は1日1本程度のペースで記事をアップしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました