Google AdSenceの審査 〜最速で通過するために〜

雑記

5月19日にサーバー・ドメインを契約。そしてブログを初めてAdSenseの合格通知がきたのが6月4日。僅か2週間でAdSenseの広告を貼ることができました。僕はこの間、特に気にしないことを最も気にしていました。つまり、審査のために特別なことをしないよう心がけていたと言うことです。ちなみに、審査に出してから結果が来るまでには10日ほどかかりました。すなわち、出来立てほやほやのサイトを審査に出したということですね笑

普通にしていれば審査は通る。

審査に際して特別注意することはないと思います。ただし、Googleの方針に反する記事(暴力的内容や性的内容を含むなど)は出すべきではありません。これは、個人的にはAdSense審査に関わらず出すつもりがありませんでしたから、特別対策はしませんでした。

審査に際していろいろと意識される方もおられるようですし、審査は審査ですからそうすることを否定することはしません。しかし、AdSenseは定期的に再審査を行なっているようですから、審査をそうやって乗り切っても後々苦労するだけだと思います。

記事の文字数は絶対的ではない。

記事は最低1000文字とも言われていますが、僕は1000文字切っている記事が何本かありました。ですから、明確なラインは引かれていないと考えられます。しかし、短すぎるのも良くないでしょう。結局のところ、読者の参考になるような記事をしっかり書いておけばそれなりの文字数になりますから、それだけを意識すればいいのではないでしょうか。

一つのテーマに絞った方が通りやすい可能性も

僕が何か一つ意識していたことがあるとすれば、審査に通るまでは旅関連の記事をメインでいくということ。僕はたまたま、旅行関連で記事にしておきたい内容が多くあったので旅行に絞って最初は書いていくことにしました。雑記ブログは確かに書きやすいですが、審査ではマイナスになる可能性もあるようです。そこを考えて決めましょう。審査が通った後でジャンルの幅を広げていくというのもありかと思います


こんな感じで、正直そこまで苦労せず審査に通りました。

AdSenseの審査に関するページはたくさんありますが、僕自身そこまで苦労しなかったせいで逆に何も書けなかったので、今回は雑記という形で記事としました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました