ANA ホノルル→成田便の機内食~エコノミークラス~

ハワイ

今回は、全日空ホノルルから成田へ向かう飛行機の機内食についてのご紹介です。先日、全日空のエアバスA380でホノルルから成田へ向かったと言う記事を、成田からホノルルへ向かったと言う記録を紹介しました。

今回は、ホノルルから成田へ向かう機内での機内食です。行きの、成田からホノルルへ向かう機内の機内食とは少し違いましたので今回は別で紹介したいと思います。

ドリンクサービスの提供

まずドリンクサービスですが、これは行きの機内や国内線と変わりありません。離陸直後に、シートベルトサインが消えると冷たい飲み物が提供されます。当然温かい飲み物もあるかと思いますが。

ちなみに、行きと同様、機内食と同時にペットボトルのドリンクが配布されます。また、機内食終了後に温かい飲み物が提供されます。おつまみなどがギャレーに置いてあるので、お腹がすいたらもらいに行くこともできるようです。僕は、行きの成田からホノルルへの便では、トイレ行ったついでに日の出を見ていたらキャビンアテンダントさんに声をかけられおつまみをもらいました。お酒に合いそうなおつまみから、チョコレートまで様々なお菓子がありさすが全日空と言う感じです。

一食目の提供

一通り飲み物の提供が終わると、機内食の提供が始まります。ホノルルから日本へ向かう便では大抵、現地時間昼ごろに出発して日本時間昼過ぎに到着することになります。したがって、朝食はホテルなどでとってきている人が大半です。しかし8時間のフライトですので、2度食事が必要になります。要するに、昼食が2回提供されると言う事ですね。1度目はかなりしっかりした食事が提供されます。2度目は軽い食事です。当然、1度目である程度お腹がいっぱいになっているので2度目はこれぐらいの食事で充分です。

一色目は、ビーフと天丼が選べたかと思います。僕は、天丼をいただきました。天丼には当然お米が入っていますが、それと同時にそうめんまで配られたのでびっくりしました。行きの便と同様、右下の二品がかなりおいしかったです。お米は、機内食特有の味が少し出てしまってはいるものの、比較的おいしかったかと思います。ホノルル出発便と言うことで、機内食はホノルルで用意しているはずなのにこのクオリティー、なかなかすばらしいと思います。そうめんもなかなかおいしいです。

食後には、アイスが配られます。新幹線の車内販売で販売されているアイスのように、比較的硬い状態ですので、少し置いてから食べると良いかと思います。アイスまで食べてから機内食の容器は回収されます。この機内食の容器回収とほぼ同時に、温かい飲み物が配布されます。

2食目の機内食

時差ぼけを解消したいと考える人のために、1食目の機内食が終わった後、機内はいちど消灯されます。その後しばらく、4時間から5時間ほど寝られます。

日本に到着する1時間半ほど前に、再び機内の照明が付けられて機内食が配られます。2度目の機内食は、下のようになかなかおしゃれな箱に入っています。

機内食の箱には、THANK YOU FOR FLYING WIHT US.と、全日空からのメッセージが書かれています。

実際にこの箱の中には、マカデミアナッツのチョコレートとハンバーガーが入っています。ハンバーガーといっても、マクドナルドでイメージするようなハンバーガーではありません。パンは、クロワッサンのような生地になっており、中にはレタスやチーズなどが入っています。他に何が入っていたか詳しく覚えてはいないのですが、ハンバーグのような重たいものは入っていません。それからフルーツが配られます。フルーツとマカデミアナッツのチョコレートは、デザートと言う位置づけなんでしょう。マカデミアナッツのチョコレートはハワイで実際に売っているものと同じだと思います。とてもおいしいです。

こうして、日本の成田空港に到着しました。ホノルルから成田への便の記録でも書きましたが、非常に良いフライトだと思いました。日系航空会社は比較的高くなる傾向がありますが、機内食やその他の機内サービスの面から見るとやっぱり日系航空会社を使ってよかったかなと思います。俺以外にもホノルル旅行の記事を公開しています。今後ホノルルへ行こうと計画されている方に参考になるような記事を多数公開していますので、ぜひともご覧ください。

コメント

  1. […] ANA ホノルル→成田便の機内食~エコノミークラス~今回は、全日空ホノルルから成田へ向かう飛行機の機内食についてのご紹介です。先日、全日空のエアバスA380でホノルルから成田へ […]

タイトルとURLをコピーしました