ワイキキ・トロリーの1日乗車券

ハワイ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、実はなんだかんだ言って紹介していなかったワイキキトロリーの1日乗車券をご紹介したいと思います。これからホノルルへいかれる方は、現地でどのように移動するか考えられているのではないでしょうか。僕も実際にいろいろ調べて検討しました。その情報も含めて今回はご紹介したいと思います。

ホノルルでの移動手段

まずホノルルでの移動手段です。多くの方は、ホノルルではトロリーで移動されることになると思います。今回は、そんなトロリーを使うのに便利な1日乗車券の紹介ですが、その前にトロリー以外の移動の仕方もご紹介しておきたいと思います。

まず、タクシーで移動すると言う方法があります。当然これは、最も割高になるかと思います。その上、タクシーは無いわけではないですが、正直ホノルルではあまり見ませんでした。アメリカでタクシーを利用する場合、チップ等を払わなくてはならなかったり、日本では当たり前に使えると考えられているクレジットカードが使えない場合もあるようです。僕は実際には、現地ではタクシーを利用していないので詳しいことはわかりませんが、あまりメジャーな移動手段では無いようです。

続いて、レンタカーを利用すると言う方法です。これは、時間を節約したい場合は非常に有効です。特に、時間がなくて2泊3日などと言う非常に短い日程でホノルルを旅行される場合には、トロリーではなくこちらをお勧めしたいと思います。ただし僕は実際にレンタカーを使っていないので実際に使用された方のサイトを御覧ください。

ホノルルのバス

実際に、HISなどの旅行会社やジャルパックなどを使うとトロリーがもれなくついてくるということもあります。これらの旅行会社などを使う場合は、そちらのトロリーを使うと良いでしょう。ワイキキトロリーと同じくらいの路線網があります。ただし、ワイキキトロリーのブルーラインやパープルラインのような路線はあまりなかったかと思います。

自分でバスを手配する場合、調べてみれば2つの選択肢があることがわかるでしょう。1つ目がザ・バスです。ザ・バスは、ホノルル市が運営している市営バスです。このバスは、ホノルル市民の足としても利用されており通勤などで利用している客も多くいます。そのため観光客向けのバスとはなっていません。当然観光客でも利用できますが、日本と同じような普通のバスだと思ってください。もう一つが、ワイキキトロリーです。今回僕はこちらを利用しました。実際に使ってみて、こちらを利用して良かったかと思います。ワイキキトロリーは、観光客向けのバスです。そのため、市営のバスよりは本数が少ない場合がありますが、車内で様々な観光名所の案内など観光客向けのサービスが非常に充実しています。どのバスも、基本的には窓がありません。すべてオープンとなっています。特に、ピンクラインとブルーラインは2階建てのバスで運行されます。

そんなわけで、僕も実際にホノルルへ行く前はどちらを利用するか非常に迷いましたが、僕はワイキキトロリーを利用することをお勧めします。ここで、空港へ乗り入れているかどうかで判断しようと考えられる方がおられるかもしれません。結論を言うと、ザ・バスしかホノルルの空港へは乗り入れていませんが、ザ・バスでも空港からワイキキのホテルへ行くのには利用することができません。ザ・バスは、大きな荷物を持ち込むことが禁止されています。そのため基本的には、空港からホテルへは送迎サービスを利用したり、タクシーを利用したりする必要があります。ここは、バスを使う事は考えない方が良いでしょう。実際に、空港からホテルへの格安送迎を別の記事で紹介しています。こちらも併せてご覧ください。

ワイキキ・トロリーの予約

さて、そんなこんなで僕はワイキキトロリーを利用することに決めました。ワイキキトロリーを調べていると、JCBカードで無料で乗車することができるという記事が出てくるでしょう。実際にJCBカードで無料で乗車することができますが、JCBカードで無料で乗車することができるのはピンクラインのみです。ピンクラインは、ワイキキからアラモアナセンターをつなぐ路線です。そのため、非常に頻繁に利用するのではありますが実際に観光をこのピンクラインのみで終わらせようと言うのは少し難しいかもしれません。そのため1日乗車券などを購入するのが良いかと思います。

1日乗車券ですが、1日乗車券と言うものの他に4日乗車券、7日乗車券と言うものも販売されています。僕は、四日間の日程でしたので4日乗車券を購入しました。こちらは現地でも購入できるようですが、日本であらかじめ購入していくことも可能です。インターネットを通じて購入することができます。ワイキキトロリーの公式サイトから購入することもできますし、旅行会社経由などで購入することもできます。僕は、全日空のANAトラベラーズのサイトであらかじめ購入しました。僕が購入した日は、ANAトラベラーズがボーナスマイルがつく期間だったので、この購入でも少しマイルが貯まりました。全日空のマイルを貯めているという方はANAトラベラーズのサイトから購入するのも良いかと思います。ちなみに、ANAのサイトからでもワイキキトロリーの公式サイトからでも値段はそれほど変わりませんでした。日によって少し違うかと思いますが、全日空のサイトでは日本円で支払い、ワイキキトロリーのサイトではドルで支払いです。そのため、単純に換算したらワイキキトロリーのサイトの方が少し安いかもしれませんが、クレジットカードの手数料が発生します。それを考えると、結局のところどちらでもあまり変わりはないと思います。個人的には、日本の会社である全日空の方が安心だったので、全日空のサイトで申し込みました。

利用の仕方

実際に全日空のサイトで購入すると、インターネット上でPDFファイルのバウチャーが発行されます。おそらく、ワイキキトロリーの公式サイトから購入しても同じかと思います。これを、ワイキキのTギャラリアに持っていきましょう。Tギャラリアへのアクセスですが、そんなに苦労する事はありません。僕は、アラモアナセンターからANA Express Busに乗って行ったので、降りたところがカウンターですぐに見つけることができました。ただし、ホテルから歩いて行こうとしても問題ないかと思います。ワイキキトロリーのカウンターは、屋内のは少しわかりにくいところにありますが、お店なのでワイキキトロリーのカウンターに行きたいと店員さんに聞けばおそらく教えてくれるかと思います。

バウチャーをチケットに交換したら後はそのままバスに乗ることができます。実際に乗るときに、運転手さんに乗車券を見せれば乗せてくれます。基本的には、ホノルルのバスは右側から乗車します。日本と違い右側通行だからです。降りるときは、日本と違ってボタンなどはありません。バスが停車してから立ち上がると立ち上がった人が降りるまで待っていてくれます。降りるときに、いい運転手さんだったらチップを入れてあげても良いでしょう。ただしチップを入れる人はそんなに多くなかったかと思いますので、入れなくても全然問題ないかと思います。

ワイキキトロリー

では、実際にワイキキトロリーはどんなバスなのか。各路線について詳しく記事を公開しています!

今回のホノルル旅行に関する記事はこれ以外にもたくさん公開しています。これからホノルルへ旅行されようとしている方に参考になるようなことをたくさん書いていますので、ぜひともご覧ください。

コメント

  1. […] ワイキキ・トロリーの1日乗車券 今回は、実はなんだかんだ言って紹介していなかったワイキキトロリーの1日乗車券をご紹介したいと思います。これからホノルルへいかれる方は、現地 […]

  2. […] ワイキキ・トロリーの1日乗車券 今回は、実はなんだかんだ言って紹介していなかったワイキキトロリーの1日乗車券をご紹介したいと思います。これからホノルルへいかれる方は、現地 […]

タイトルとURLをコピーしました