沖縄美ら海水族館へのアクセス 少人数なら高速バスがオススメ!

沖縄本島

今回は沖縄美ら海水族館へのアクセスについて。沖縄美ら海水族館は、以前の記事でも紹介しましたか那覇空港から少し遠い場所にあります。車で片道2時間から3時間程度かかります。少し遠いと言うことで、沖縄美ら海水族館へのアクセスは沖縄美ら海水族館行こうって言う人には問題になってくるでしょう。僕も実際行く前に、どのように行こうかかなり迷いました。僕は今回、実際に高速バスを使って行きました。この高速バスはチケットを事前に購入することもできかなり便利でした。他の利用方法も含めて今回は紹介していきたいと思います。

実際にどのようなアクセスの方法があるかは、下の公式サイトに羅列してあります。今回この記事では、実際に使ってみて利便性なども含めて書いていきたいと思います。

アクセス・駐車場
沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)の営業時間、及び、入館料金などについて。団体や学校行事でのご利用は2割引で大変お得です。,海洋博公園

少人数なら高速バスがオススメ。Wi-Fiも利用可能!

少人数で沖縄美ら海水族館行くのであれば、最初にも書いた通り高速バスがお勧めです。実際に調べてもらえればわかると思いますが、かなりの本数の高速バスが出ています。基本的には予約も必要ありません。公式サイトには、満席の場合乗車することができませんと書いてありますが、実際よほどの繁忙期でなければ満席になる事はありません。よって、予約はほぼ不要と思って問題ないでしょう。

車内ではWi-Fiを利用することができます。このWi-Fiはそれなりにスピードが出ていました。このWi-Fiサービスは非常にありがたかったです。高速バスとは言え片道2時間。ちなみに僕が利用したのは特急と言う便だったので普通の高速バスを利用すると片道3時間ちかくかかるかと思います。その3時間で無料Wi-Fiが使えるのと使えないのでは勝手がかなり違いますよね。

沖縄エアポートシャトル

乗車券の購入 クレジットカードは使えるの?

乗車券の購入については、様々な方法があります。半分くらいの方は運転士さんに現金で払っていたように思いました。しかし、実際に沖縄エアポートシャトルはあらかじめ料金を支払っており、すでに乗車券を持っている人を優先して乗車させてくれます。そのため、あらかじめ乗車券を購入していくことをお勧めします。

支払いでクレジットカードが使えるのか、という問題ですがこれはかなり難しいです。結論を言うと、予約をせずにその場で支払う場合クレジットカードを使うことができません。この、那覇空港から沖縄美ら海水族館へのバスは主に2つあり、1つがやんばる急行バス、もう一つが沖縄エアポートシャトルです。他にも会社がありますが、この2つがメインになってくるかと思います。

まずやんばる急行バスですが、市内で乗車券を購入する場合以外クレジットカードは利用できません。ただし楽天Edyを使用することができます。楽天Edyは、実際に予約をせずに直接乗車する場合でも利用することができます。僕は楽天Edyの残高がなかったので今回は利用しませんでした。

もう一つ、沖縄エアポートシャトルですがこちらも乗車券を購入する場合以外クレジットカードは利用できません。こちらは、楽天Edyではなくスマートフォン決済である楽天ペイが使えます。ただし、こちらは実はクレジットカード払いをする方法があります。コンビニエンスストアで購入する場合です。ファミリーマートのファミポートで購入することができます。この購入ではクレジットカード払いも使用することができます(ファミポートでの購入の場合クレジットカード払いができないチケットも一部あり)。那覇空港から美ら海水族館へ行く場合、那覇空港にはファミリーマートがあります。このファミリーマートでファミポートを利用して購入すると言うのが良いかと思います。これ以外にも、当然ファミポートでの購入ですから全国のファミリーマートで購入できます。出発空港で購入すると言うことも当然できますので、出発空港には時間に余裕を持って着くと言う方が多いかと思います。なので僕は個人としては、出発空港のファミリーマートで購入することをお勧めします。なお、乗車券を購入すると言うことができるだけであって購入時点でバスの便を指定する必要はありません。指定できないのかと逆に思う人もいるかもしれませんが、先に書いたように満席になる事はほぼないので、飛行機が遅れた場合のリスクを考えるとこの方が圧倒的に良いのかなと思います。

僕は今回、沖縄エアポートシャトルと言うバスを利用しました。沖縄エアポートシャトルは、あらかじめ乗車券を購入しておくことができます。乗車券の購入は、ファミリーマートでできるので非常に便利です。僕は、当日「今から沖縄へ行こう」と思って沖縄へ行きました。そのため、予約とは言えインターネット以外予約する方法はないと思いました。インターネットを見ても、あらかじめ予約ができるのは前日までです。そのため、このコンビニで乗車券を購入できると言うシステムは非常にありがたかったです。僕は飛行機に乗る前、中部国際空港のファミリーマートで購入しました。往復で購入すると少し割引が効きます。また、ファミリーマートで購入する場合クレジットカードを利用することができます。沖縄エアポートシャトルにクレジットカードで乗車しようと思った場合、那覇空港では基本的に乗車することができません。市内の高速バスセンターのようなところへ行ってそこでクレジットカードを利用して乗車券を購入せねばなりません。僕は、現金を用意しておらず僕が口座を持っている銀行は沖縄県にATMを持っていなかったため、ごくわずかの現金で沖縄旅行をする必要がありました。また、ANAカードありがとうキャンペーンでの35万円決済があとほんの少しになっていたので、ここでクレジットカードを支えたのは個人的には非常にありがたかったです。

車内の様子
車内の様子

レンタカーを利用する方法

高速バスについては、かなり長々と書きました。次はレンタカーを使用する方法です。レンタカーについては、基本的にレンタカーを借りて高速を利用して沖縄美ら海水族館行くしかないのであまり書きません。

こちらは、ある程度の人数の集団で行く場合や家族で行く場合には良いでしょう。沖縄美ら海水族館には、レンタカーを使ってくる人を想定してしっかり駐車場もあります。実際に僕は高速バスで行きましたが、高速バスから車外を見ているとレンタカーはたくさん走っています。沖縄では、レンタカーは必須だと言うふうに考える人もいるので、レンタカーは非常にメジャーな手段であることは確かです。

ただし、何度も書いているように高速道路を利用する必要があります。そのため、レンタカーのレンタル料などを考えると少人数ではバスの方が安いと言う可能性もあります。ただし、当然少人数でもレンタカーは高速バスと違ってプライベートな空間であるというメリットもあるので、目的に合わせて利用するといいでしょう。

バスツアーを利用する方法

僕は一人旅だったため、この方法はあまり考えませんでした。そのためこんな方法があるのだという位で今回は留めておこうと思います。

バスツアーとは、那覇空港から送迎や沖縄美ら海水族館への入場券まで含めてツアーになっているものです。沖縄美ら海水族館への入場料まで含めると、高速バスと入場券を別々で買った場合より安くなると言うことも充分あり得ます。あらかじめ予定して沖縄美ら海水族館行く場合、この方法を利用するのも良いかと思います。

しかし、この方法のリスクとして飛行機が遅れた場合のリスクがあります。基本的にツアーの場合、あらかじめ時間を予約しておくことになるかと思います。僕は、予約をしていなかったために逆に沖縄の那覇空港に到着後、軽く昼食をとりすぐにバスに乗ることができました。時間を気にせずのんびり旅をしたいと言う人には向いていないかもしれません。

今回の沖縄旅行については、他にも様々な記事を公開しています。これから沖縄へいかれると言う方には参考になるかと思いますので、他の記事もご覧ください。もちろん、今回記事にした沖縄美ら海水族館についても、沖縄美ら海水族館自体について詳しく紹介しています。こちらもご覧ください。

コメント

  1. […] 沖縄美ら海水族館へのアクセス 少人数なら高速バスがオススメ!今回は沖縄美ら海水族館へのアクセスについて。沖縄美ら海水族館は、以前の記事でも紹介しましたか那覇空港から少 […]

  2. […] 沖縄美ら海水族館へのアクセス 少人数なら高速バスがオススメ!今回は沖縄美ら海水族館へのアクセスについて。沖縄美ら海水族館は、以前の記事でも紹介しましたか那覇空港から少 […]

タイトルとURLをコピーしました