札幌観光 サッポロビール関連施設!サッポロビール博物館

北海道・札幌
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

札幌といえばサッポロビール!という方もいるかもしれません。そうでなくともサッポロビールは名前に札幌が入っている通り、札幌のいわば名産のようなものでもあります。

今回はそんな札幌ビールの歴史を展示している「サッポロビール博物館」をご紹介します。観光において重要となるアクセスですが、歩いていくこともできますが、そこそこ距離はあります。歩くのが遅いと札幌駅から40分〜50分程度かかるかもしれません。徒歩で行く場合については別途記事にしてありますのでそちらを参考にしてください

サッポロビール博物館は行く価値があるか?

一番最初の内容がこれというのもどうかと思いますが(笑) まあ、一番気になる人が多いと思うのでここからいきましょう。

答えは、行く価値ありだと思います。ただし、時計台や赤れんが庁舎などの札幌駅周辺の観光が終わっていないなら後回しでもいいように感じます。

サッポロビール博物館の入場料は無料ですので、ぜひとも立ち寄ってみてほしいなと思います。

サッポロビール博物館

サッポロビール博物館はどのような施設か。

どのような施設か、ですが、基本的にはサッポロビールの歴史などが展示されていると思えばいいでしょう。パネル展示が多いという印象を受けましたが、写真のように実物の瓶の展示等もあります。まあ、ビール本物を展示するわけにはいきませんからね。

展示の様子

ビールというのはそもそも冷やして保管する必要があります。冷蔵庫がなかった昔、氷が豊富に取れる札幌でビールを作り、札幌の氷をつかって運搬するというのは自然なアイデアだったのでしょう。

実際の瓶なども

サッポロビールを実際に飲むことや購入することはできるの?

上記展示は2階にあるのですが、実際に一階でサッポロビールをいただくことができるようです。僕はその直後に札幌駅へ戻って新千歳空港に向かい、名古屋へ戻るという後の日程があったので飲みませんでした。が、写真のように行列ができていました。人気なんですね。

一回のレストランの様子

お土産としての販売もあります。写真のようにここ限定のビールもあります。こんな歴史感ある瓶に入っているだけで、ビール好きにはお土産になりそうですよね。お土産屋さんに立ち寄るののもいいと思います。

ビールの販売

元サッポロビールの工場を使った施設・サッポロビール博物館の紹介でした。予め予約しておくことで別の施設も見学できるようです(僕は弾丸当日予約で札幌へいったので予約はできませんでした)。ので、予めホームページなどを参照しておくことをおすすめします!

あと何本かの記事で札幌関連の記事は一段落するつもりです。今後も参考になりそうな内容があれば書くかもしれませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました