新千歳空港から搭乗!新千歳空港国内線待合室や国内線ターミナル

北海道
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。札幌旅行関連で皆さんの役に立ちそうな記事を構成するための全体概観が出来上がったので今回から順にアップしていきます!今回は新千歳空港の国内線待合室に関する記事。

札幌観光も一通り終わって空港へ行くだけ!というとき、残りの時間を札幌で過ごそうか、それとも空港で過ごそうかと考えると思います。

新千歳空港の国内線待合室はどうなっているのか…僕も初めて利用する前にどんなものかと思って調べてみたのですが、実際に出てくるのは有料ラウンジなどについての記事ばかり。そこで今回は、全員が通過することになるであろう、保安検査場の先の待合室をご紹介したいと思います!

国内線 保安検査後の待合室の広さや快適性

まず広さですが、僕が過去に利用したセントレアや福岡空港と比べて狭い印象を受けました。そして何より利用客が多いということがあり、席は埋まりがちです。待合室の席が全て埋まるということはよっぽどのことがない限りありえないとは思います。が、人が座っている横に座ろうとすることはあまりないので、結構埋まっているという印象を受けます。

新千歳空港 国内線待合室
待合室の様子

待合室の座席は快適??

セントレアと比べたら快適とは言い難いです。駅のホームのベンチとまではいきませんが、座席自体にかかっている傾斜は小さく、仮眠をとることは困難です。背もたれも写真のように頭のところまでありません。

新千歳空港 国内線待合室
待合室の様子

売店もあります。北海道の味噌ラーメンや海鮮丼を食べられるお店もありました。ぼくは夕方の便でしたが、そこまで遅い時間の便ではなかったため制限エリア内で食事をすることはしませんでした。それから、お土産屋も制限エリア内にあります。ANAのお土産ショップもありました。ANAのお土産ショップではANAカードやANAマイレージクラブカードを提示すると割引が受けられ、お得にマイルもたまりますのでマイレージクラブ会員にはお勧めです。僕は札幌駅でお土産を購入してしまいましたが、こちらで購入すべきだったなあと思っています。

保安検査後エリアで仕事などの作業ができる場所は??

結論から言えばあります。しかし、数は少ないです。搭乗口ひとつにつき10席程度しか用意されていません。

新千歳空港国内線待合室 コンセント
作業用机の電源

写真のように電源があります。100V電源とUSBの電源が利用できます。

新千歳空港は北海道という場所柄、需要が多いということもあってとにかく椅子を多く設置したという印象を受けました。早めに制限エリアに入ってそこで仕事をしたいという方はカフェ等を利用するのもよいかもしれません。

もはやひとつのテーマパーク!温泉や映画館まで!

今回のテーマは「飛行機で新千歳空港を出発する前に」ということですので、映画ほどの時間があることは想定していません。が、新千歳空港には映画館や温泉もあり、充実した時間を過ごすことができます。

新千歳空港温泉
新千歳空港温泉

国内線ターミナル4階には温泉と映画館、そしてゲームセンターもあります。この「新千歳空港温泉」、温泉内部の写真は撮っていませんがなかなか素晴らしい温泉。残念ながら温泉の中から飛行機が見れるわけではありませんが、露天風呂もあります。

2020年夏の北海道周遊旅行で、北海道入りした日にこの温泉に入りました。いい感じだったので、名古屋へ戻る時にも温泉に入ろうと思ったのですが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で入場制限が…ということで入れませんでした。

場合によっては入場制限がされていることもありますので注意してくださいね。

新千歳空港国内線ターミナルにはフードコートなども充実

新千歳空港の国内線ターミナルはフードコートなども従実しています。

3階にはフードコートがあり、ここは国内線の飛行機が一望できます。そして滑走路を離着陸する飛行機も見ることができます。

新千歳空港フードコート
フードコートの味噌ラーメン

僕はここのフードコートの味噌ラーメンが大好き。行きも帰りも食べました笑

それ以外にもこのフードコートにはさまざまな料理があります。が、僕はやっぱり、せっかく北海道にきたのなら味噌ラーメンとか食べたいですね。

国内線ターミナルの売店

ちなみに国内線出発ゲートや航空会社のチェックインカウンターがある2階には主にお弁当が売られています。また、3階のフードコートほど落ち着きはないんですが、多少ベンチ等が置いてあった食べることができます。海鮮を使ったお弁当もたくさんありますので新鮮な海鮮が食べたい方はこちらでお弁当を買ってもいいかも。

ちなみに国内線であればお弁当を持ち込むことも可能(加熱式のお弁当は危険物に該当するため不可です)なので、買って国内線の待合室で食べるのもありでしょう。

さらに、国内線ターミナルの4階(フードコートと同じフロア)にはプロントがあったりと、カフェなども充実しているので、パソコン作業などをして時間を潰すこともできます。


新千歳空港の国際線ターミナルについてもまとめました。こちらも合わせてご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました