九州観光-太宰府天満宮でお守りを購入

九州観光で、太宰府天満宮にも行ってきました。学問の神様である菅原道真が祀られている太宰府天満宮です。受験生が身近にいるならば是非とも行っておきたいですよね!でも、博多からどのくらいの距離なのか、どのような場所なのかって気になりますよね。今回はそんな太宰府天満宮に関する記事。観光としても価値ある場所なので是非とも訪れてみてくださいね!

どんな場所なの?

朝早いということもあり、静かでした。太宰府天満宮の中はかなり広く、庭園みたいな感じになっています。太宰府駅から太宰府天満宮への道には様々な店が並んでいます。独特のデザインのスターバックスなどもあります。お土産もあると思いますが、どちらかと言うと買い食いするといった感じの場所です。お土産はやっぱり、太宰府天満宮でのお守りでしょう。

太宰府天満宮

太宰府天満宮周辺の施設は?休館日は?

太宰府天満宮周辺施設(九州国立博物館など)は月曜日が休館日です。ただ、名古屋へ戻るフライトの関係があったので、その日しかありませんでした。お参りしてお守りを買ったので、あとは周辺も回ってみました。

九州国立博物館は色々なものが展示されているようなのでぜひ行ってみるといいと思います。残念ながら僕は行けなかったので、また機会があれば行きたいと考えています。九州国立博物館以外にも、簡単な遊園地があったり、太宰府天満宮関連の資料館があったりと、観光客にとってもとても充実していると思います。

太宰府天満宮

お守りの値段は?

これが気になるという方もおられると思います。最も人気の学業成就のお守りは、通常のお守りが500円、巾着袋入りのお守りが600円でした。それからマークシート専用鉛筆(センター試験などに利用可)がありました。こちらは正確に値段を覚えていませんが、800~900円程度だったと思います。が、きっちりしたメーカーのもので、値段も納得いく値段でした。僕は、ここで6000円程度使いました。


太宰府天満宮をはじめとした太宰府の観光はとても満足いくものでした。僕は、九州国立博物館などに入館できたらよかったなあと思いますが。でも、全体としてとても有意義な体験ができますので、ぜひ行ってみてくださいね!

引き続き九州旅行の関連記事を作成していきますのでお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました