日本最古の石博物館-小さいけれど充実した博物館

岐阜

こんにちは。今回は、岐阜県にある「日本最古の石博物館」のご紹介です。正直なことを言いますが、ここをブログで紹介するつもりはありませんでした。しかし、思いのほか良かったので今回紹介したいと思います。それもあり、ブログに載せることを想定した写真が少ないです。ご了承ください。いづれにせよ、近くを通ったらぜひとも立ち寄ってもらいたい施設ですので、参考にしてください。

日本最古の石博物館とはどんなところ?

名前の通り、日本最古の石博物館です。飛騨川沿いにあり、車で郡上などへ行こうという時に通ると思います。正直言って、一見大したことないところです。僕自身は休憩がてら寄ったという面が強いです。実際に入ってみると、歴史に沿って様々な石が展示されています。その地域で発見された石なども展示されており、なかなか興味深いです。

「日本最古の石」とは西暦1970年(昭和45年)に飛騨川河床の上麻生礫岩から発見されたもので、20億年前の片麻岩です。「日本最古の石博物館」には、この20億年前の片麻岩をはじめ「地球最古の石」や「ストロマトライト」など地球の誕生から現在に至るまでの46億年の歴史がわかる資料が展示されています。
地球の環境の変遷や人と自然とのかかわりを学ぶ生涯学習の場として広くご利用下さい。

日本最古の石博物館 公式ページより

日本最古の石博物館

入館料や駐車場に料金は?

入館料は、小学生100円、中学生・70歳以上200円、一般300円です。ぶっちゃけ、入場料を取るのもいかがなもなかなとも思いましたが、実際の中身を考えると入館料はそこまで高くはありません。また、駐車場は無料です。近くにはあまり鉄道路線や路線バスもありませんので、車で行かれる方が多いでしょうが、それでも大丈夫です!

アンモナイト

どんな展示があるの?

名前の通り、まず石の展示があります。当然これがメインです。中央に大きな地球儀があります。この地球儀自体はあまり大きな意味はないですが、そこから想像出来るように世界各地の石が並べられています。

一方、展示自体は歴史の流れに沿って作成されています。この、歴史の流れに沿った形の展示がとてもいいです。地球がどのような歴史を辿ってきたのかが一目瞭然です。これが分かるようにと意識して展示されているのだと思います。

石が好きだ、という人はなかなかいないかもしれません。しかし、ここの博物館はそれでも楽しめるような工夫がされていますので、是非とも行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました