京都地下鉄·バス 1日乗り放題切符

京都
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国内屈指の観光地・京都。京都は観光地の多さから、徒歩だけではなかなか観光が大変です。そこで大々的に売り出されているのが様々な種類の「一日乗り放題切符」です。今回はこの、一日乗車券をご紹介していきます。

一日乗車券はこんな人にオススメ!

京都観光では、観光タクシーを利用するという方法もあります。観光タクシーは定額制で1日様々なところを案内してくれます。タクシーの運転手さんも観光地について詳しく知っている場合もあり、いろいろと案内してくれたりします。しかし、当然ながら観光タクシーはお金がかかります。特に一人旅の場合は観光タクシーを使うのは金銭的にも気持ち的にも重いでしょう。そこで僕みたいな一人旅の場合はオススメしたい、様々な種類の一日乗り放題きっぷをご紹介します。

一日乗車券の種類

まず、京都の一日乗車券にはさまざまな種類のものがあります。自分の観光の計画に基づいてどれを購入するか決めるといいと思います。いきあたりばったりで観光がしたい!という方は、「地下鉄・バス一日乗車券」(900円)を購入するといいと思います。この切符があればほとんどどこへでも行くことができます。参考までに一覧を載せておきます。

値段利用可能な交通機関
地下鉄1日券600円地下鉄
バス1日券600円市バス・京都バス
地下鉄・バス1日券900円市バス・京都バス・京阪バス
バス・嵐電一日券1100円市バス・京都バス・嵐電
嵐電一日フリーきっぷ500円嵐電

以上のように、様々な一日券があります。具体的な旅程が決まっている場合は、その旅程に合うきっぷを選んで購入するといいでしょう。

実際の使い方

実際の使い方について少し触れておきます。

まず、一日乗車券を最初に使うときには日付を印字しなくてはなりません。そこで、機械に通す必要があります。地下鉄であれば改札機に通せば良いです。バスであれば降車口の機械に通しましょう。分からなかったらバスの運転手さんに聞けば教えてくれます。機械に通すことで日付が印字されます。その印字された日のうちはその一日乗車券が利用できます。

その一日乗車券を使うのが2回目以降の場合、印字は必要ありません。地下鉄は最初と同じように改札機に通せば良いですが、バスでは機械に通す必要がありません。乗車時には何もせずに乗車して、降車時に乗務員に見せればオッケーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました