札幌時計台 ~本当にがっかりなのか~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

札幌時計台って実際に見るとがっかりという意見を何度か聞いたことがあります。実際にはどうなのか、時計台に行くべきなのか、と迷っておられる方もいらっしゃるかもしれません。ので、今回はそんな方にも参考になるような記事を書きたいと思います。僕としてはがっかり感はあるけれど行く価値はあると考えます!

札幌時計台はどんな施設?

まずどんなところなのか?と思われる方もおられると思うのでそこから。

名前の通り時計台です。札幌観光ではそれなりに有名な観光スポットだと思います。歴史ある建物ですから有名なのでしょう。

時計台

札幌駅からのアクセスは?

札幌駅からは徒歩で行ける場所です。札幌駅南口を出てしばらく直進した後左に曲がって少し歩くとあるのですが、案内等がしっかりあるのでそこまで迷うことはないと思います。看板等に従っていけば行けますのでここで詳しく道順を案内することはしません。

付近の観光スポットとして赤れんが庁舎が挙げられます。赤れんが庁舎からは徒歩5分程度でした。札幌駅に対して同じ側にあります。別に記事にしましたが、赤れんが庁舎はおススメの観光スポットなので、赤れんが庁舎を訪れたあとに時計台を訪れれば良いと思います

そういう意味でも、赤れんが庁舎へ行ったらせっかくなので時計台も見ておきたい!と考えます。

時計台の入館料は?入場すべき?

入館料は大人200円、高校生以下は無料です。

中には時計台の歴史を示す資料などが展示されています。時計台とはそもそもクラーク博士の提案で作られたもので、初の農学博士号授与の際の式典会場にも使われました。それらの資料が展示されています。

僕としては、時間がなければ入らなくていいかなというのが正直なところです。時計台という名前のとおり時計台の外観がメインですから。


いかがでしょうか。札幌時計台は有名ですからやっぱり行きたいというのが結論です。赤れんが庁舎へ行ったついでにでも行ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました