ANA国内線新シート B777-200 運航スケジュールは?

飛行機

2019年秋に、ANAは国際線・国内線ともにシートの更新をはじめました。国際線については、ビジネスクラスが「The Room」と、名前の通り個室になったそうですね。

今回は国内線の方。国内線の新シートのB777で福岡から羽田に移動しました。クラスは普通席。今回はそんな国内線新シートのご紹介です。

名古屋在住なのに福岡から東京へ・・・

ちょっと無理しすぎて風邪ひいちゃって辛いけど、今回も頑張って記事を書くよ!

ANA新シートを搭載した国内線の運航路線は?スケジュールは?

運航スケジュールですが、残念ながら検索しても出てきません。国内線、特に羽田発着の場合はしばしば変更があるからでしょう。ただ、現時点で新シートが搭載されているのは主にB777です。B777はANAの国内線機材としては最大の機材ですから、主に幹線路線に投入されています。具体的には、羽田-福岡・新千歳・那覇・伊丹あたりです。

残念ながら検索しても出てこないとはいうものの、新シートに乗りたいというならばある程度目星をつけることも可能です。運航スケジュールを検索すると運航開始当初のスケジュールが出ています。このスケジュールは絶対ではありませんが、2020年1月現在も少なくともこのスケジュールの便は新シートである可能性が高いと言えます。

機材はANAの予約サイトで「772」と記載されている「ボーイング777-200 (772)」です。これでなければ新シートではない可能性が高いので注意しましょう。

777-200国内線新仕様機の19年運航スケジュール

11月16日から30日まで、12月27日から31日まで

NH243 羽田(08:20)→福岡(10:15)

NH250 福岡(11:20)→羽田(13:00)

NH27 羽田(14:00)→伊丹(15:05)

NH32 伊丹(16:00)→羽田(17:10)

NH75 羽田(18:00)→札幌(19:35)

NH82 札幌(20:30)→羽田(22:10)

12月1日から26日まで

NH241 羽田(07:25)→福岡(09:30)

NH248 福岡(10:20)→羽田(11:55

NH65 羽田(13:00)→札幌(14:35)

NH68 札幌(15:30)→羽田(17:10)

NH75 羽田(18:00)→札幌(19:35)

NH82 札幌(20:30)→羽田(22:10)

https://www.aviationwire.jp/archives/189863

国内線機材なので、機材変更はどうしてもあり得ること・・・

可能性が高いものとして、予約サイトで「772」と書いてある機材を狙っていこう!

座席モニター・電源・Wi-Fi

何といっても一番に目に入るのが座席モニターです。

どーんと、こんな感じで。

ANA 国内線新シート シートモニター

でかいですよね。この前に乗ったスターフライヤーにもシートモニターがありましたが、それとは比べ物にならない大きさ。

僕はこの間の夏にANAのA380でホノルルへ行きました。今回のシートモニターはホノルル線A380と全く同じものだったと思います。エアバス機材にしかついていない機外カメラなどはありませんでしたが。

写真のように、USBポートとイヤホンジャックが付いています。USBポートは何かデータの読み込みでもできるのかな?やってないのでわかりません。僕はもっぱらスマホの充電に使っています。

今回写真を撮ってくるのを忘れてしまったのですが、ユニバーサル電源が足元にあります。海外のコンセントタイプにも対応したコンセントです。日本のコンセントも当然使えます。

ケータイならモニター下のUSBポートを、パソコンならコンセントを使えばいいと思います。コンセントは、離陸前は使えなかったように思いますが、モニター下のUSBポートは離陸前から使えました。

それから当然Wi-Fiもついています。以前ANAのB777に、那覇から伊丹まで乗ったときWi-Fiがほとんど使いものにならなかったのですが、今回はしっかり使えました!おそらく、少しは改良されているのでしょう。ちなみに今回の便もほぼ満席でした。

シートモニターのコンテンツは、国内線という短時間ではじっくり見られないのが残念・・・

USB電源やコンセントが装備されているのはとてもありがたい!パソコン等も充電可能!

普通席新シート!座り心地は???

さて、実際の新シートを見ていきましょう。

ANA国内線新シート

こちらがシートです。シートは新しくなったなとは感じるもののそれ以上に何かというわけではありません。他の機材と比べて体にフィットする感じがあって座り心地が良かったのは事実です

それから、他の機材に比べてシート自体の厚さが減っているように感じます。それもあって、普通席でもスペースは少し広くなっているなと感じました。

国際線機材とは異なり、ヘッドレストはありません。リクライニングは座面が前に行く形式だったかな?そこまで深くリクライニングはしませんが、座り心地は少し変わります。リクライニングして快適になる、けど後ろにはあまり迷惑をかけない、いい設計ですね。

なんだがうまく説明できないけど・・・

全体としてシート自体も座り心地が良くなった!

ANA 福岡-羽田
福岡空港から羽田空港へ

この日は福岡も東京も天気が悪く、機長から何度も予告があった通り着陸前に少し揺れました。昼の便であったにも関わらず福岡空港や羽田空港が混雑しており、少し遅れて羽田空港に到着しました。

コメント

  1. […] ANA国内線新シート B777-200 運航スケジュールは?2019年秋に、ANAは国際線・国内線ともにシートの更新をはじめました。国際線については、ビジネスクラスが「The Room」と、名前の通り個 […]

  2. […] ANA国内線新シート B777-200 運航スケジュールは?2019年秋に、ANAは国際線・国内線ともにシートの更新をはじめました。国際線については、ビジネスクラスが「The Room」と、名前の通り個 […]

  3. […] ANA国内線新シート B777-200 運航スケジュールは?2019年秋に、ANAは国際線・国内線ともにシートの更新をはじめました。国際線については、ビジネスクラスが「The Room」と、名前の通り個 […]

タイトルとURLをコピーしました