中部国際空港の観光施設「FLIGHT OF DREAMS」

お久しぶりです。最近は全く観光での外出ができていないのですが、記事のネタは溜まっています。そろそろ出していきたいんですがね。

今回はセントレアの観光施設「Flight of Dreams」(フライト・オブ・ドリームズ)のご紹介です。僕が行った3月には既に入場はできなかったので、主に周りのお店などになりますが少し書いていきたいと思います。セントレアへ行くことは多いので、また入場できたときには更新したいと思います

中部国際空港にオープンしたFLIGHT OF DREAMS。今回は新型コロナウイルスの影響で入場はできなかったので、ちょっとした紹介だよ。

第2ターミナルへの道へオープン

このFLIGHT OF DREAMSは第2ターミナルへ行く途中にあります。セントレアは去年の夏、LCC専用ターミナルとして第2ターミナルがオープンしました。

このFLIGHT OF DREAMSの特徴は何といっても「B787の初号機、実物が置いてある」ということですね。B787はボーイングの最新鋭の飛行機です。環境に優しい飛行機として、日本のANAが世界に先駆けて導入した飛行機です。

現在、ANAでは国際線の需要が非常に高い路線(ロンドンやニューヨークなど)を除く多くの国際線に、短距離から超長距離まで幅広く投入されています。実際、ANA国際線の最短距離路線である東京-ソウル線にも投入されていますし、ANA国際線の最長距離路線である東京-メキシコシティ線にも投入されています。名実ともに、ロンドンやニューヨーク、フランクフルト路線など高需要路線に投入されているB777と並んでANAの主力機です。当然、国内線でも飛んでいます。

ちょっと話がそれましたが、その第1号機、初めて飛行した機体がここに置かれているのです。このB787はもともと日本企業が多くの部分の製造を担当しています。それもあって、ここセントレアに置かれることになったのでしょう。セントレアでは、このB787をこのような形でかなりダイナミックに見れるように配置してテーマパークとしています。

話すと長くなるけど、とにかく最新の素晴らしい機体、その初飛行した機体がここセントレアに置いてある。

本来ならばコクピットも見学可能

僕が行った時はコロナウイルスの感染拡大によって施設が閉鎖していました。そのため、中に入ってみることができなかったのですが、本来なら写真のような階段から中に入ることができます

B787という、現在のボーイングで最新の飛行機、それの第1号機をこんなに間近で見て、そしてコクピットに入ることもできるってなかなかすごいことですよね。

実際にコックピットに入ることも可能!

ショップも充実

そしてこの「FLIGHT OF DREAMS」はショップも充実しています。僕が行った時は残念ながらもう多くの店がクローズしていました。スターバックスくらいしか開いていなかったので、スターバックスでコーヒーを飲んで帰ってきました。

通常であれば、ボーイングショップがオープンしています。ボーイングショップは、名前の通りボーイングのお店です。ボーイングのグッズが買えるそうです。日本ではここにしかないらしいので、詳しくはまた行ったら紹介しますね。

日本で唯一ここにボーイングのショップがあるよ!


というわけですが、僕が行った時はこんな感じ。

国際線はほぼ欠航。今後7月に入ればフィンエアーなど一部国際線が復活するといわれています。早く海外に行けるようになるといいですね。

はやく遠出がしたいものですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました