なんと新幹線まで乗り放題!「どこでもドアきっぷ」で西日本・四国・九州周遊

九州
この記事は約6分で読めます。

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光需要。それを取り戻すべくJR各社が割引きっぷを出して話題になっています。(個人的には、地元のJR東海がフリーきっぷの類いを出していないのがちょっと残念。)

そのひとつであるJR北海道の「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を使って北海道に行ってきました。ということで次はJR西日本・九州・四国が共同で出している「どこでもドアきっぷ」を使って主に九州を周遊しようと計画しています。(この記事を書いている時点ではまだ旅行には行っていません)。ということでまずはきっぷのご紹介から。

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスと同様、かなりお得な切符!使わない手はない!

「どこでもドアきっぷ」の概要

さて、まずは概要から。公式サイトはこちら。

どこでもドアで、どこいこう。キャンペーン│JRおでかけネット
西日本の行きたい場所へ、旅しよう!JR西日本・九州・四国の新幹線・特急・普通列車が乗り放題

まず2日間のきっぷです。これは「連続する2日間、山陽新幹線を含むJR西日本のすべての列車が乗り放題」。一方、3日間のきっぷは「連続する3日間、山陽・九州新幹線を含むJR西日本・四国・九州のすべての列車が乗り放題」。

さらに、どちらであっても指定席が6回まで使える、そしてネット予約(e5489)で1ヶ月前から予約ができてしまうという優れもの。

今まで、新幹線まで乗り放題のきっぷなどありませんでした。JR東日本と北海道が出している切符には一部、新幹線を含めて乗り放題のものもありましたが、そのためには新幹線特急券が必要でした。しかし今回は新幹線特急券なしで新幹線まで乗り放題なんです!なのに価格も大変なことに!

価格

価格は次のようになっています。

JR西日本2日間乗り放題の価格

平日:15,000円

休日:12,000円

JR西日本・九州・四国3日間乗り放題の価格

平日:20,000円

休日:18,000円

グリーン車バージョン

どのきっぷでも、+5,000円追加

普段使える青春18きっぷが、5日間で約12,000円。しかし青春18きっぷは、特急料金を払っても特急や新幹線に乗れないことを考えると本当に破格。これ、本当に使わない手はありませんよね(笑)

なんとこの値段で新幹線まで乗り放題!新幹線が乗り放題なんて、聞いたことない!

そして5,000円追加でグリーン車まで!

きっぷのルール

このきっぷ、いくつか注意しなくてはならないことがあるので書いておきます。

お申し込みは2名様以上で7日前までに購入
公式サイトから

公式サイトから引用します。この2つが最も注意しなくてはならないこと。

まず、「申し込みは2人以上」ということ。この「どこでもドアきっぷ」、非常にお得ですが1人で使うことはできません。2人以上で、かつ同一申し込みしたグループが同一行程で旅行することが必須です。例えば、2人で旅行するのだけれど、1人は新大阪から乗って、もう1人が新神戸から合流、ってことすら許されません。指定席を予約サイトe5489であらかじめ取れるのですが、否応なしに一緒に申し込みをしたグループ全員が一緒の電車に設定されます。

それからもう1つ。7日前までに購入する必要があります。ネットで購入することができるので、JR西日本圏内などに住んでいなくても大丈夫です。ちなみにきっぷの受取は使用開始当日までできるので、例えば当日、東京から新大阪まで自腹で移動して、新大阪できっぷを受け取って使い始めるということも可能です。

注意しなくてはいけないのは2点、2人以上が同一行程で行かなくてはならない、そして7日前までにネットなどで予約しなくてはならない!

「どこでもドアきっぷ」の予約方法・指定席のとり方

この「どこでもドアきっぷ」の購入方法と指定席の取り方について。

この「どこでもドアきっぷ」と、JR北海道の「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」との大きな違いの1つ目は新幹線を含むかどうか。そしてもう1つの大きな違いが「予約」ってことでしょう。

山陽新幹線区間は、特に広島までなどはこのきっぷを使い始める頃には指定席が満席に近くなっていることがあります。実際、僕が使おうとしていた新幹線・みずほ号は満席になってしまっており最初予約が取れませんでした。

みどりの窓口や券売機では購入できないので注意

このきっぷで一番注意しなくてはならないのが「みどりの窓口や券売機では購入できない」ということ。

予約方法は基本的にはJR西日本・四国・九州の特急予約サイト「e5489」(https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/e5489/)で取ることになります。これ以外にも、JR西日本管内の旅行会社支店でも取ることができるようです。が、予め指定席の予約ができない、などのデメリットがあります。混雑期でなければGO TOキャンペーンとの併用もできるようなのでそれもありだと思います。

ネット予約がいちばん便利で確実。

写真付きで詳説!e5489での「どこでもドアきっぷ」の予約方法

ということで、実際の予約の仕方を写真付きで解説していきます。

ここからは写真付きで紹介していくよ〜

e5489 どこでもドアきっぷ
JR西日本 インターネット予約公式サイト

まず、JRおでかけネットという、公式サイトに行きます。

JRおでかけネット:トップページ
JR西日本が運営する観光情報サイトです。時刻表・運賃・列車運行情報(遅延証明書)・トクトクきっぷ・ICOCA・J-WESTカード・駅・路線図などの営業情報や西日本各地の観光情報、e5489・エクスプレス予約・スマートEXなどの予約サービスがご覧いただけます。

ここから、右側にある「お知らせ」の、「どこでもドアきっぷをお求めのお客様へ」というところがあります。ここをクリックしましょう。

e5489 トップ画面 どこでもドアきっぷ
e5489のトップ画面

そうすると、どこでもドアきっぷの概説と購入用リンクが出てきます、購入したいものをクリックしてください。

e5489 どこでもドアきっぷ 予約方法
お知らせから予約サイトに行けます

ここで1つ注意が出てきます。ここに書いてあるように、JR九州の一部区間などが、災害の影響で長期間運休となっています。運休となるからといって値下げはしないよ、それでも大丈夫?っていう確認です。良ければ「了承の上、次に進む」をクリックします。

e5489 どこでもドアきっぷ
不通等の確認が出てきます

最後に予約内容の最終確認が出てきます。予約内容(日付や人数)などを確認します。ここで、クレジットカード払いやコンビニ払いなど選択ができます。

e5489 どこでもドアきっぷ
最終確認をしましょう

予約確定ボタンを押すと予約処理が開始されます。少し時間がかかりますので待ちましょう。僕は5秒くらいかかりました。

e5489 どこでもドアきっぷ
処理中…

最後に、インターネットでの指定席予約画面です。「どこでもドアきっぷ」の予約詳細画面からこのサイトに行くことができます。ここから先はe6489と予約方法が同じなので割愛します。

e5489 どこでもドアきっぷ
座席指定もネット上でできます

こんな感じで、予約はネットで完結します。ここまでやっておけばあとは出発当日までにJR西日本、九州、四国のいづれかの駅できっぷを受け取ればOKです。

また、指定席は6回まで使えますが、予め予約せず使うこともできます。当日、駅窓口できっぷを出して指定を受けることができますし、自動券売機で予約もできます。自動券売機では「回数券」扱いで、回数券で座席を指定する要領で指定すればOKです。

どこでもドアきっぷを使ってみた

Coming soon…

コメント

タイトルとURLをコピーしました