ロンドンのホテル~予約は?場所は?アメニティ等は?~

ロンドン
この記事は約8分で読めます。

僕は今回のロンドン旅行は、完全自己手配で行きました。航空券をANAのWebサイトで予約したのでホテルも何らかの形で自力で取る必要がありました。今ではANA旅作をはじめとして、パッケージツアーでもホテルを自分で選択する必要があったりしますよね。今回はロンドンのホテルということで、実際の経験に基づいて書いていこうと思います。

ホテルの予約の仕方~予約サイトでチェックするのがオススメ~

まず、当然ですが予約をしなくてはなりません。今では電話で予約するよりネットで予約するのが普通ですよね。僕は国際電話なんてしたことありません。

予約サイトを使うのがオススメ!

まず、予約の仕方です。

今の時代、たいていのホテルはホテル予約サイトで予約することができます。ホテル予約サイトを使えば、日本語でホテルを予約することができるのでおススメです。

個人情報等入力するときに間違ったところに入力したり、あるいはチェックイン時間やチェックアウト時間等のルールについての詳細を知らずに予約して現地でホテルのスタッフと話すことになると少しは不安がありますからね。

そして、ホテル予約サイト等を使えば、ポイントも貯められます。例えば、楽天トラベル経由で予約すると楽天ポイントが貯まります。

そして、ホテル予約サイトの利用をオススメする一番大きな理由がホテル管理の面。ホテル予約サイトに載っているホテルだと、何か問題があった場合口コミなどが書かれます。残念ながら、こういったものって悪いことがあったら必ず書こうと思ってしまいますよね。

そのため、こういった予約サイトに載っているホテルは社員の教育もしっかりしているはずです。口コミが悪くなるとホテル自体の存続が危うくなりますからね。

ということがあるので、一番わかりやすい例を言えば客室内での盗難。基本的には昼の間にスタッフが来て掃除をしてくれたり、アメニティ類を交換してくれたりしますが、その時になにか盗まれたりしないか…

これで「ホテルの清掃係に、部屋においておいたパソコンを盗まれた」なんて口コミにかかれたら、これはホテルの存続問題になります。

そして、実際使う側からしても口コミは参考になります。ので、予約自体はホテルの公式サイトでするにしても、必ずホテル予約サイトを確認したほうがいいと思います。

海外ホテルの予約は、楽天トラベル以外にもエクスペディアなどがやっています。それから、トリップアドバイザーの口コミも参考になります。そういったサイトも確認するといいと思います。

ホテル予約サイトは必ずチェックしよう!口コミサイトでもOK。社員教育の面ではそういったところが安心。

ロンドンの一人旅でオススメのホテル

ロンドンのホテルは高い。

実際に調べてみればわかると思いますが、とても高いです。僕も予約を取ろうとしてびっくりしました。

そこで個人的にはやっぱりビジネスホテルをオススメします。特に一人旅だと、ビジネスホテルくらいのほうが入りやすいものです。

僕は楽天経由で、Booking.comで予約したと思います。楽天トラベルは、一部地域を除き自分たちで海外ホテルと契約することをあきらめて他社のサイトを使うようになっています。ただし、検索画面は楽天のほうが使いやすいと思います。

参考までに僕が利用したホテルもご紹介したいと思います。

日本と同じで、一人旅ならビジネスホテルがオススメ。

今回利用したホテル~ホリデイイン・ロンドン・エクスプレス~

僕は今回、「ホリデイ イン エクスプレス ロンドン ワンズワース(Holiday Inn Express London – Wandsworth)」に宿泊しました。

ホリデイ イン エクスプレス ロンドン ワンズワース
ワンズワース・タウン駅からわずか200mのモダ&#x3...

個人的にはものすごくオススメできるホテルです。このホテルについては、また別の記事で、日記感覚で自由に書きたいと思います。

ロンドン ホテル
ホテル内部の様子

このホテルは日本人スタッフもいませんでしたし、日本語対応のスタッフもいませんでした。しかし、向こうは僕が日本人だということは分かっているので、すごい優しい英語で話をしてくれました。僕でも十分コミュニケーションが取れました。

また別の記事で紹介するけど、このホテルはオススメできる!ホテル回りの治安もよく、アメニティ類も日本と似ている。

ロンドンのホテルの値段や場所

先ほども書きましたが、ロンドンのホテルは高いです。それから、場所も迷うと思います。

ロンドンのホテルの相場

まず、ロンドンのホテルの相場です。

ズバリ、ある程度のホテルに泊まろうとしたら最低1泊1万円程度と思っておくといいでしょう。

ビジネスホテルが、最低1万円程度です。日本の東京もまあまあホテルが高いですが、それよりさらに高いイメージです。

そして、5つ星ホテルなど、観光ホテルに泊まろうと思ったらもちろんさらに高くなります。上には限りがありませんが、観光ホテルなら1泊3万円程度から、と思った方がいいでしょう。

当然、僕は一人旅で行ったので、一人当たりの宿泊料が高くついたのは間違いありません。しかし、少し高いことは頭に泊めておいたほうがいいと思います。

ロンドンのホテルの場所

ロンドンのホテルの場所について。

僕がとったホテルはワンズワース・タウンという駅のすぐ近くでした。私鉄でウォータールー駅から3駅か4駅行ったところです。

個人的にはこの場所はまあまあ良かったと思います。

場所としてはまず、ロンドンの主要駅(London victoria、London waterloo、King’s cross、Paddingtonなど)へ電車で10分程度、長くとも20分程度で行けるところを選ぶといいでしょう。

理由は2つあります。

まず、ロンドンの街中は高い。だから却下。

却下とは言え、高いからだけではありません。高いわりになかなかアクセスが微妙だったりするんですよね。ロンドンは東京と同じく、地下鉄が張り巡らされています。いくら街中のホテルからでも、地下鉄等を乗り継がなくてはならない観光地があります。

そういった意味で街中はあまりオススメできない。

そして2つ目の理由が、主要駅まで行くような列車は、途中でいろいろな地下鉄に乗り換えができる。

僕はLondon Waterloo駅から10分程度でした。とにかく困ったら、London waterloo駅まで行けたらホテルへは帰れます。

しかし、Waterloo駅以外の駅でも地下鉄に乗り換えられます。行きたい観光地の最寄り駅を通る地下鉄に乗り換えできます。

ということがあるので、僕は郊外に行きすぎない程度の郊外のホテルをオススメします。ちなみに、ヒースロー空港周辺はロンドンから遠すぎるのでオススメしません。

とにかく街中、でも不便だったりする。いい感じの郊外にホテルを取れるとベスト!

London waterloo
London waterloo駅

荷物の預かりなど、ホテルのサービス

ロンドンのホテルは、たいていの場合荷物を預けられます。

Could you keep my baggege until I leave?

とチェックアウトの時に言えば、荷物タグを付けてくれます。交換カードを受け取り、なくさないようにしましょう。

サービスは全体的に日本と近いと思っていいと思います。

ホテルによっては朝食も無料でついていたりします。

ロンドンのホテルでは荷物を預けることもできる。

ホテル 朝食
ホテルの朝食

ロンドンのホテル アメニティ類やWi-Fiなどは

最後にアメニティ類の紹介です。ここは前2つのようにそんなに長くならないはず。

ホテルのWi-Fi

まずホテルのWi-Fiです。

ロンドンのホテルはWi-Fiが使えるホテルが多いです。特にビジネスホテルはWi-Fiが使えると思っていいと思います。

僕は現地のSIMカードを用意していったのですが、やっぱりWi-Fiがあるほうがいいですよね。当然、通信料には制限がありますので。

日本でも最近整備されてきているのと同様、ロンドンのホテルでも整備されてきているよ

アメニティ類

アメニティ類は比較的そろっていることが多いと思います。

日本のホテルにあるものは大抵あります。

タオルやパジャマがありますので、荷物が多くなりそうなら持っていく必要もありません。ただ、これはホテルにもよると思いますので、予めホテル予約サイトなどで確認しておきましょう。

そして、シャンプーなどもしっかりあります。シャンプーは僕は基本持ち歩いていないので、ないと困ります笑

ドライヤーなどもちゃんとあるのでそこにあるものを使うといいでしょう。ドライヤーなどを持参すると、電圧の違いから変圧器が必要になったりして面倒です。

そして、海外のホテルで会っても基本的に部屋にコーヒーなどが置いてあります。枚差僕は飲んでいました。

日本のホテルと同じようなアメニティ類がそろっているよ!

ホテルの設備

最後にホテルの設備について少し。

これはホテルによって異なるので少し書くだけにします。

ロンドンのホテルでは場所によってはエアコンがなかったりします。特に夏に行くと冷房はない場所もあるそうです。

実際ぼくが泊まった部屋もエアコンがあったにはあったんですが、あまり効かず少し寒かったです。

おそらく、あれでも少しは効いていたようで外程寒くはありませんでしたが。

部屋の中でも寒かったりするので、ホテルの室内で温度調整できる服装も用意していくといい


今回のロンドン旅行の記事もだんだん増えてきました。他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました