イギリス・ロンドンのヒースロー空港で詐欺にあった話 日本人観光客は狙われるから注意!!!

ロンドン

ロンドン観光についての記事でこんな記事から出すのはどうかと思いますが、僕が実際に経験しました。これからロンドンへ来る人には注意してほしいのであえて記事にしておくことにしました。

今回僕が遭った被害はそこまで大きくなかったのでまだ良かったのですが、もし大金を持っていると大きな被害になりかねません。そして、せっかくの楽しい観光も台無しになってしまいます。もう一度書きますが、本当に注意してほしいので記事にしておくことにしました。

今回遭った手口-ロンドン市内へ案内するよ、という声掛け

ロンドン・ヒースロー空港の第2ターミナルに到着しました。そして入国して手荷物を受け取って、そんなに焦らず地下鉄のホームへ向かっていました。

その時、「ロンドンの市内へ行くのか?」と聞かれて、そうだと答えてしまいました。それが失敗でした。

そしたら、断る間も与えず「自分もそっちへ行くから来なさい」と言われました。ここで着いていかなければ良かったのですが、地下鉄の方面だったため着いて行ってしまったのです。ホームまで案内してくれるものだと思っていました。

改札の前でその人がオイスターカードを出して、これで乗りなさいと渡してきました。ここで明らかに気づくべきでした。ここは明らかに僕のミスです。

ホテルの最寄りではありませんが、近くの駅までしっかり案内自体はしてくれました。

そして最後、Victoria駅で改札を出たところで恐れていたことが起きます。少しひと目のないところに連れて行かれて「You should pay for the ticket and tip」と言われて50ポンドを要求されました。日本円で約7千円です。僕は運良く30ポンドしか持っていませんでした。僕はその全財産を取られて終わりました。

不幸中の幸いなことに、クレジットカードでものを払うつもりだったので全然現金を持っていなかったのです。チケットは向こうが出してくれました。普通に地下鉄に乗ると4ポンド程度で行けます。その10倍くらい運賃はかかりましたが、自力で行くのは少し大変なところでした。そして幸運なことに暴力等振るわれなかったし、組織的なものでもなかったようです。こういう言い方は良くないですが、本当にお金で済んで良かったです。

もしお金がなかったら暴力を振るわれるだとか、組織的な手口でその後も付け回されるだとか、そういったことも考えられますので、本当に注意してください。

気をつけること

今回、僕がどういう状況だったか詳しく書いておきます。

  • ANAのプレミアムエコノミークラスに搭乗していたため、スターアライアンスのPriorityタグが付いていた
  • 若い人間の一人旅だった
  • イギリスに着いたのが嬉しくて空港ではキョロキョロしていた
  • オレンジ色のアウターという、少し派手な格好だった

後から他の記事も見たのですが、これは明らかに狙われやすい状況です。本当に狙われる条件を重ねることになってしまいました。

このことから次のことに気をつけましょう。

  • Priorityタグなど、お金のありそうなものは外しておく
  • 一人旅でも堂々する
  • 派手な格好はしない
  • キョロキョロしない
  • 両替するのは最低限の額にしておく

ロンドンで日本人はすぐに分かります。日本人は外国人に比べて言い返すことはせず、おとなしいです。そしてお金もそこそこ持っています。そして日本はいまだ現金中心主義のため現金をたくさん持っている可能性もあります。

何度も言いますが、日本人である時点で狙われやすいので本当に注意しましょう。

その後

おそらくその人は同じ手口を繰り返していると思われるため、すぐに空港へ戻って行ったと思われます。オイスターカードの利用上限額を利用した手口ですね。

これで書くのは3度目くらいですが、日本人は狙われます。その人も確実に日本人を狙っていたと思われます。というのも、日本のことをとても良く知っていたからです。予習をしているのでしょう。

残念ながら僕の旅行は最初から最悪の経験で始まりました。これも一ついい経験だったとは思っていますが、こんなことないほうがいいに決まっています。その後の旅行のテンションが下がります。

僕は残念ながらこのような被害に遭ってしまいました。僕が被害にあった分、それをこのように記事にしておくことで、他の人たちが被害に合うことを防げたらこの上なく嬉しいです。どうかこの記事を読んだ方は注意してください。

コメント

  1. […] イギリス・ロンドンのヒースロー空港で詐欺にあった話 日本人観光客は狙われるから注意!!!ロンドン観光についての記事でこんな記事から出すのはどうかと思いますが、僕が実際 […]

タイトルとURLをコピーしました