受験

数学Ⅰ基本事項集

高校数学まとめノート No.11 【発展】最小二乗法 2019年度・同志社大より

最小2乗法というものがあります。理系生で実験をすると必ずといっていい程この計算処理をすることになります。 これは、バラバラに出てきた実験データに、できるだけ近い直線を求めるものです。次の問題を実際に見てみてください。次の問題...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学まとめノート No.10 データの比較 共分散と標準偏差

相関関係 2つの変数からなるデータにおいて、一方が増加するともう一方も増加するような傾向があるとき、正の相関があるといい、一方が増加するともう一方も減少するような傾向があるとき、負の相関があるという。どちらの関係性の傾向も...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学まとめノート No.9 四分位数と箱ひげ図

四分位数 データの散らばりを見るために使えるもう一つの基準が「四分位数」というものです。 データの値の大きさを小さいものから順に並べたとき、それらを4等分する区切りの値を四分位数という。小さい方から順に、第1四分位数...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学まとめノート No.8 データの散らばり(分散と標準偏差)

データの範囲(レンジ) データの最大値と最小値の差を範囲(レンジ)という。 データの最大値と最小値って、定義のままです。一応例を出しておきましょう。 先ほど出したテストの例で、一番成績が良かったのが、Bさんで...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学まとめノート No.7 データの整理 度数や代表値(中央値や最頻値など)

度数 ここはまず、データを扱っていくうえで必要な用語の定義です。しっかり覚えましょう。 調査や実験などで得られた測定値の集まりをデータという。データをいくつかの区間(この区間のことを階級という)に分けたとき、その階級に属する...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学Ⅰまとめノート No.6 【発展】集合と演算

ここの分野は正直大学に入ってからの内容です。ただ、ここを知っておくと本質的なところは理解しやすくなるので解説していきます。 演算 集合\(S\)の2つの要素\(a, b\)に対し,1つの法則によって第3の要素\(C\...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学Ⅰまとめノート No.5 背理法〜背理法とは?そして具体例へ〜

今回は数学Ⅰで学ぶ「背理法」という技法について確認していきましょう。この背理法、正直入試で使う場面は少ないんですが、意外なところで出てきたりします。(2020年度入試で言えば、大阪市立大学の複素数平面の問題など。)ので、しっかり確...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学Ⅰまとめノート No.4 論理・命題の否定や対偶、必要十分条件

今回は正面などで使える、「命題」等に関する事項を学んでいきます。大学受験の数学では、真偽をきっちり考えていかなくてはなりません。いわば「高校数学の要」と言ってもいい分野です。 命題と条件 まずは日本語でも使う「条件」な...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学Ⅰまとめノート No.3 和集合と共通部分、集合の計算則

今回は「和集合」と「共通部分」という部分。ここも実は意外と重要なのでしっかり確認していきましょう。 和集合と共通部分 \(A\)と\(B\)の2つの集合を考える。\(A\)もしくは\(B\)のいずれかに属する元(要素...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学Ⅰまとめノート No.2 集合の反射律、対称律、推移律

今回は集合の包含関係について扱っていきます。この分野は、このあと、場合の数や確率の分野でも必要になってきますので確認していきましょう。 2つの集合\(A, B\)が全く同じ要素をもっているとき,すなわち,\(A\)の要素が...
数学Ⅰ基本事項集

高校数学Ⅰまとめノート No.1 集合とその関係

集合とは ある条件をみたすものの集まりを集合という。その集合をつくっているものを元(要素)という。\(a\)が集合\(A\)の元(要素)であることを\(a\in A\)と表す。また、 \(x\)が集合\(A\)の要素でない...
数学基本事項集

受験生向け「高校数学まとめノート」の公開

【2020/07/30更新】塾へ既にテキストのデータを提出したこともあり、解禁しました。順次公開します。 今回は久しぶりに受験生向けの記事です。 最近、このブログ記事の更新が止まっていました。コロナで家にいるはずなのになん...
受験

センター試験対策 残りで100点以上、200点以上点数を伸ばすために

いよいよセンター試験まで残り2カ月となってきましたね。今回はこれぐらいの時期で悩むことが多いであろうセンター試験の対策について書いていきたいと思います。 このブログでは以前から何度も言っていますが、あくまで勉強の仕方の参考になるよう...
受験

河合塾大学受験科 実戦シリーズのテストゼミ

こんにちは。今回はそろそろ河合塾の大学受験科で始まってくる実戦シリーズについて。実戦シリーズは基本的にテストゼミということになりますが、実際にどのような内容が扱われ、どのようなテストが行われるのかという事はあまりイメージがつかない科目もあ...
受験

理科基礎の問題集~生物基礎の参考書・化学基礎の参考書~

こんにちは。実際に受験生を指導していると、理科基礎は何をやればいいか分からないという生徒が意外にも多いです。理科基礎は暗記が中心になりますので何をやっても点数は取れるだろう、ということが学校の先生方の意見のようです。しかし、実際に書店に行...
受験

【御礼と所感】PV(ページビュー)数の増加について

今回は感謝の記事です。普段このページを見てくださっている方向けのコメントです。 今年の5月から始めたこのブログですが、最初はアクセスが低迷していたものの最近ではあるの程度アクセスがあります。アクセスするのは皆さんで、僕自身ではどうし...
受験

河合塾大学受験科テキストについて〜完成シリーズ編〜

こんにちは。本当はもっと早く書こうと思っていたのですが、あまりに忙しくてかけませんでした。今回は需要の大きい「河合塾大学受験科のテキスト」について。主に基礎シリーズのテキストについて書いた記事にある程度アクセスがあったので、やっぱり需要が...
受験

2019年度 大学入試問題の分析 〜全体概観〜

新テストを真近に控え、入試問題は変化しているんだろうけれどどういう風に変化しているか分からない… どういう対策を立てればいいか分からない…という方も多いのではないでしょうか。今回から、そのような受験生の役に立つように入試問題の研究を通して...
受験

【高校物理 熱力学】気体の内部エネルギーとその使い方

今回は物理・熱力学の内部エネルギーの取り扱いについて。 実際にぼくが生徒を指導していて、内部エネルギーという概念を十分に理解できていない、あるいは使いこなせていないという生徒が多かったので、今回記事にすることにしました。 ...
受験

英文解釈(英文和訳)の参考書~入門から上級へ、そして英文解釈問題の演習まで~

英文読解の基礎となる「英文解釈」です。国公立大の方なら何らか考えていると思いますが、私立志望の人はあまり考えていないでしょう。しかし、英文和訳問題が出題されない私立大学でも、英文読解の能力を試していることに変わりはないのですから英文和訳の...
受験

【数Ⅲ 微積分】対数logの積分

今回は対数logの積分について。これは知っているか知っていないかの問題という側面が強いです。おそらく頻出だと指導される指導者もおられるでしょう。僕から見ると、実際に入試問題を見てみるとそこまで頻出では無いと思います。しかし、知って...
受験

【数学Ⅱ 図形と方程式】円の接線の方程式とその使い方

数Ⅱで円の接線の方程式を習ったけど忘れてしまった・・・どうやって使えばいいかわからない・・・という方は多いと思います。今回はそんな方のための記事。 実際に僕も指導に当たっていて、これを覚えていない、あるいは使いこなせていない...
受験

受験生へ 夏の学習計画について

今回は、受験生が悩む夏の学習についてです。今週末および来週末に、受験生に対して夏の学習に関して話す機会を得ました。今回の記事のPV数を見て他の詳しい内容について公開するかどうかは考えるつもりです。今回は概要をまとめておきます。 夏の...
受験

ネット上で、無料で、戦前の入試問題が閲覧できる-国立国会図書館デジタルコレクション

こんばんは。大学受験で過去問って解く人もいますよね。今では東大27カ年なんていうのも発売されています。今日は、昔の入試問題についての資料を発見したのでそれに関する記事です。 国会図書館デジタルコレクション 国立国会図書館デジタ...
受験

河合塾大学受験科生のためのテキスト予習のヒント〜基礎シリーズ編〜

今回は河合塾大学受験科生の予習について勝手なコメントを。基本的には、標準テキストもTテキストも、問題の難易度が違うだけで中身は同じです。 河合塾のテキストは総じて素晴らしい出来です。どの問題を採用するかはかなり練られています。 ...
受験

東京大学「平成31年度第2次学力試験試験問題及び解答等の公表」についての所感

東大が今年度初めて発表した学部入試の解答と出題意図について、個人的な、そして勝手な所感です。勝手な意見を勝手に述べていくので雑記という部類での投稿です。 以下のページに公開されています。(東京大ホームページ) ...
受験

物理 苑田尚之先生の講義

こんにちは。今回は僕が受験生のころ習っていた物理の苑田尚之先生について。苑田先生の講義を受けたいと思っておられる方も多いと思いますので参考に。 今回は、僕が実際に3日間の講座を受講した時の記録が残っていたのでそれを公開します。他にも...
タイトルとURLをコピーしました