那覇市内観光にはゆいレール!ゆいレール一日券の紹介!

沖縄本島

今回はゆいレールの1日乗車券のご紹介です。僕は今回の沖縄旅行の記事で何度も書いてきましたが今回レンタカーなしで沖縄那覇へ行きました。レンタカーなしの場合那覇市内の移動手段としてまず候補に上がるのはゆいレールでしょう。今回はそんなゆいレールをご紹介したいと思います。 

一日券の値段 

1日乗車券の値段は次のようになっています。高くもなく安くもないという設定でしょう。妥当な値段設定だと思います。最新情報はゆいレールのホームページをご覧ください。

2019年11月現在、1日乗車券の購入にクレジットカードなどを使うことはできません。個人的には非常に残念です。今回の沖縄旅行では、このゆいレール1日乗車券と空港一階の食堂の2箇所だけで現金使用しました。那覇に来る人って当然飛行機でくるはずですよね。飛行機でくるということは、クレジットカードを使って飛行機のマイルを貯めている人も相当数いるはずです。それゆえクレジットカードさえ使えれば買うのにという人も正直多いんじゃないのでしょうか。今後、Suicaなどの全国共通利用ができる IC カードとの相互利用を進めていくというニュースが出ていたので、それと同時にシステム改修をしクレジットカードが利用できるようになるといいのかなとも 思っています。

1日フリー乗車券

おとな / 800円
こども / 400円

有効期限:24時間
購入後から24時間有効です。乗車直前にお買求め下さい。
ゆいレール各駅にて発売中。

2日フリー乗車券

おとな / 1,400円
こども / 700円

有効期限:48時間
購入後から48時間有効です。乗車直前にお買求め下さい。
ゆいレール各駅にて発売中。

フリー乗車券&割引施設案内|ゆいレール

実際の利用利便性

実際に利用してみて、僕は利用してよかったかなと思います。なんといってもありがたいのが1日乗車券といってもその日限りではなく購入から24時間ということです。購入から24時間利用できるので僕は夕方に購入しました。次の日の夕方には飛行機に乗って帰宅するというふうに決めていたからです。

使い方としては首里城に行くときにも使いましたし、国際通りを観光するときにも使いました。また、波の上ビーチに行くときにも使いましたし、帰宅便に乗るために空港へ行くときに使いました。特に国際通り観光については非常に便利だと思いました。国際通りはゆいレールの2駅区間分の間にあります。当然、国際通り自体は歩いて観光することになりますが、観光するためにはあらかじめゆいレールに乗って反対側の端まで行けると便利です。反対側の端まで行って、また歩いて観光してくるというのもいいですが比較的に多様なお店が多いために2回観光してもちょっと・・・と感じる方もいるかもしれません。そういう場合に帰りだけはゆいレールを使うなどという使い方もできるので良いかと思います。

ちなみに、このゆいレール1日乗車券を持っていると那覇市内の様々な観光施設が割引料金で入場することができます。そういったメリットもありますので那覇市内を観光するのであれば是非とも利用すればいいかなと思います。 

首里城は、僕が観光した直後に火災が起こってしまいました。非常に残念です。今後再建され、再びみられるようになることを祈っています。

購入できる場所

ゆいレールの1日乗車券は、すべての駅で購入することができます。基本的には自動券売機での購入となります。あらかじめ購入しておく必要はないので心配いりません。 先ほども書きましたが残念ながらクレジットカードでの購入ができません。現金での購入のみに対応しています。今後全国の IC カードとの相互利用を進めていく過程でクレジットカードでの購入にも対応してくれたらいいのかなと思います。

実際の1日の利用の仕方は他の改札とかなり異なります。 通常の改札だと切符を入れて改札を通るという場合が多いかと思います。しかしここの改札は違っていて、 1日乗車券などには QR コードが印刷されていて QR コードをかざして入場するということになります。なかなか独特ですよね。1日乗車券以外の切符もそういうシステムになっています。最初は慣れないかもしれませんが、慣れるとなかなか面白いものでもあります。

今回の沖縄旅行については様々な記事を公開しています。ゆいレールを使って観光した様々な観光地も公開していますので是非ともご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました