福岡空港国内線ターミナル 福岡空港国内線制限エリアの待合室や売店など

九州周遊

今日は、先日利用した福岡空港の国内線ターミナルについての記事です。主に初めて福岡空港を利用される方に向けて書きます。

福岡空港は、チェックインカウンターの上の階(2階)に飲食店が多くあります。僕の最寄りの空港である中部国際空港よりはかなり充実していると思います。一方で、福岡空港国内線ターミナルは保安検査を通過したあとのスペースはあまり広くないと感じました。

福岡空港はビジネス需要も大きい。だから、待合室にイスがたくさん用意されていて、逆にスペースは狭く感じてしまうかな。

福岡空港って、国内線ターミナルと国際線ターミナルが分かれているの?

僕が初めて利用したときは、そもそもここから始まりました。なんせ、中部国際空港の構造に慣れていましたから。

福岡空港は国内線ターミナルと国際線ターミナルが、滑走路を挟んで反対側にあります。つまり、結構離れています。国内線ターミナルと国際線ターミナルの間は無料バスが走っており、およそ15分程度で移動できます。中部国際空港のような、中心から左右に国内線・国際線が分かれている空港に慣れていると驚くので注意しましょう。

ちなみに、博多駅や天神から地下鉄で福岡空港へ行く場合、国内線ターミナルに到着することになります。国際線ターミナルまではそこからバスで約10分程度です。国際線ターミナルにもお店はありますが、国内線ターミナルでも十分お店は充実しているので敢えて国際線ターミナルに行く必要はないと感じます。

国内線ターミナルと国際線ターミナル、滑走路を挟んで反対側だから間違えると面倒なことに!最悪乗り遅れる!ちなみに地下鉄で行くと国内線ターミナル側。

国内線で保安検査を通過したあとのスペースは?

福岡空港は東京路線等国内線の需要が高いことなどもあり、待合室には多くの椅子が配置されています。したがって、座席は結構ぎゅうぎゅうという印象を受けました。ただし、僕の判断基準がセントレアだからそう感じたということは多少なりともあります。ぎゅうぎゅうとは言え、ぜんぜん歩く場所はあります。

それから、福岡空港は電源付きのテーブルが多くあります。ここではノートパソコンを広げて仕事したりできると思いますよ。セントレアと違い、だれでも利用できるパソコンは見当たりませんでした。

スペースは正直狭い。でも、電源付きのテーブルも用意されているのでパソコン作業なども可能!


福岡空港国内線ターミナル 制限エリア 待合室
国内線の保安検査を通過した後のスペースの様子。

地下鉄からのアクセスは?

これが、実は最近改修されてとても便利でした!

春に福岡に行く機会があったのですが、行き、すなわち名古屋→福岡便で到着したときは工事で立ち入り不可のスペースが多くあって不便だなと思いました。しかし、帰りの便に乗るために数日後に再び空港へ行ったらその工事が終わっており、とてもひろびろとしてわかりやすくなっていて驚きました。

したがって、国内線への搭乗であれば地下鉄からすぐにチェックインカウンターへ進める、と思っ大丈夫です!チェックインカウンターもまとまって並んでいるので、迷うことはほぼないでしょう。

地下鉄 福岡空港駅
改札を出て目の前にあるこのエスカレーターに乗って上がればすぐ!

2019年春に改修されて、地下鉄駅から国内線出発ゲートへのアクセスは抜群!


待合室にさまざまな施設が充実しているわけではありませんが、福岡空港の搭乗手続きで困ることはほぼほぼないと思います。安心して使ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました