ANA機内Wi-Fiの料金や速度 国内線は無料、国際線は有料。使い方解説!

ロンドン
ロンドン飛行機
この記事は約11分で読めます。

ANAでは多くの機材でWiFiサービスが提供さています。

しかし、国内線は無料で国際線は有料。どちらもちょっと違ったシステムになっています。国内線・国際線の両方を利用し、実際に国際線では有料プランにも課金してみました。この記事では、

  • ANA国内線/国際線の無料Wi-Fiサービスについて解説
  • ANA国内線Wi-Fiサービスの接続方法をスクショ付きで丁寧に解説
  • ANA国際線Wi-Fiサービスの接続方法をスクショ付きで丁寧に解説

していきますので、リーディングリストに保管しておくなどして活用してください。

ANAの機材では、国際線と国内線でWi-Fiサービスが違う

ANAの機材は原則、国際線と国内線で別の機材で運航されています。

2021年12月現在、一部例外があるので確認が必要

2021年現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で国際線が大打撃を受け、一部の国際線機材が国内線で運用されるケースもあります。そのため、多少の例外はありますが原則、国内線と国際線では機材が分けられています。

そして、国内線と国際線では機内Wi-Fiサービスのシステムも全くもって異なります。これは、国際線の場合と国内線の場合では、法律の関係等で衛星通信の利用が全く異なることが原因だと思われます。国内線の場合、日本の総務省に手続きをすればOKなのですが国際線の場合、そうはいきません。

しかし、新型コロナウイルスの影響で国際線が大打撃を受けて以降、ANAは国際線機材を国内線路線に投入してビジネスクラスを国内線プレミアムクラスとして販売することを始めました。このように、国際線機材での国内線運航の際は原則、機内Wi-Fiサービスは使用不可となります。

2021年現在では完全に全便運休状態の名古屋(中部)-東京(成田)線に搭乗した際も、機内でWi-Fiサービスは利用できませんでした。

予約画面で/アプリの予約情報で確認できる

自分が利用する便で、機内Wi-Fiサービスが利用できるか否かは予約情報から確認することができます。現在、国内線ではボンバルディアDHC8-Q400を除いてほぼ全ての機材で機内Wi-Fiサービスが利用できるようになっています。

予約画面で/アプリの予約情報で確認できる
ANAの空席照会画面

そのため、名古屋-長崎みたいなマイナーな路線を見ないとわからないのですが、Wi-Fiサービスが使える便と使える便では、「Wi-Fi」マークがあるかないかが変わってきます。以前は、「一部機材で利用可能」の場合は白く「Wi-Fi」と書かれていたのですが、現在ではWi-Fiサービス対象機材にはほぼ全て設置が完了したようで「Wi-Fiが使えるか否かは当日まで分からない」という状況はほとんどなくなりました。

国際線は多くの機材で使えるものの、機材変更等には注意

2021年現在、ANAの公式サイトでは、以下の機材で機内Wi-Fiサービスが使えるとされています。

  • B767-300ER / B777-300ERの一部
  • B787/A380/B777-300ERの一部

つまりは、主要国際線、もう少し別の言い方をすると羽田・成田発着便のほとんどが対象となります。現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響でほとんど運行されていませんが、関西や中部発着の中国路線など、一部小型機材で運航される場合は使用できない場合があります。

国内線は無料でWi-Fiに接続できるんですが、残念ながら国際線は有料です。ANAは5スターエアラインであり、世界的にも高評価を得ています。国際線のWiFiは世界的に見ても有料のままの航空会社が多いです。世界に先駆けて無料化してほしいものです。

国内線ではほぼ全機材で機内Wi-Fiサービスが利用可能に!

ANAでは2021年12月現在、プロペラ機であるボンバルディアDHC8-Q400を除いてほぼ全ての機材で機内Wi-Fiサービスが利用できるようになっています。細かな利用規約などは、ANAの公式サイトをご覧ください。

Wi-Fi・エンターテイメント|空港・機内で[国内線]|ANA
【ANA公式サイト】Wi-Fi・エンターテイメント国内航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANAのホームページで。いろいろ選べるANAのおトクな運賃をご用意しています。国内線の空港・機内でのサービスに関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

国内線の機材では、アプリが必要

国内線の機材ではアプリが必要になってきます。ここでは、その利用方法を説明していきます。

国内線の機材では、アプリが必要
iPhoneの設定画面

まずは「ANA Wi-Fiサービス」に接続します。ここはiPhoneやらAndroidやらの設定画面からやってもらえばOKです。

ANAのアプリでは、一番下の部分で「もっと見る」を選択します。

国内線の機材では、アプリが必要
ANAアプリの画面

「もっと見る」の中に、「国内線 機内Wi-Fi」があります。ここをタップすると次のような画面が出てきます。

国内線の機材では、アプリが必要
機内Wi-Fiの選択画面
国内線の機材では、アプリが必要
インターネット接続画面
国内線の機材では、アプリが必要
Eメールアドレスを入力して利用規約に同意する

インターネットを使う場合は「インターネット」をタップします。エンターテインメントなどを楽しみたい場合はそちらをタップすればOKです。ほとんどの方はインターネットへ接続すると思いますので、まずはインターネットへの接続方法をご紹介します。

画面の中央下に出てくる「インターネット無料接続 こちらから」をタップします。ここからインターネット接続の認証へと進みます。

Eメールアドレスを入力して利用規約に同意します。フリーWi-Fiでは、災害時などを除いて利用者の連絡先等を確保しておくことが求められています。2021年12月現在、無料Wi-Fi接続アプリなどによる自動接続には対応していないと思われます。

国内線の機材では、アプリが必要
認証が行われる
国内線の機材では、アプリが必要
接続中
国内線の機材では、アプリが必要
インターネットに接続された

メールアドレスを入力すると認証が行われます。地上のフリーWi-Fiと違って、なんだか物々しい感じの画面が出てきます。なお、メールに領収証的なものが届きますが、0円と書いてあるだけです。最初見た時は「課金したんか?」ってビビります。

どうしても、宇宙にある衛星を通して地上との通信を行うため、接続に時間がかかると表示されます。ただ、僕の経験上、そんなに時間はかかりません。少なくとも数十秒と言っていながら、乗客の少ないB737などでは10秒もかかった試しがありません。

インターネットへの接続が完了しました。「新しいブラウザ画面を開く」をタップすると、ブラウザが開いてインターネットを楽しめます。なお、ここまでくるとSNSなどの別のアプリもオンラインに復帰し、通常通りネットが使えます。

国内線の機材では、アプリが必要
ANAの機内ショッピング

機内Wi-Fiを使って機内ショッピングをすることができます。新型コロナウイルスの影響もあってか、オンライン化がどんどん進んでいます。なお、機内Wi-Fiで登録だけ済ませれば到着後2日間、地上からでも機内ショッピングを楽しめます。もはや”機内ショッピング”とは何ぞや。

国内線の機材では、アプリが必要
映像コンテンツ
国内線の機材では、アプリが必要
機内のエンターテインメントプログラム
国内線の機材では、アプリが必要
機内のエンタメ

ANAでは国内線の一部機材、具体的にはB777を更新する過程で全席にシートモニターと電源を装備する改造をしていました。しかし、アメリカでの航空機事故を機に、「プラット&ホイットニー製のPW4000系列型エンジン」を搭載した機材の運航が停止されました。あまり大々的に出てはいませんが、僕が知る限り更新されたB777は2021年12月現在も運航停止状態となっています。新型コロナウイルスでの需要落ち込みもあり、僕の予想では改造からわずか半年の運航で退役となる、そしてシートは流石に勿体無いのでB787などに搭載するか、それが無理ならやむなくあの最高峰のシートも捨ててしまうことになろうと考えています。

国内線の機材では、アプリが必要
フライトマップも楽しめる

その、運航停止中のB777以外にはシートモニターがありません。そのため、機内Wi-Fiに接続するとエンターテインメントを楽しめるようになっています。また、フライトマップもここから確認できるようになっていますが、国内線はなんせ長くないのであまり見る機会は多くありません。

速度は速くないが、メールなどを済ませるくらいならできる!

正直、速度はそんなに速くありません。こればかりは、衛星を経由するから仕方ない。

また、機材によっては絶望的な速度だったこともあります。沖縄・那覇空港から大阪・伊丹空港までの便に乗った時、実質ほぼ使い物にならなかった覚えがあります。B777での運航でほぼ満席、皆が一気にWi-Fiに接続すると正直全然つながりません。

逆に、B737などの地方路線では、お客さんが少ないためか繋がりやすくなります。

僕の経験上、メールやSNSでのメッセージくらいなら十分可能。さらに、インターネットを使った調べ物も全然可能です。ただし、連続的に大量のデータをやり取りしなくてはならない動画などは向いていない様子です。

ANAのWi-Fiが繋がらないという噂は?

ANAの機内Wi-Fiについて調べると「繋がらない」という検索結果をよく目にします。

特に主要路線、羽田を発着する便ではお客さんが多いため繋がらないこともあります。こればかりは仕方ないのであまり期待しないでおきましょう。

逆に地方路線、例えば僕の本拠地である名古屋を発着する各地への路線はお客さんが少ないため、繋がりやすいことが多いです。

ANAの国際線Wi-Fiサービスには2種類ある 新しい「ANA WiFi Service 2」は快適

ANA WiFiサービスには2種類あります。公式サイトに説明がありますが、「使いやすさが全然違います」なんてことは当然ながら書いていません笑

ANA Wi-Fiサービスのご案内 [国際線] | 空港・機内で [国際線] | ANA
【ANA公式サイト】ANA Wi-Fiサービスのご案内 。国際線の空港・機内でのサービスに関する情報はこちらから。海外旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

ロゴがほとんど同じなので分かりにくいのですが、一つ目がANA WiFi Service、もう一つがANA WiFi Service 2です。下のロゴを見比べればわかると思います。

ANA Wi-Fi Serviceロゴ
ANA WiFi Service B767-300ER/B777-300ERの一部
ANA Wi-Fi Service2ロゴ
ANA WiFi Service 2 B787/A320neo/A380/B777-300ERの一部

1と2でははっきり言って利便性が全然違います。実際に使う側として大きく違うところを挙げてみます。

  1. 常に使えるか、衛星使用認可国上空のみで使えるか
  2. 容量が無制限か、制限があるか
  3. 値段の違い

利便性が全然違うと既に書いてあることからわかると思いますが、ANA WiFi Service2ならお金を払う価値は十分あると思います。ただ、ANA WiFi Serviceならちょっと微妙。

ANA WiFi ServiceANA WiFi Service2
使える空域衛星使用認可国と公海上空離発着を除くすべての空域
容量制限あり無制限
値段(フルフライトプラン) $19.95 $18.80
国際線機内Wi-Fiの料金比較表

上の表を見てもらえればわかると思いますが、ANA WiFi Service2のほうが圧倒的に便利です。

まず、容量制限。せっかくなら日本の友人に写真を送りたい。と思って送りまくっていると容量制限にすぐ達してしまいます。2ならこの心配はありません。

それから空域。場所によっては使えません。せっかくなら常に使えた方がいいですよね。

ANA WiFi Service2のほうがANA WiFi Serviceに比べて少し高くなりますが、圧倒的に便利です。

ANA WiFi Service と ANA WiFi Service 2で利便性が全然違う。から、ANAとしても ANA WiFi Service 2への置き換えを進めている。

利用料金はドルで請求されます。支払いはクレジットカードまたはApple Payのみです。以下、ANAの公式サイトからの引用です。

ANA WiFi Service(初代)の利用料金

フルフライトプランでも100MBが上限です。結構厳しい。

プラン名料金(USドル)制限データ容量
30分プラン$4.9515MB上限
1時間プラン$8.9530MB上限
フルフライトプラン $19.95100MB上限
ANA Wi-Fiサービスの利用料金

ANA WiFi Service2の利用料金

こちらは無制限です。

プラン名料金(USドル)制限データ容量
30分プラン$6.95上限なし
3時間プラン$14.40上限なし
フルフライトプラン $18.80上限なし
ANA Wi-Fiサービス「2」の利用料金

僕は実際にフルフライトプランを使用しました。請求額を確認したところ、2468円となっていました。以前に紹介したセゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードを使っていて、外貨決済でポイント還元率が劇的に上がるので、ドル決済であることは個人的にはとてもありがたかったです。

支払いはクレジットカードまたはApple Payのみ、ドルで請求されるよ。

実際に ANA WiFi Service2を装備した便で羽田空港からロンドン・ヒースロー空港へ行きました。実際に使ってみます。

実際に国際線機内Wi-Fiを利用してみた

まず、離陸後すぐに接続を試みましたが、なかなかうまくいきません。ANAアプリから接続をしていました。うまくいかないので少したってからブラウザからもやってみましたが、うまくいかない。

ということで、もう一度ANAアプリに戻ってやってみます。うまくいかないけどどうしてもつなぎたかったので、辛抱強く待っていたら30秒くらいしてやっと進みました。

実際に接続画面を撮影するのを忘れたので、帰りの ANA WiFi Serviceでの画面ですが、参考までに。

ANA WiFi Service
ANA WiFi Service
ANA WiFi Service
ANA WiFi Service

接続に手間取ったので少し不安がありました。

でも、一度接続できてしまうとかなり安定していました。日本の友達とLINEでメッセージや写真のやり取りをしていたのですが、LINE程度であればやり取りできなくなるということはありませんでした。

実際に速度を測ってみると、ダウンロードが9.72Mbps、アップロードが2.66Mbpsでした。遅いですが、ネットサーフィンやSNSでのやり取りくらいなら全然困りません。

速度は地上程ではないけど、メッセージのやり取り程度なら問題なし!

接続に手間取って心配だったけど、接続してしまえば安定している!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました