特急ラビューに乗ってきた 大きな窓と明るい車内 乗り方なども徹底解説

鉄道車内徹底紹介
鉄道車内徹底紹介関東・甲信越
この記事は約5分で読めます。

西武・池袋駅から西武秩父駅までを結ぶ特急「ちちぶ」。この特急「ちちぶ」の全列車に投入されているのが、見た目が宇宙船みたいな特急列車「ラビュー」です。この特急ラビューの車内の様子は?乗り方は?などといった疑問に徹底的にお答えします。

特急ラビュー「ちちぶ」のVlog

宇宙船みたいな見た目をした特急ラビュー

宇宙船みたいな見た目をした特急「ラビュー」は、大きな窓と曲線を中心としたデザインが特徴の特急列車です。

宇宙船みたいな見た目をした特急ラビュー
特急ラビュー

大きな窓が特徴的 陽の光が差し込んできて明るい車内

特急「ラビュー」は大きな窓が特徴的な特急列車です。首都圏から秩父への観光需要がメインです。大きな窓は観光客にとってはとてもありがたい。こんなに大きな窓、見たことがありません。

大きな窓が特徴的 陽の光が差し込んできて明るい車内
大きな窓が特徴的な特急ラビュー

車内では足元、膝の辺りまで窓があります。普通の特急列車では、肩の少し下くらいまでですよね。

大きな窓が特徴的 陽の光が差し込んできて明るい車内
外から見た様子(秩父駅にて)

外から見るとこんな感じ。外から見ても窓が大きいことがよくわかります。

最前列からは前面展望も

先頭車両からは前面展望を楽しむこともできます。ただし、進行方向右側の座席でないと綺麗に前面展望を見ることができません。左側の座席では、目の前に運転手さんがいるため見にくいのです。

最前列からは前面展望も
先頭車両の様子

先頭車両、特に飯能側(秩父・池袋とは反対側)の1号車は座席がやや少なくなっています。

最前列からは前面展望も
池袋駅に到着する時の様子

池袋駅に到着する際の様子です。進行方向左側の最前列座席は運転手さんがいるため、立って撮影をしています。

最前列からは前面展望も
進行方向が逆向きの時の様子

進行方向が逆向きの場合、車掌さんと対面になりなかなか気まずい。ということを防ぐため、曇りガラスになっています。飯能駅で進行方向が変わるとこの窓がクリアになります。

特急ラビューで秩父へ

秩父は首都圏から1時間半程度で行くことができる観光地です。首都圏から手軽に行くことができ、絶景を堪能できます。

特急ラビューで秩父へ
秩父神社

今回僕は、動画撮影や記事執筆のために秩父へ足を運んだため十分に時間をとって観光することはできませんでした。でも、下調べをする中で魅力的な観光地があることは分かった。またいつか足を運び、のんびり2泊くらいして楽しみたいと思っています。

車内の座席は開放的で明るい!

車内の座席は明るくて開放的です。黄色の座席がと大きな窓がとても印象的です。

車内の座席は開放的で明るい!
特急ラビューの車内の様子

リクライニングも十分機能

特急ラビューは特急専用の車両でもあるため、車内はかなり快適です。曲線が中心のデザインですが、座席は十分リクライニングをします。

リクライニングも十分機能
座席の様子

座席は2+2の配列で、在来線の特急列車としてはスタンダードな配列です。座席の間の肘掛けの部分は上がりません。

リクライニングも十分機能
座席をリクライニングした様子

座席をリクライニングするとこんな感じです。座席は十分倒れ、快適です。

コンセントやWi-Fiなどを完備

最新の特急列車らしく、すべての座席にコンセントを完備、車内ではWi-Fiを利用することができます。スマートフォンが普及した現在、いわゆる有料特急の部類では多くの列車でWi-Fiとコンセントが利用できるようになっています。

コンセントやWi-Fiなどを完備
コンセント

コンセントは座席と座席の間の、肘掛けの下の部分にあります。座席を向かい合わせにして利用する場合でも利用できます(※2022年12月現在、座席を向かい合わせにしての利用は遠慮するよう案内されるので、それに従いましょう)。

コンセントやWi-Fiなどを完備
車内にはWi-Fi設備を完備

車内にはWi-Fi設備を完備しています。車内のWi-Fiは乗車率などにもより、混雑している場合は回線が混雑するため、遅くなりがちです。また、特急列車などのWi-Fiは走行位置によっても変化するため一概には言えませんが、そこそこ速いことは確かです。

テーブルなどの設備も完備

テーブルなどの設備も、特急列車らしくしっかり完備されています。

テーブルなどの設備も完備
座席背面のテーブルの様子

座席背面のテーブルの様子です。座席背面のテーブルは、座席のデザインとの一体感を持たせるため、背面が曲面の構造になっています。

テーブルなどの設備も完備
座席のテーブル

座席のテーブルの様子です。テーブルの上面は当然、曲面ではありません笑。

テーブルなどの設備も完備
肘掛けから出てくるタイプのテーブル

座席の肘掛けから出てくるタイプのテーブルも備え付けられています。このテーブルは座席を向かい合わせにした際に利用できるようなものになっており、お酒とおつまみ類などを置くことができるようになっています。

特急ラビューの車内設備

特急ラビューの座席の様子を徹底的に紹介してきましたので、続いては車内の設備などを紹介していきます。

特急ラビューの車内設備
特急ラビュー

車内には大きなモニターも

車内には大きなモニターが備え付けられています。

車内には大きなモニターも
車内のモニター

車内のモニターには前面展望の映像なども映されています。このモニターで前面の様子を見ることができます。

車内には大きなモニターも
前面展望

進行方向前側のモニターは前面展望、後ろ側のモニターは後面展望になっており、ここも違う映像が流れるようになっているようです。

お手洗いなども完備

特急列車であるため、お手洗いなどの設備も完備されています。お手洗いも特急ラビューの「テーマカラー」とも言える黄色で統一されています。

お手洗いなども完備
黄色で統一されたお手洗い

お手洗いの便器はこの通り、綺麗です。昔ながらの「電車の中のトイレ=非常用でできれば使いたくない」という感じはしません。最近の特急や新幹線のお手洗いは素晴らしいです。

お手洗いなども完備
ウォシュレットも完備

最近の特急列車や新幹線には、お手洗いにウォシュレットが備え付けられています。特急「ラビュー」にもウォシュレットが完備されています。

曲線を主体とした車内設備

車内はこの通り、曲線を主体としたデザインになっています。

曲線を主体とした車内設備
車両のデッキ

特急ラビューの車内は「黄色」を中心とし、外観以外でも曲線をデザインの基本としています。統一感があります。

曲線を主体とした車内設備
特急ラビューの座席

特急ラビューで快適に、秩父へと遊びに出かけませんか。

特急「ラビュー」については乗車記(Vlog)も作成、YouTubeで公開しています。併せてご覧ください。

特急ラビュー「ちちぶ」のVlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました