2022年3月 福島県沖地震における東北新幹線代替

新幹線
新幹線東北鉄道
この記事は約15分で読めます。

2022年3月16日、福島県沖にて地震が発生しました。まず初めに、この地震で被害を受けられた方にお見舞い申し上げます。

この地震により、東北新幹線のH5系+E6系「やまびこ」号が脱線。東北新幹線が1ヶ月以上に渡って不通となりました。僕は地震前からこの時期に東北地方の旅行を計画しており、スケジュールがどうしてもずらせないとのことで旅行を決行しました。旅行にあたっては、東北新幹線の代替ルートを“利用せざるを得ない”状況にある他のお客さんに配慮しつつも記録として残すことにしました。

今回は、この地震による不通の際の状況と、その復旧について書いていきます。

[完全復旧まで、可能な限りリアルタイムで更新します。]

東北新幹線は順次運転区間を拡大

3月16日に発生した地震の影響で、東北新幹線の福島〜白石蔵王駅間で列車が脱線しました。これにより、しばらく東北新幹線が不通となりました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
脱線した東北新幹線の車両(東北本線走行中の列車から撮影)

これにより、翌日始発から当面運転見合わせとなりました。翌日からは東北新幹線の全ての列車が東京から那須塩原間、および盛岡から新青森間の折り返し運転となり、北海道新幹線との直通運転は全て中止されました。

東京から那須塩原間は全ての列車が各駅停車の臨時「なすの」号に、盛岡から新青森の間も全ての列車が各駅停車の「はやて」号になりました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
2022年3月22日 郡山駅にて

東北新幹線で最重要ともいえる駅・仙台は1ヶ月弱に及ぶ新幹線の全面運休となりました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
2022年3月22日 仙台駅にて

3月22日より、那須塩原〜郡山間および一ノ関〜盛岡間で運転が再開されました。那須塩原〜郡山間は、東京〜那須塩原の延長線上として「東京〜郡山」の臨時なすの号による折り返し運転となりました。一方で、一ノ関〜盛岡間については、盛岡〜新青森間の臨時「はやて」の延長とはならず、全列車が「一ノ関〜盛岡折り返し運転の臨時『やまびこ』号」となりました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
2022年3月22日 一ノ関駅にて

もう一度まとめておくと、3月22日から4月9日までは、

  • 東京〜郡山 臨時「なすの」号
  • 郡山〜仙台 臨時快速
  • 仙台〜一ノ関 臨時快速
  • 一ノ関〜盛岡 臨時「やまびこ」号
  • 盛岡〜新青森 臨時「はやて」号

となっており、本来東京から新青森までは「はやぶさ」号1本で行けるものが4回もの乗り換えが必要な状況となっていました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
2022年3月24日 新青森駅にて

初めは、東京〜郡山間における臨時なすの号が1時間に1本程度のペースでしたが、混雑のため次第に増便が行われました。東京〜郡山については通勤需要もあるので、この区間内で完結の需要も多いことに起因します。

なお、東京〜仙台〜盛岡〜新青森〜新函館北斗間で運転されている「はやぶさ」「はやて」号は、全列車が東北新幹線部分の区間運休となり、列車名・列車番号等は通常運転が行われる北海道新幹線内で使われていました。ただし、車両運用の都合で北海道新幹線も一部列車(1日3往復程度)が運休となりました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
混雑した臨時「なすの」号

臨時なすの号に乗らざるを得ないことがあり乗車しましたが、混雑していました。この後、3回にわたる増便が行われました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
郡山行きなすの号

普段は、盛岡行きをはじめ新青森行き、新函館北斗行き、仙台行きなど東北新幹線だけでも多数の行き先がありますが、この時はほぼ全てが「郡山行き」となりました。

東北新幹線は順次運転区間を拡大
郡山行きのなすの号が並んだ電光掲示板

なお、グリーン車・グランクラス以外は全席自由席として運転されました。グリーン車は車内精算のみでのグリーン券発売、グランクラスは締切でした。

臨時快速列車を東北本線・常磐線・羽越本線で運転

東北新幹線が不通となり、東北本線に臨時快速が運転されました。臨時快速は、仙台以南と仙台以北で完全に分離した形で運転されました。前述の通り、僕はこの時期に首都圏などと東北エリアを往復する予定があったため、この臨時列車も使いました。

臨時快速列車を東北本線・常磐線・羽越本線で運転
2022年3月22日 郡山駅にて

臨時列車はE653系 特急「いなほ」の車両が使用されました。前面には「いなほ」と書かれたままでした。新潟からはるばる、臨時快速のために回送されてきたようです。2編成が投入されましたが、本来の特急「いなほ」の運用に支障をきたしてはいけないので、2編成以上が投入されることはありませんでした。

臨時快速列車を東北本線・常磐線・羽越本線で運転
グリーン車も自由席

この臨時快速は、乗車券のみで乗車できました(新幹線特急券が必要、などのルールもありませんでした)。1号車のグリーン車も自由席として解放されました。グリーン車が、快速列車の普通車自由席として追加料金なしで乗れることはよっぽどありません。

臨時快速列車を東北本線・常磐線・羽越本線で運転
キハ110系

仙台以北では、はじめは仙台〜盛岡で、一ノ関復旧以降は仙台〜一ノ関で臨時快速が運転されました。臨時快速は、キハ110系の4両編成で運転されました。ロングシートの車両やボックスシートの車両もあったため、追加料金が不要とはいえかなり快適性では劣るように感じました。

小牛田駅で撮影した写真です。この快速には乗車していません。他の列車を待っているときに、1時間以上の大幅な遅れをもって突然現れたのでした。

停車駅は新幹線にほぼ準じており、

仙台-小牛田-一ノ関-花巻

とかなり絞られていました。

航空機による代替便を、ANAやJAL中心に実施

新幹線が不通となり、地上交通による東北都市間輸送は壊滅的な被害を受けました。特に需要のある、東北各都市と首都圏の交通は大ダメージでした。

そのため、国土交通省およびJR東日本が航空会社各社に要請し、可能な限りの臨時便などを運航してもらう形になりました。ここでは、設定された臨時便をご紹介します。なお、飛行機の臨時便についても日に日に変化があったため、ここに掲載したものが全てではありません。最も需要が大きかった4月初めのダイヤを参考として掲載します。

ダイヤの組み方については細かく知らないところもあるのですが、羽田の自社臨時便の発着枠を利用したか、もしくは新型コロナウイルスの影響で国際線中心に欠航が相次いでいるため、国交相から特例的に臨時ダイヤの発着枠を与えられた可能性もあります。

ANA 東京(羽田)⇔仙台 臨時便の設定

日付便名出発時刻到着時刻
2022年4月1日ANA 150107:1508:15
2022年4月1日~17日ANA 150309:1510:15
2022年4月1日~17日ANA 150512:4013:40
2022年4月1日ANA 150714:1515:15
2022年4月1日~17日ANA 150918:1519:15
東京・羽田→仙台の臨時便
日付便名出発時刻到着時刻
2022年4月1日ANA 150208:5509:55
2022年4月1日~17日ANA 150411:0012:00
2022年4月1日~17日ANA 150614:3015:30
2022年4月1日ANA 150816:0017:00
2022年4月1日~17日ANA 151020:0021:00
仙台→東京・羽田の臨時便

JALグループの臨時便(2022年4月1日の例)

路線便名出発時刻到着時刻
東京(羽田)-仙台JL4591羽田7:00仙台8:05
JL4592仙台8:45羽田9:55
JL4751羽田12:10仙台13:10
JL4752仙台13:50羽田14:55
JL4721羽田15:55仙台16:55
JL4722仙台17:35羽田18:40
JL4723羽田18:10仙台19:10
JL4724仙台19:50羽田20:55
東京(羽田)-花巻JL4765羽田17:15花巻18:25
JL4766花巻19:00羽田20:15
東京(羽田)-山形JL4545羽田13:40山形14:45
JL4546山形15:25羽田16:35
東京(羽田)-三沢JL4547羽田12:30三沢13:50
JL4548三沢14:30羽田15:50
大阪(伊丹)-花巻JL4935伊丹14:05花巻15:25
JL4936花巻15:55伊丹17:25
2022年4月1日の臨時便ダイヤ

Spring Japan 成田=仙台臨時便

便名出発到着運航期間機材
IJ9001成田 12:20仙台13:352022年4月1日〜4月10日B737-800(189席)
IJ9002仙台14:35成田15:402022年4月1日〜4月10日B737-800(189席)

FDAはコロナによる減便対象を一部運航

フジドリームエアラインズも臨時便を運航しました。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、運休としていた名古屋・小牧=いわて花巻便および名古屋・小牧=青森便の一部を、一転して運航する形になりました。

運休が決定後の復活のため、ダイヤは普段と同様ながらも扱いは臨時便扱いとなりました。予約サイト上は、361 便(4361 便)、362 便(4362 便)、367 便(4367 便)、368 便(4368 便)、 351便(4351 便)、352 便(4352 便)、357 便(4357 便)、358 便(4358 便)との表記になりました。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転

JR東日本が運営するミニ新幹線区間(秋田新幹線・山形新幹線)は当面、ミニ新幹線区間での折り返し運転となりました。この際、盛岡駅・福島駅では在来線ホームが使われました。在来線特急としての取り扱いになったわけです。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
盛岡駅・在来線ホームに停車中のこまち号

普段は全車指定席の秋田新幹線こまち号は、グリーン車を除いて自由席となりました。特定特急券で乗車できる扱いとなりました。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
普通車は全て、特定特急券で乗車することに

新幹線が盛岡駅の在来線ホームから出発することはないため、なかなか珍しい光景となりました。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
在来線ホームに停車しているE6系

こまち号での自由席表記は普段は見られません。が、間合運用の「やまびこ」号などで自由席表記がされることはあるのであまり珍しくはありませんが。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
自由席表記となったこまち号

山形新幹線についても同様に、在来線区間での折り返し運転となりましたが、こちらは全席指定席のままで運転されました。秋田新幹線と対応が異なった理由は不明ですが、早期に東京直通の見通しが立っていたためだと考えるのが自然だと思います。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
新庄駅にて

新庄から福島での折り返し運転となりました。最初は約半分に減便され、途中から通常の7割程度の本数が運転されていました。号数は普段のダイヤ通りでした。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
福島行きのつばさ号

つばさ号は東京直通が原則であり、普段から福島行きのつばさ号は見られません。これは珍しい表記です。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
福島行きになった乗車口案内

乗車口案内ももちろん、福島行きとなっていました。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
福島駅の地上ホームに停車

福島駅の地上ホームに停車しました。とれいゆつばさ号が地上ホームに停車していましたが、このデザインのつばさ号が福島駅の地上ホームに停車するのは珍しい光景です。

ミニ新幹線区間は当面、折り返し運転
地上ホームからつばさ号が発着

発着案内も地上ホーム5番線になっており、在来線の出発案内に表示されていました。

JR東日本の発表

最後に、JR東日本の公式発表を引用しておきます。

2022年4月1日

2022年4月1日のJR東日本のホームページ上の案内です。

【3月16日(水)に発生した福島県沖地震の影響について】

3月16日(水)に発生した福島県沖を震源とする地震により、東北新幹線の郡山~一ノ関駅間で運転を見合わせておりますが、一部区間の復旧作業および安全確保の見通しが立ったことから運転区間を拡げ、4月2日(土)より東京~福島駅間において、4月4日(月)より仙台~新函館北斗駅間において、臨時ダイヤで運転を再開いたします。

なお、「つばさ」号は東京~山形・新庄駅間、「こまち」号は仙台~秋田駅間で直通運転を行います。

福島~仙台駅間については4月20日前後の運転再開を目指して工事を進めておりますが、脱線車両の載線が終了したため、今後復旧工程を精査し、一日も早い運転再開を目指してまいります。

今後の運転再開区間の拡大等につきましては、改めてお知らせいたします。

【東北新幹線運転区間 4/2以降(東京~福島・新庄駅間)、4/4以降(仙台~秋田・新函館北斗駅間)の臨時ダイヤについて】

■4月2日(土)以降の東北新幹線(東京~福島・新庄駅間)臨時ダイヤ《New》
≫4/2以降の東北新幹線(東京~福島・新庄駅間)臨時ダイヤ(東北本線接続含む)
※[つばさ]号は東京~山形・新庄駅間直通運転します。
※列車本数は通常の5割程度の列車本数となります。
※郡山~福島駅間は徐行運転となるため、詳細なダイヤは時刻表をご確認ください。
※デジタルJR時刻表及びJR東日本アプリ等の経路検索は4/1(金)以降反映します。
※東北新幹線に接続する福島~仙台駅間の普通列車についても臨時ダイヤに記載していますので合わせてご確認ください。

■4月4日(月)以降の東北新幹線(仙台~秋田・新函館北斗駅間)臨時ダイヤ《New》
≫4/4以降の東北新幹線(仙台~秋田・新函館北斗駅間)臨時ダイヤ(東北本線接続含む)
※[こまち]号は仙台~秋田駅間、[はやぶさ]号は仙台~新青森・新函館北斗駅間直通運転します。
※列車本数は通常の6割程度の列車本数となります。 仙台~一ノ関駅間は徐行運転となるため、詳細なダイヤは時刻表をご確認ください。
※デジタルJR時刻表及びJR東日本アプリ等の経路検索は4/1(金)以降反映します。
※東北新幹線に接続する福島~仙台駅駅間の普通列車についても臨時ダイヤに記載していますので合わせてご確認ください。

■指定席の発売・取扱いについて《New》
現在、発売を見合わせている東北新幹線の指定席は、臨時ダイヤに合わせて発売を再開します。発売再開日や発売対象運転日等の詳細な情報については以下をご覧ください。
≫指定席の発売・お取扱いはこちら

■えきねっとでのきっぷの取扱いについて《New》
地震に伴う、えきねっとでのきっぷの取扱い等につきましては以下をご覧ください
≫えきねっとでのきっぷの取扱いはこちら

【東北新幹線運転区間 4/1まで(東京~郡山駅間)、4/3まで(一ノ関~新函館北斗駅間)の臨時ダイヤについて】

■4月1日(金)までの東北新幹線(東京~郡山駅間)臨時ダイヤ
郡山~仙台駅間については、臨時快速列車をご利用のお客さまで大変混みあっております。
同区間の普通列車もダイヤ通り運転しておりますので、分散乗車へのご協力をお願いします。
≫4/1までの東北新幹線(東京~郡山駅間)臨時ダイヤ

■4月3日(日)までの東北新幹線臨時ダイヤ(一ノ関~新青森駅間)
≫4/3までの東北新幹線(一ノ関~新函館北斗駅間)臨時ダイヤ
※今回の臨時ダイヤは、経路検索で使用するダイヤには反映されておりませんので、ご利用の際はご注意ください。
※JR東日本アプリの『運行状況タブ』→『列車走行位置』にて、臨時ダイヤで運転する列車を含むリアルタイムな列車走行位置などが確認できます。

【迂回経路について】
東北新幹線一部区間運休に伴う各地への迂回経路については、以下よりご確認いただけます。
≫3/24~4/1までの迂回経路はこちら
≫4/2~4/3までの迂回経路はこちら
≫4/4以降の迂回経路はこちら

【つばさ号 臨時ダイヤによる運転について(4/1まで)】
つばさ号は、地震の影響により福島~新庄駅間で臨時ダイヤで運行します。
詳細は以下をご覧ください。
≫つばさ号(福島~新庄駅間)臨時ダイヤ

【こまち号 臨時ダイヤによる運転について(4/3まで)】
こまち号は、地震の影響により盛岡~秋田駅間で臨時ダイヤで運行します。
詳細は以下をご覧ください。
≫こまち号(盛岡~秋田駅間)臨時ダイヤ

【東北本線 臨時快速列車の運転について】
東北新幹線一部区間運転再開に伴い、東北本線郡山~仙台駅間は4/1まで、仙台~一ノ関駅間は4/3まで臨時快速を運転します。
なお、4/2以降、東北新幹線運転再開区間の拡大に伴い、臨時快速の運転区間も変更となりますが、4/2以降の臨時快速列車のタイヤについては、新幹線臨時ダイヤに掲載しておりますので合わせてご確認ください。
詳細は以下よりご確認ください。
■臨時快速列車のダイヤ
郡山~仙台駅間については、臨時快速列車をご利用のお客さまで大変混みあっております。
同区間の普通列車もダイヤ通り運転しておりますので、分散乗車へのご協力をお願いします。
≫東北本線(郡山~仙台駅間)臨時快速列車のダイヤ(4/1まで)
≫東北本線(仙台~一ノ関駅間) 臨時快速列車のダイヤ(4/3まで)

【常磐線 臨時ダイヤによる運転について】
常磐線は、いわき~原ノ町駅間については復旧作業が終了したため、4月4日(月) から通常の速度で運転を行います。なお、原ノ町~仙台駅間は引き続き速度を落として運転を行うため臨時ダイヤでの運転を行います。
また、いわき~原ノ町駅間の一部列車は、臨時快速列車運転のため運転時刻が変更となります。
なお、臨時快速列車は、所定の特急ひたち号の発車時刻と異なります。
詳細は以下よりご確認ください。

■4月3日までの臨時ダイヤ
≫4/3までの常磐線(下)いわき~仙台駅間の臨時ダイヤ
≫4/3までの常磐線(上)いわき~仙台駅間の臨時ダイヤ

■4月4日以降の臨時ダイヤ《New》
≫4/4以降の常磐線(下)いわき~仙台駅間の臨時ダイヤ
≫4/4以降の常磐線(上)いわき~仙台駅間の臨時ダイヤ

【特急いなほ号の延長運転について】
特急いなほ号は3月18日以降、当面の間、酒田~秋田駅間を臨時快速列車として延長運転します。
詳細は以下よりご確認ください。
≫特急いなほ号臨時快速列車の延長運転について

【他の交通機関はこちら】
≫ジェイアールバスホームぺージ
※その他の高速バスについては、各社のHPをご覧ください。
≫ANAホームぺージ
≫JALホームぺージ

【国土交通省 福島県沖を震源とする地震について(代替輸送状況など)】
≫国土交通省ホームぺージ

JR東日本公式サイト(2022/04/01)

2022年4月13日

2022年4月13日の案内です。

【東北新幹線 4月14日(木)以降の運転計画について】《New》

3月16日(水)に福島県沖で発生した地震の影響により、東北新幹線は福島~仙台駅間で運転を見合わせておりますが、
復旧作業および安全確保の見通しが立ったことから、4月14日(木)から全区間で運転を再開します。
当面は、郡山~一ノ関駅間で徐行運転となるため臨時ダイヤで運転しますが、通常ダイヤでの運転再開を目指し、
復旧工事を進めてまいります。
今後運転計画を変更する場合は、改めてお知らせします。

■4月14日(木)以降、東北・山形・秋田・北海道新幹線の臨時時刻表《New》
当面の間、郡山~一ノ関駅間で徐行運転を行うため、臨時ダイヤにより運転します。
ご利用の際はご注意ください。
臨時時刻表については、HTML形式とPDF形式をご用意いたしましたので、お客さまのご利用用途に合わせてご活用ください。
《HTML形式で臨時時刻表をご利用の方はこちら》
≫4/14以降の東北・山形・秋田・北海道新幹線臨時時刻表(HTML形式)<下り>
≫4/14以降の東北・山形・秋田・北海道新幹線臨時時刻表(HTML形式)<上り>
《PDF形式で臨時時刻表をご利用の方はこちら》
≫4/14以降の東北・山形・秋田・北海道新幹線臨時時刻表(PDF形式)<下り>
≫4/14以降の東北・山形・秋田・北海道新幹線臨時時刻表(PDF形式)<上り>
※列車本数は通常の8割~9割程度です。
※郡山~一ノ関駅間は徐行運転となるため、東京~仙台駅間で約30分、東京~盛岡駅間で約1時間、通常より長くかかります。
※通常ダイヤと比べ、最終列車の始発駅発車時刻が最大1時間程度早まる場合がありますのでご注意ください。
※デジタルJR時刻表及びJR東日本アプリ等の経路検索は4/11(月)以降に反映します。
※[こまち]号は東京~秋田駅間で直通運転いたします。

■4月14日(木)以降の指定席等の発売・取扱いについて《New》
4月14日(木)以降の指定席券につきましては、4月13日(水)の営業開始から発売します。
詳細な情報については以下をご覧ください。
≫4/14以降指定席の発売・お取扱いはこちら

■えきねっとでのきっぷの取扱いについて《New》
えきねっとでのきっぷの取扱い等につきましては以下をご覧ください
≫えきねっとでのきっぷの取扱いはこちら

JR東日本公式サイト(2022/04/07)

コメント

タイトルとURLをコピーしました