鷲羽山展望台 瀬戸内海の絶景はここだ!

西日本
西日本
この記事は約3分で読めます。

岡山から児島(倉敷市)を通って四国へと渡る瀬戸大橋。この瀬戸大橋を横目に、瀬戸内海の絶景が見られるのが鷲羽山。今回は、この鷲羽山展望台を紹介します。

鷲羽山から見た瀬戸内海・瀬戸大橋は絶景

鷲羽山から見た瀬戸内海は絶景です。それがこちらの写真。

鷲羽山展望台から見た瀬戸内海

天気が良ければ写真の通り、瀬戸内海が綺麗に見られます。また、その先に坂出工業地帯も見えます。

夕日が沈む時間帯は特に綺麗

夕日が沈む時間帯は特に綺麗です。岡山市の日の入り時間とほぼ一致しているので、岡山市の日の入り時間を調べてから行くのがオススメ。

快速マリンライナーが通過中

瀬戸大橋を快速マリンライナーが通過しています。列車が通過していく、その先に日が沈んでいく。なかなか素晴らしい光景。

瀬戸大橋の大きさがよくわかる

瀬戸大橋の大きさがよくわかります。走っている車の大きさと比べるとなおわかりやすいのではないでしょうか。

特急列車が走り抜けていく

マリンライナーに続いて次は、特急列車が走っていきます。高知へと向かう特急南風でしょうか。

おそらく特急南風号

おそらく、デザインからして特急南風号ですね。iPhone11 Proで撮影しています。めっちゃアップ、ってのができないので画質が悪くてすみません。

陽が沈む

だんだんと陽が沈んできました。

頂上へ

鷲羽山の展望台は、駐車場の近くに「第二展望台」があり、僕はここがほぼ山頂だと思っていました。しかし、さらに上に山頂があることに、バスの時間が結構ギリギリになってから気づきます。

瀬戸大橋のかなり近くまで上がっていくことができる

瀬戸大橋の根っこの部分にあたる、トンネルがあるところ付近まで上がっていくことができます。第二展望台からは徒歩10分〜15分くらいです。

瀬戸大橋にかなり近づいてきた

瀬戸大橋にかなり近づいてきました。

鷲羽山の頂上

鷲羽山の頂上には、この周辺の島々のを示す台も。夕方には青とオレンジのコントラストが美しくなります。

ちょっとした売店なども整備!

鷲羽山展望台には、特に第2展望台(駐車場のすぐ上)に売店などが整備されています。こちらは周りの島々の案内。

展望台から見える島々の案内

鷲羽山展望台には、売店なども整備されています。夕方の日の入りに近い時間になると閉店するので注意が必要です。

売店

僕が言った時間は夕方で、特にレストランなどはコロナによる臨時休業で休みでした。しかし普段は、ここで瀬戸内海の景色を眺めがなら食事もできるよう。

準備中

現在はコロナ禍で、営業時間の変更もあるので確認してからいくようにしてくださいね。

アクセスは車が便利 JR四国の特急&バスでも行ける!

鷲羽山展望台へのアクセスは車が便利。また、特急と路線バスでもいくことが出来ます。

駐車場もそれなりに整備されている

第2展望台からすぐの駐車場は車の台数はあまり多くありません。ただ、ここから徒歩3分くらいのところにある駐車場はかなり台数が多く、200台近く駐車できます。よっぽど満車になることはないので安心

特急列車も多く、快速マリンライナーもそれなりの本数が走る

また、列車とバスで行くこともできます。JR岡山駅から30分ほどの児島駅で下車、ここからバスに乗り換えます。

児島駅

児島駅からはバスに乗り換えておおよそ30分。

路線案内:下津井循環線 とこはい号 | 下電バス

時刻表はこちらにあります。

下津井循環線 とこはい号 | 時刻表

循環バスのため、行きは30分ほどかかります。帰りは児島駅まで戻る必要はなく、「JR児島駅南」で降りることができるため、10分かからずに駅まで戻れます。

バス停

また、交通系ICカードも使えるのでかなり便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました