特急つがる・スーパーつがる号 車内の様子やオススメの座席、自由席の混雑について紹介

特急つがる・スーパーつがる号 車内の様子やオススメの座席、自由席の混雑について紹介 東北
東北鉄道車内徹底紹介
この記事は約7分で読めます。

秋田と青森をつなぐ奥羽本線の特急「つがる」。都市間を結ぶ特急として、また新幹線と連絡して仙台・東京方面を結ぶ列車として活躍しています。

実際に特急「つがる」に乗車してきたので車内の様子を紹介。また、2024年からデビューする「スーパーつがる」についても解説します。

スポンサーリンク

特急「つがる」「スーパーつがる」は青森と秋田を結ぶ特急

特急「つがる」は青森と秋田を結ぶ特急列車です。1日3往復が運転されており、そこまで本数が多い特急列車ではないものの一定の需要がある特急列車です。

本情報は、2024年3月16日のダイヤ改正以降の情報です。3月15日以前は異なる部分もあるので、注意してください。

特急つがる・スーパーつがるの停車駅

まず初めに、特急つがる・スーパーつがるの停車駅です。特急「つがる」は秋田〜青森間の主要都市と主要観光地に停車していきます。一方、特急「スーパーつがる」は速達タイプの列車で、停車駅は少なくなっています。

停車駅名特急つがる特急スーパーつがる
秋田始発駅始発駅
八郎潟(通過)
森岳(通過)
東能代
二ツ井(通過)
鷹ノ巣
大館
碇ケ関(通過)
大鰐温泉
弘前
浪岡(通過)
新青森
青森終着駅終着駅
特急つがる・スーパーつがるの停車駅

特急つがる・スーパーつがるは、単線区間の多い奥羽本線を走るため、最高速度が95km/hにおさえられています。そのため、所要時間は特急「つがる」で2時間40分程度、特急「スーパーつがる」で2時間30分程度とやや時間のかかる特急列車です。

「五能線フリーパス」では、特急券を購入すればOK
特急つがる

2024年春からは「スーパーつがる」がデビュー

本情報は、2024年3月16日のダイヤ改正以降の情報です。3月15日以前は異なる部分もあるので、注意してください。

2024年3月16日のダイヤ改正において、特急「スーパーつがる」が設定されることになりました。停車駅が絞られ、「スーパーつがる1号」で11分の所要時間短縮、「スーパーつがる2号」で14分の所要時間短縮となりました。

  • スーパーつがる1号 秋田12:49→青森15:20(△11分)
  • スーパーつがる2号 青森12:40→秋田15:12(△14分)

おそらく最高速度は変わらず、停車駅が変わる程度かと思われます。

JRの在来線で「スーパー」のつく特急列車は、JR西日本の「スーパーはくと」「スーパーおき」「スーパーいなば」が残る程度です。JR東日本では「スーパーあずさ」を最後に姿を消しており、ここに来て新たに「スーパー」を冠する特急が登場したことは、非常に驚きを持って迎えられました。

特急つがる・スーパーつがるの自由席混雑状況

特急「つがる」「スーパーつがる」の自由席はかなり空席があります。4両編成では輸送力過剰と思われるほどで、改造などの費用対効果から4両編成で運転されているだけかと思われます。

したがって、通常料金であれば指定席を取らなくても自由席で座ることができるでしょう。ただ、後ほど紹介する「えきねっとトクだ値」を使うと指定席の方が安いこともあります。

ただ、僕が乗車した日はJR東日本の乗り放題パスが発売されている期間でした。このきっぷを使った乗客が圧倒的に多かった。このような、いわゆる「乗り鉄」向けのきっぷが発売されると、首都圏から最も遠いこともあってかなり混雑します。

スポンサーリンク

特急つがる・スーパーつがるの車内を徹底紹介!

続いては特急「つがる」「スーパーつがる」の車内を徹底的に紹介します。なお、僕が乗車したのは「旅せよ平日!JR東日本たびキュン 早割パス」の期間内だったこともあり、自由席が混雑していました。そのため、座席の詳細な写真については一部、同じ座席を使用している特急「いなほ」の座席の写真を利用しています。

普通車の座席は「いなほ」などとほぼ同じ

座席は特急「いなほ」とほぼ同じ座席が採用されています。ただしデザインは特急「スーパーはつかり」の時代から変わっていません。

普通車の座席は「いなほ」などとほぼ同じ
特急「つがる」の座席

座面は黒を基調とした座席になっています。背もたれの部分は紫色を基調とした座席になっています。モケットは「湖面の輝き」をイメージしているそうです。

普通車の座席は「いなほ」などとほぼ同じ
リクライニング機構

特急列車のため、座席にはもちろんリクライニングが装備されています。特に座席の背もたれ自体が倒れることに加えて、座面が前にスライドします。また、前の座席の下に足を伸ばせるようにスペースが確保されているなど、居住性はかなり高いです。

座席には広々としたテーブルを完備

各座席には広々としたテーブルが完備されています。特急列車に乗る際は、場合によっては駅弁などを食べることも。広々としたテーブルは必須ですね。

座席には広々としたテーブルを完備
座席の背面に設置されたテーブル

E751系はやや古い特急型の車両ですが、座席背面には座席幅いっぱいを使ったテーブルが設置されています。

座席には広々としたテーブルを完備
座席のテーブル

座席のテーブルを広げた様子です。広げると一般的な新幹線などとほぼ同じタイプのテーブルが設置されています。ドリンクホルダーの部分もあります。

座席には広々としたテーブルを完備
車内の電光掲示板

客室内には電光掲示板が設置されています。特急列車としてはスタンダードな電光掲示板で、停車駅などが表示されます。

お手洗いや洗面台はやや古いが洋式

トイレは洋式便所になっていますが、やや古さを感じさせます。ウォシュレットなどはもちろんついていません。

お手洗いや洗面台はやや古いが洋式
トイレ

一応、水洗式になっていますが、水洗ボタンはこの通り。かなり古さを感じさせるようなボタンになっていることがお分かりいただけると思います。

お手洗いや洗面台はやや古いが洋式
水洗ボタン

お手洗いの個室内にも洗面台が設置されています。後に紹介するように、洗面台はお手洗いの個室の外にも設置されています。ここは簡易的な洗面台です。

お手洗いや洗面台はやや古いが洋式
お手洗いの個室内に設置された洗面台

個室の外に設置された洗面台です。自動センサー式の蛇口になっており、石鹸もあります。最近のJR東日本の特急・新幹線では、水・石鹸・エアタオルが一体になったものが増えてきていますが、特急「つがる」「スーパーつがる」はやや古い車両のため、そこまでは装備されていません。

お手洗いや洗面台はやや古いが洋式
洗面台

お手洗いや洗面台などの設備についても詳しく紹介してきました。やや古い車両ですが、当面は使用され続けることになるかと思います。

スポンサーリンク

特急つがるの乗り方・予約方法

最後に特急「つがる」「スーパーつがる」の料金や乗り方、予約方法などの情報について詳しく解説します。

特急「つがる」「スーパーつがる」の料金

特急「つがる」「スーパーつがる」の料金です。特急「スーパーつがる」は停車駅が少ない列車であり、特別に追加料金が必要なわけではありません。車両も同じ車両で運転されます。

区間普通車自由席普通車指定席グリーン車
秋田~大館3,340円3,870円6,140円
秋田~弘前4,000円4,530円6,800円
秋田~青森5,170円5,700円7,970円
弘前~青森1,200円1,730円2,500円
指定席は通常期の値段。閑散期は200円引き、繁忙期は200円増し、最繁忙期は400円増し。

特急つがる・スーパーつがるには自由席・指定席・グリーン席があります。秋田から青森までの普通車指定席で5,700円となっています。

また、JR線の特急列車であるため、新幹線などから乗り継ぎで利用する場合、乗車券については新幹線区間から連続して購入できます(乗車券は東京都区内〜弘前、など)。

特急つがる・スーパーつがるの停車駅
特急「つがる」 秋田駅にて撮影

予約は「えきねっと」がオススメ

本情報は、2024年3月16日のダイヤ改正以降の情報です。3月15日以前は異なる部分もあるので、注意してください。

予約にはJR東日本のネット予約「えきねっと」の利用がオススメです。スマートフォンなどから予約ができ、シートマップを見ながら座席の指定も可能。

「えきねっと」には1日前・14日前までに予約することで割引が効くきっぷ「えきねっとトクだ値」が設定されています。「えきねっと特急トクだ値1」は1日前(前日)まで予約が可能、「えきねっと特急トクだ値14」は14日前まで予約が可能です。

区間特急トクだ値1特急トクだ値14
秋田~大館3,480円2,700円
秋田~弘前4,070円3,160円
秋田~新青森・青森5,120円3,980円
大館~新青森2,530円1,960円
大館~青森2,690円2,090円
えきねっとトクだ値の値段(例)

また、「えきねっと」で普通車指定席・グリーン車指定席を予約すると、JR東日本の共通ポイント「JREポイント」が貯まります。JR東日本としても「えきねっと」に予約を統一したいこともあって、お得がたくさん。えきねっとを使わない手はありません。

「五能線フリーパス」では、特急券を購入すればOK

観光向けの路線として人気な五能線。この五能線を幅広く観光するのに便利な「五能線フリーきっぷ」。五能線フリーきっぷは、特急列車に乗車の際「乗車券部分としてのみ有効」となっているため、逆にいうと特急券を別途購入すれば特急「つがる」「スーパーつがる」を利用できます。

「五能線フリーパス」では、特急券を購入すればOK
五能線を走る快速「リゾートしらかみ」-東能代駅にて撮影

ただし、東能代〜弘前駅間の奥羽本線は「五能線フリーパス」では利用できません。秋田〜東能代、弘前〜青森間以外の区間を利用する場合、別途乗車券が必要になるので注意が必要です。

スポンサーリンク
参考になったらぜひシェアしてね!
InstagramとYouTubeも見てね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました