四季彩の丘~春夏秋冬いつでも楽しめる、北海道の絶景~電車でも!

北海道
この記事は約4分で読めます。

北海道の絶景巡りの旅で、ここはいきたいと思っていた「四季彩の丘」。特に天気が良ければ、写真のようにかなり素晴らしい景色が楽しめます。

この「四季彩の丘」、北海道にしてはアクセスも良くオススメできる観光地。北海道、特に道央(北海道の中心付近、旭川周辺)に行ったら是非とも行ってほしい場所です。今回も写真を交えながら紹介していきたいと思います。

北海道らしい広い大地にきれいな花。一人旅でも随分と楽しめる、一度は見ておきたい風景!

アクセス:JR美馬牛駅から徒歩20分

営業日:年中無休

時間:下記参照

4〜5月・10月9:00~17:00(アルパカ牧場は16:30まで)
6〜9月8:30~18:00
11月9:00~16:30
12月〜翌2月9:00~16:00
3月9:00~16:30
公式サイトより引用

料金:基本的には無料だが、管理費として任意で200円程度

住所:〒071-0473 北海道上川郡美瑛町新星第三
TEL 0166-95-2758 / FAX 0166-73-3993

絶景

まず、ここは文字で書くより写真を見てもらった方がいいと思います。ということで、前半は写真を入れまくってご紹介していきます。

四季彩の丘
四季彩の丘の奥のほうを望む

花畑があって、その手前にぽつんと気が立っている感じ、とてもいいですよね。冬のこの景色も見てみたい。いつか冬にも来たいな。寒そうだけど。

四季彩の丘
入り口の方を望む

こちらは手前、入り口の方。入り口のほうが高いところに位置しているので、その先が見えません。ので、やっぱり奥のほうを望むほうがよさげ。

四季彩の丘
こっちの景色のほうが個人的には好き

やっぱりこちら側のほうが絵になりますねえ。

四季彩の丘
ラベンダー

ラベンダーで有名なのはもう少し行った先の富良野。ですが、ここにもラベンダーがあります。

四季彩の丘
ポートレート使ってみた

それ以外の花も充実。インスタ映え間違いなし。iPhoneのポートレートを使って写真を撮ってみました。ポートレートの機能についてはまだ、デジカメのほうが勝っているんですよね。ナイトモードは明らかにiPhoneのほうが便利です。

四季彩の丘
ラベンダーソフト

ここでしか食べられないもの、と思ってラベンダーソフトを食べました。350円でした。これ以外にも、売店では飲み物や軽食が売っていました。ビールも売っていて、買っている人が意外にもいたのでびっくり。

アクセス

アクセスについてはこちらの公式サイトにも書いてあります。

アクセス - 展望花畑 四季彩の丘|北海道美瑛町の観光ガーデン
お車でお越しの方、JRでお越しの方へ。【展望花畑 四季彩の丘】の最寄り駅や、アクセス方法を掲載しています。

今回僕は、電車で行ったので、電車でのアクセスをメインに書いていきたと思います。車で行く場合は、カーナビを使ってください。

最寄り駅は「美馬牛駅」です。

この富良野線、普通列車と期間限定のトロッコしか走っていません。が、普通列車に乗っても駅と駅の間がかなりあるんですよね。そして、普通列車もそれなりに快適。

旭川から美馬牛までは40分ちょっとです。そんなに長くはありません。

美馬牛駅
美馬牛駅

JR富良野線で、美瑛の1つ先の駅です。美瑛はそれなりに大きな駅で駅員さんがいてみどりの窓口もあります。が、ここ美馬牛駅はそんなに大きな駅ではないので無人駅です。

僕は美瑛に行った後でここ、美馬牛に行きました。電車の本数的が多くはないので、美瑛から美馬牛まで歩けないかなと思ったんですが、無理です。普通列車とはいえ、途中何もないところを5分以上走ります。歩いてはいけません。

この富良野線、ローカル線とはいえ比較的お客さんもおり、1時間に1本程度は普通列車が走っています。北海道のローカル線って、すごい駅は1日3本の普通列車のみって感じですからね。ここはまだまし。

美馬牛駅
こっちは四季彩の丘方面ではありませんが…

美瑛駅から美馬牛駅に到着です。ここで、この駅舎とは逆の方に出てください。

そうすると、レンタサイクルの案内があります。このレンタサイクルの案内、本当に良くないと思うんですが、英語で書いてあって、「四季彩の丘まで徒歩1時間」なんて書いてあります。実際、徒歩20分で行けます。

ここ、美馬牛から四季彩の丘まで、意外と歩いている人は少ないので心配になってしまいます。が、全然歩けます。人がいないぶん、のんびり歩けるからいいとしようか。僕はiPhoneのマップを使って案内してもらいました。地球岬へ行くときには、iPhoneのマップに恐ろしい道を案内されましたが、今回は大丈夫でした。

美馬牛駅 四季彩の丘
四季彩の丘へ向かって歩きます

たまに車が通っていきますが、レンタカーが多いこと多いこと。どの車も四季彩の丘方向からくるか、四季彩の丘の方へ向かっていきます。

比較的広い道を通って行けるので、スマホのマップ等に従って安心して歩いていけますよ。

歩いている人が少ないから心配になるけど、大丈夫!美馬牛駅から歩ける!

今回の北海道絶景めぐりの旅、コレ以外にもおすすめの場所を書いています!絶賛更新中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました