名古屋や首都圏から日帰りで気軽に行ける観光地 松本 徒歩で回れる?

名古屋に住んでいる人で手軽に日帰り観光がしたいという人のために!

今回は首都圏や名古屋から手軽に、日帰りで行くことのできる観光地・松本のご紹介です。名古屋と松本の間は特急も1時間に1本程度走っており、手軽に移動することができます。今回はそんな松本のメインとなる観光地をご紹介したいと思います!

意外と手軽にいける松本!特急の本数も多いし、観光地が点在しているわけでもないから日帰りでも十分!

松本観光の移動手段

松本観光の移動手段としては基本的に徒歩で十分だと思います。僕は実際に徒歩のみで回っていましたが全く問題ありませんでした。実際に回ってみて、これくらいなら少し体力に自身がない人でも大丈夫だろうな!と思いました。

どうしても不安な人のために、このような観光客向けのバスもあります。体力に自信がない人は使ってみるという選択もあるのではないでしょうか。

ページが見つかりません 松本市ホームページ

僕は実際に使ってはいないのでわかりませんが、主要観光地を巡回するようです。

松本は観光地が点在しているわけでもないので、徒歩でも十分回ることは出来る!

松本観光のメイン中のメイン!松本城

松本といえばやっぱりメインは松本城!国宝です!

松本城はまず、外から見るといいでしょう。本当に素晴らしいです。写真の通りです。(語彙力不足・・・) ガイドブックなどにも書いてあるように、本当に荘厳で素晴らしいお城です。松本に行ったら必ず行ってほしい場所!アクセスもいい観光地です。

この写真は松本城の無料エリアから撮影した写真です。無料エリアからでも松本城の全景が見渡せます。写真は夕方に行ったときの写真ですが、本当にきれいです。なるほど国宝という感じ。

きれいだの、素晴らしいだの書いていますが、実際に見れば分かります。実際にその場に行ってみるのが観光、旅の醍醐味ですからね、ここは割愛!

松本駅からは歩いて行くことができます。徒歩で15分~遅い人でも30分程度で行けます。ただ、松本駅から松本城へ途中に四柱神社などの観光地もあるので、そういったところに寄りつつ松本城へ向かうのがいいと思います。自由にいろいろ立ち寄りながら楽しめて。

まず国宝・松本城は必須だね!外から見る分には無料。けど、展示も素晴らしいのでぜひとも中にも入ってみるといいよ!

意外と人も多くなく楽しめる、開智学校

つづいて開智学校。ここは比較的観光客も少なく楽しむことが出来ます。

開智学校は、近代日本が発展していく上で作られた制度「学制」による学校の象徴的存在です。急速に近代化を推し進めるためには教育が重要だという発想と同時に、欧米化も重要だという認識が日本にはありました。それを象徴するようにこの開智学校も欧米式の建築様式になっています。

開智学校 外観
開智学校

文明開化の中で推し進められた教育、その象徴たるものがこの開智学校です。そして、この松本という、東京や京都など当時の日本の中心的都市から離れた場所で教育が発展した経緯についての展示もなかなか面白いです。是非とも足を運んでほしい場所です。

観光地として有名だし、歴史的にも価値ある展示がたくさんある。けど、松本城と比べて混雑していない、半ば穴場のようなスポットだからとてもおすすめ!

商店街も必見!四柱神社

これを観光地として取り上げようかは正直迷ったのですが・・・

というのも、これは観光地として目的として行ってほしいというよりは、松本城に行く途中でふらっと寄って楽しんでほしいという感じなんですよね。

四柱神社
四柱神社付近にて

写真を撮ってくるのを忘れたので・・・

この写真の右上のところが商店街のような感じになっています。食べ歩きが出来る感じです。たい焼きのとてもいい匂いがします。おしゃれなカフェみたいなところもあります。デートで松本に来たときはぜひともよってみるといいでしょう。もちろんデートでなくても。


こんな感じで松本の観光地をご紹介してきました。これ以外にもいくつか観光地がありますが、ここで紹介したスポットをメインにすれば楽しめると思いますので、ぜひとも参考にしてくださいね。

それぞれの観光地について詳しい記事を作成していますので、そちらの記事も御覧ください。

松本観光は基本的には徒歩で回れる!比較的まとまった場所に観光地があるから、東京や名古屋から日帰りで行けてとてもオススメ!

コメント

  1. […] 名古屋や首都圏から日帰りで気軽に行ける観光地 松本 徒歩で回れる?名古屋に住んでいる人で手軽に日帰り観光がしたいという人のために!今回は首都圏や名古屋から手軽に、日帰 […]

  2. […] 名古屋や首都圏から日帰りで気軽に行ける観光地 松本 徒歩で回れる?名古屋に住んでいる人で手軽に日帰り観光がしたいという人のために!今回は首都圏や名古屋から手軽に、日帰 […]

タイトルとURLをコピーしました