近鉄観光特急「伊勢志摩ライナー」サロン席~グループでの伊勢志摩観光に~

伊勢志摩

こんにちは。今回は伊勢志摩ライナーのサロン席を利用した際の記録。今回は、僕のブログにしては珍しく写真がありません。サロン席という特性上、他人が映り込んでしまうためです。申し訳ありません。

伊勢志摩ライナーのサロン席

今回の伊勢志摩旅行では、先ほど公開した特急「しまかぜ」も使用しました。個人的に言うと、特急しまかぜよりこちらの伊勢志摩ライナーのサロン席の方が使い勝手が良かったかなと思います。伊勢志摩ライナーは、基本的にはアーバンライナーと同じような座席と、今回僕が使用したようなサロン席の2つがあります。アーバンライナーのような座席であっても、座り心地は良いですのでどちらでも良いかと思います。

サロン席については、1つの車両全てがサロン席になっています。そのため多少大きな声を出しても少しは見逃してくれるかと思います。何せ、全てがサロン席になっていて、サロン席と言うのはそもそもグループで利用しておしゃべりしながら時間を過ごすと言う目的で作られているからです。しかし、サロン席といってもドアがついているわけではありませんので大きな声を出すのはできるだけ控えておきましょう。

荷物置き場などは?

サロン席の作りについては、先ほど紹介した通りです。サロン席には、荷物置き場があります。これをわざわざ記事に書くかどうかと言う所迷いましたが、この荷物置き場はだいぶ便利だなと思ったので書いておこうと思います。

基本的には、サロン席ですから席が向かい合わせになっています。そうすると、後ろの座席頭は背中同士になっているはずです。その背中同士になっているところの下のところに荷物置き場があります。国内旅行用のスーツケース位の大きさならば入れることができます。結構な収納力です。網棚がありませんのでここに荷物を置くことが想定されているのだと思います。多くの特急列車等では、デッキのほうに荷物置き場がある列車が多いです。しかし、ちょっとパソコンを出したいとかそういった時に、デッキのほうに荷物置き場があると取りに行くのが面倒でしょう。僕も何度か経験したことがあります。そのためもっぱら、最近ではパソコン等はスーツケースから出しておくようにしているのですが、なかなかその出すというのもめんどくさいです。電車の中で使わないこともありますしね。

しかし、この伊勢志摩ライナーのような角座席の後ろの部分に荷物置き場がある場合、すぐに荷物を出すことができます。さらに、パソコンのような高価なものを入れておいても座席のすぐ近くに荷物置き場があるので盗難の心配がありません。デッキのほうにあると、もしかしたら盗難されているかもと言うことを考えなきゃいけないですからね。伊勢志摩ライナーには、さすがに特急しまかぜのようにコインロッカーなどはありません。しかし、個人的には伊勢志摩ライナーの角座席にある荷物置き場の方が、特急しまかぜのコインロッカーより良いなと思いました。

電源やwifiのサービスは?

電源は、各座席にあります。近鉄特急の大半には電源があります。この伊勢志摩ライナーも同様で、普通席にも電源がありますがサロン席にもあります。基本的には、サロン席1グループにつき2つのコンセント形式の電源がついています。4人で利用する場合などは、たこ足配線を持っていると便利かと思います。

続いてWi-Fiですが、残念ながらWi-Fiはありません。近鉄特急は、Wi-Fiの整備がかなり遅れていますよね。今回乗った、伊勢志摩ライナーにはありませんでしたが特急しまかぜにはありました。調べてみたところ、近鉄特急にはまだしまかぜにしかWi-Fiがついていないようです。新たに登場する名阪特急アーバンライナーにやっとWi-Fiがつくようです。新幹線もすでにWi-Fiが整備されていますし、名鉄特急ですらWi-Fiがほぼ整備されつつあります。近鉄特急も整備してほしいですね。

特急しまかぜとの違い

近鉄の賢島方面には、この伊勢志摩ライナー以外にもこの記事で何とか出てきた特急島風も走っています。特急しまかぜとの違いは主に、座席にあります。個人的には、普通車であれば絶対に島風のプレミアムシートの方がいいと思います。先ほど書いたように、普通車はアーバンライナー等と同じような座席が配置されています。一方、特急しまかぜのサロン席ではない席は、基本的にはプレミアムシートになっていて非常に快適な座席が用意されています。伊勢志摩ライナーも充分快適な旅でしたが、せっかく賢島に行ってみたならば片道だけでも特急しまかぜを利用してみると良いかと思います。

今回の伊勢志摩旅行では、実際に僕も特急しまかぜを使用しました。特急島風の記事も公開していますのでこちらも併せてご覧ください。また、伊勢神宮を始めとした伊勢志摩の観光についての記事も公開しています。こちらも併せてご覧ください。

コメント

  1. […] 近鉄観光特急「伊勢志摩ライナー」サロン席~グループでの伊勢志摩観光に~ […]

タイトルとURLをコピーしました