JR旭川駅からのアクセスが最高、JRイン旭川宿泊

北海道
この記事は約3分で読めます。

今までも記事を書いてきたように、北海道周遊旅行後半戦では旭川を拠点としました。今回の旅行は元々、鉄道を使いまくる予定だったので、もともと駅からのアクセスが良いのが絶対的な条件でした。ということで、旭川駅から最も近いJRイン旭川に宿泊することにしました。

JRイン旭川
旭川駅直結のアクセスの良さとこだわりの客室で旭川の快適な滞在をサポート。JRINN旭川はお客様の眠りを追求した宿泊特化型ホテルです。

旭川駅目の前!部屋からホームまで徒歩5分

何といってもこのホテルのメリットは駅の目の前。というか、駅の敷地から出ずにホテルまで行ける。

旭川駅を出て左手にイオンがあるんですが、その5階より上がホテルになっています。駅前の屋根があるところだけを通ってホテルまで行けます。これはかなり大きなメリット。

JRイン旭川
ホテルのラウンジから見た旭川駅

実際に、旭川駅に着いて3分後にはフロントまで行くことができます。チェックイン前に荷物を置きに行く際も、旭川駅での乗り継ぎが10分あれば十分、もしかしたら5分でも行けるかもしれません。そんな手軽なところにあるのがこのJRイン旭川です。

今回の旅では、朝早い電車に乗ることがありました。例えば、旭川を出発して札幌、釧路、網走を経由して旭川へ戻ってくる日など。この日は朝6時半の特急カムイに乗ったんですが、朝は6時に起きれば余裕で準備が出来ました。

部屋からホームまで、徒歩5分は非常に便利!

客室内の様子は…

客室は至って普通のビジネスホテルだったりします。が、僕は運よく3泊最上階だったこともあり、景色はよかったです。

JRイン旭川
ホテルの部屋から見た夕日

3泊したんですが、ホテルの部屋から夕陽を見れたのは1度だけ。それ以外は電車の中で日の入りになってしました。ちょっと残念。

夜景もきれいに見えます。

JRイン旭川
夜景もきれい

こんな感じで、客室からの眺めはまあまあ。

そして、客室内の設備ですが、意外にも普通でした。

JRイン旭川
部屋は至って普通のビジネスホテル

個人的には水が用意されていなかったのがちょっと残念でした。僕は夜寝る際にも水を手元に置いておくので、それをわざわざ買いに行くのは面倒なんですよね。水と言っても100円くらいで買えますが、でもその買うためにわざわざ部屋から出るのが面倒。その前の日まで宿泊していた三井ガーデンホテルの缶の水がすごいありがたかっただけに、ちょっと残念でした。

JRイン旭川
飲み物が置いていないのが…

ホテル内〜ラウンジのコーヒーは最高〜

最後にホテル内の設備です。

ビジネスホテルと言ってもある程度のホテルですので、大浴場やラウンジがあります。ごめんなさい、3泊もしたのに大浴場は使っていません。

ラウンジは何度か使いました。コーヒーと紅茶が無料で飲むことができて、ソファがあります。そして、旭川駅の駅前の広場を見渡すことができます。

JRイン旭川
ラウンジ

ラウンジと大浴場は、フロントがある5階にあります。ラウンジはフロントの近くなんですが、フロントとは別の場所になっていたのがありがたい。今回の北海道周遊で最初に宿泊したエアターミナルホテルは、フロントの目の前にラウンジがあったので少し使いにくかったというのが本音です。

それから今回は6泊7日の長旅でもあったので、ホテルのランドリーを使いました。ランドリーは洗濯から乾燥まで全て含めて130分ほど、500円でした。この手軽さを考えれば値段はまあ良いのですが、ぶっちゃけきつかったのが、2時間ちょっと起きていること。一日観光に疲れてホテルにもどてきているので、僕はなんとかブログ記事の作成等をしながら起きていましたが、何もなければ寝てしまって、洗濯が終わってからも放置してしまいそう…まあ、ここはホテル側にはどうしようもないことなので仕方ないですけどね。あと、ランドリーでもICカードでの支払いができるようにしてくれるとちょっとありがたかったですね。

今回の北海道周遊旅行の記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました