名古屋発日帰り神戸!近鉄「ひのとり」で神戸の”山”「神戸布引ハーブ園」を満喫

この記事は約4分で読めます。

今まで神戸は何度も行きました(このブログではあまり記事にしていませんが)。でも、神戸って言っても大抵はメリケンパークなど、港の方でした。というより、メリケンパークしか行ったことがなかったのですが、今回は山の方もちょっと行ってみようということで、新神戸駅の裏にある「神戸布引ハーブ園」に行くことに。

そして今回は、近鉄特急「ひのとり」のプレミアムシートを使うという目的もありました。ひのとりのプレミアムシートについては記事をすでに公開しています。

今回の目的は2つ、1つはひのとりのプレミアムシートに乗ること、そしてもう1つは神戸の山を楽しむこと!

ひのとりのプレミアムシートで大阪難波へ

今回は比較的遅い出発。朝11時ちょうどの特急「ひのとり」のプレミアムシートで大阪難波へ向かいます。ひのとりのプレミアムシートに2時間ほど乗ってましたが、全く揺れないから乗ってる感覚がない…

ひのとり プレミアム
ひのとりのプレミアムシート、それも先頭車

お昼ごはんは電車の中で松阪牛のご飯をいただきます。けっこう量が多かった…でも美味しかったですね。

松阪牛めし
お食事は車内で松阪牛めしをいただきます

本当に揺れが少ない車内!シートも最高であっという間に大阪難波に到着!

新神戸方面へ、そして神戸ハーブ園へ

ここらへん、写真がなくてすみません。

神戸の街が一望できる!布引ハーブ園へ

大阪難波から阪神に乗り換えて神戸三宮に向かいます。神戸三宮から新神戸までは歩くことができますが地下鉄もあります。僕たちは行きは歩きましたが帰りは雨が降っていったので地下鉄を使いました。歩くとだいたい20分くらいです。近くはないですね。

新神戸に近づくと「布引ハーブ園 ロープウェイ」と看板があります。これに従っていきましょう。通常営業では、ロープウェイは大人往復1500円です。

布引ハーブ園 ロープウェイ
布引ハーブ園へのロープウェイ乗り場

とにかく行ってみようという感じで行ったんですが、これが…

ロープウェイ1
ロープウェイらしい景色があったり

かなり景色が綺麗。素晴らしかった。特に天気がいい日に行けば、山の中を進んでいくロープウェイ内部から海の景色も楽しめるという最高の空中散歩です。

ロープウェイ 海
神戸の街が一望できたり

途中からは神戸市街がきれいに見えてくる。なかなかの絶景。メリケンパークの方まできれいに見渡すことができました。神戸は山から海までが近いということが魅力ですが、その魅力を存分に感じられるのがここ布引ハーブ園。自然たっぷりの山から海を見渡すことができます。

ハンモック
中腹には神戸の街を見渡せるハンモックも

ロープウェイは山頂駅まで乗って、そこから徒歩で中腹の駅まで降りて行くのがいいでしょう。多少球な坂道もありますが、下りならそこまでしんどいわけでもありません。

こんな感じで、ロープウェイ中腹駅周辺がいちばんのんびりできるエリアになっています。山頂側からゆっくり降りてきてここでのんびりするのがいいでしょう。ハンモックなども自由に使えます(が、それなりに埋まっているのも事実ですが)。

布引ハーブ園は写真が少なくて申し訳ありません。が、とにかく楽しめる場所だったのは間違いありません。ロープウェイの山頂駅周辺にはレストランもありました(僕たちは昼前に名古屋を出発していたこともあり、既にレストランはクローズしている時間でしたが…)。

こんな自然いっぱいの場所から神戸の海を見渡せるなんて!

階段を登り、布引の滝へ

続いては布引の滝へ向かいます。既に1ヶ月ほど前に行っていたのですがね。

滝らしい滝の音がしています。山が切り開かれた感じも最高。

布引の滝
布引の滝に到着です

そんなこんなしているうちに雨が降り始めたので新神戸へ。新神戸まで徒歩で15分くらいで降りれるのも素晴らしいですよね。

1か月前に行ったんだけど…暑かったせいか1か月前よりしんどかったような感じが…

帰りもひのとりプレミアムシートで名古屋へ

さて、行きに乗ったひのとりですが、帰りもプレミアムシートに乗ることに。一度乗ると忘れられない快適さです。

ひのとり 大阪難波
大阪難波駅からひのとりに乗ります

ひのとりは意外と高さもあります。地下にある大阪難波駅で見ると圧倒されますね。

ひのとり 名古屋行き
名古屋へ向かいます

ひのとりプレミアムシートです。座席間隔は十分、というよりここまで座席間隔があるとどれだけ足を伸ばしても前の座席に当たりません。

帰りも結局プレミアムシートを取ってしまう…快適すぎてこれは癖になる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました