特急こうのとり・きのさきの車内徹底紹介 コンセントはごく一部の座席のみ 自由席は混雑するので注意!

西日本
西日本鉄道車内徹底紹介
この記事は約7分で読めます。

新大阪・大阪から福知山線を通って福知山・豊岡・城崎温泉を結ぶ特急こうのとり。そして、京都から山陰本線を通り福知山・豊岡・城崎温泉を結ぶ特急きのさき。この、特急きのさき・こうのとりの車内や自由席の混雑具合をご紹介します。

特急こうのとり・きのさきの自由席は混雑する!e5489チケットレスがオススメ!

特急こうのとり・きのさきは、大阪・京都から福知山を経由して城崎温泉までを結ぶ特急列車です。

城崎温泉まで乗り通すお客さんが多いわけではありません。が、沿線には豊岡や福知山など、北近畿の重要都市が並んでいます。そのため、平日・休日関わらずに混雑する傾向にあります。

自由席は1両か2両しかないので混雑する!指定席を取る価値がある列車

特急「こうのとり」には自由席が2両あります。また、特急「きのさき」には自由席は1両しかありません。最大7両編成ともなりますが最短4両編成で運転されることがあるため、自由席は1両または2両という設定になっています。

自由席は1両か2両しかないので混雑する!指定席を取る価値がある列車
特急こうのとり(新大阪駅にて)

したがって特に自由席はかなり混雑します。平日の夕方に、城崎温泉から京都まで特急「きのさき」に乗車した際、福知山発車時点では自由席はほぼ満席でした。

自由席は1両か2両しかないので混雑する!指定席を取る価値がある列車
京都行き特急きのさき(城崎温泉駅にて)

最初にも書いた通り、特急きのさき・こうのとりは北近畿の重要都市を貫いて走っていく、それなりに需要のある特急ながら自由席が少ないです。指定席はやや多めに設定されることもあるので、是非とも指定席を取る価値のある特急列車だと思います。

e5489チケットレスがオススメ!

特急こうのとり・きのさきでは全列車・全区間でJR西日本のネット予約サイト「e5489」のチケットレスサービスが利用できます。チケットレスサービスとは、ネット上でクレジットカードを利用して特急券の購入・支払いが完結し、当日は乗車券を別途用意する、あるいはICカードを利用することでそのまま特急に乗車できるサービスです。

チケットレスサービス(在来線)│e5489ご利用ガイド:JRおでかけネット
e5489とは山陽・九州新幹線(新大阪~鹿児島中央)・北陸新幹線(金沢~東京)とJR西日本・JR四国・JR九州エリアの特急列車(一部快速列車含む)を便利におトクに利用できる会員制ネット予約サービスです。(JR東海・JR東日本(一部エリア)のきっぷも予約可能です。)

JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」のチケットレスサービスについてはこちらにあります。が、これがなかなか分かりにくい。e5489のサービス拡充の中で、だんだんとさまざまなお得なチケットレスサービスが追加されたためでしょう。ということで、下に簡単に表をまとめておきます。

予約期限等お得度J-westカード会員限定等
J-westチケットレス特急券前日・当日のみ★★★★★カード会員なら変更が何度でも可能
(カード会員でない場合変更不可)
eチケットレス特急券1ヶ月前から可能★★★カード会員限定
チケットレス特急券1ヶ月前から可能
チケットレス特急券の違い早見表

チケットレスサービスは、特に前日・当日のみ予約が可能な「J-westチケットレス特急券」がお得です。実際に券売機で特急券を購入するより半額近くにまで割引がされる区間もあります。特急こうのとり・きのさきは自由席は混雑するものの指定席は多く設定されています。前日や当日の予約であってもそれなりに座席に余裕はありますから、うまく使うといいでしょう。

e5489チケットレスがオススメ!
特急きのさき

座席周りはJR西日本のスタンダードな特急 ごく一部にはコンセントも

特急こうのとり・きのさきの座席の設備をご紹介します。

一見、増結用車両(5号車以降)が豪華そうだが大して変わらない

特急こうのとり・きのさきの車両は、JR西日本の特急列車としてはごくごく普通の座席・車内設備です。特急サンダーバードなどでも使われている座席が配置されています。

一見、増結用車両(5号車以降)が豪華そうだが大して変わらない
特急こうのとり・きのさきの座席

一部の車両、具体的には増結用の編成となる5号車〜7号車の3両はちょっと座席の見た目が豪華そう。ですが、実際の座り心地は大して変わりません。

一見、増結用車両(5号車以降)が豪華そうだが大して変わらない
増結用の編成(5号車〜7号車)の座席

横から見た感じ、座席の背もたれが分厚そうですが大して座り心地に差はありません笑

一見、増結用車両(5号車以降)が豪華そうだが大して変わらない
リクライニングを倒した様子

リクライニングももちろんできます。JRの特急らしく、リクライニングを最大まで倒すとかなり倒れます。当然ですが、最大まで倒してしまうと後ろのお客さんの迷惑になります。そもそも、本を読むとかであれば最大まで倒すと角度が深すぎて逆に快適じゃない。

一見、増結用車両(5号車以降)が豪華そうだが大して変わらない
車内の雰囲気

車内はかなり落ち着いた感じの雰囲気です。照明が間接照明になっていること、またちょっと暖色が採用されていることも大きな理由でしょう。

大きな座席テーブルがあり、読書灯も

最近のJR西日本の特急列車にある、大きなテーブルがこの特急こうのとり・きのさきにもあります。特に大阪・京都から福知山方面への需要にはビジネス需要もありますからね。

大きな座席テーブルがあり、読書灯も
iPad Air4+Magic Keyboardを置いた様子

テーブルは大きく、パソコン作業にも困りません。さすがにパソコン+マウスとかはしんどいでしょうが、ノートパソコンでの書類作成くらいなら難なくこなせます。

大きな座席テーブルがあり、読書灯も
読書灯

普通車指定席にはあまり多くない、読書灯もあります。読書灯があるJRの特急普通車指定席って少ないですよね。僕が今まで乗った中で記憶があるものだと、JR九州の特急787系にあった記憶があります(他にもあったと思いますが、記憶の範囲内ではありません)。

大きな座席テーブルがあり、読書灯も
読書灯をつけた様子

僕が乗ったのは昼だったことと、そもそも車内自体がめっちゃ暗いわけではないので、あまり読書灯を使うことはありませんでした。

最前部と最後尾の座席だけはコンセントが!車内のWi-Fiは残念ながらない

続いて車内のコンセント。グリーン車については全席にコンセントがあります。さらに、普通車についてもごく一部の座席にコンセントがあります。

最前部と最後尾の座席だけはコンセントが!車内のWi-Fiは残念ながらない
車端部にあるコンセント

各号車の車端部、つまり最前列と最後列にコンセントが付いています。コンセントは最前列・最後列の各座席1つにつき1つ、すなわち1つの車両に8箇所のコンセントがあります。

パソコン作業をする場合は、電圧の変動にご注意くださいとの案内があり、また使えるときは緑色のランプがつくので乗客のために設置されていることがわかります。携帯電話の充電などが心配な場合は、最前列か最後列の座席を確保しましょう。

残念ながら2021年現在、車内にWi-Fiの設備はありません。JR四国が一気に車内Wi-Fiの整備を進めたので、JR西日本も習って整備してほしいものですね。

お手洗いもいたって普通 必要十分の車内設備で北近畿への旅を

続いて車内の設備をご紹介します。

お手洗いはウォシュレットはないものの洋式

お手洗いは特急列車としては普通のお手洗いです。10年ほど前のものでしょうか。

お手洗いはウォシュレットはないものの洋式
お手洗いは洋式

さすがに和式便所ではなく洋式便所になっています。普通列車では一部の列車で、和式便所の場合もありますがさすがに洋式便所には更新されています。

お手洗いはウォシュレットはないものの洋式
ウォシュレットなどはない

ただし、最新型ではなく残念ながらウォシュレットなどはありません。最近の特急列車ではウォシュレットなどを備えたものも多くなっているので、是非とも装備してほしいですね。

お手洗いはウォシュレットはないものの洋式
ドアは自動開閉式

ドアは、新幹線などのお手洗いにあるように自動開閉式になっています。鍵は自分で閉めるタイプになります。

お手洗いはウォシュレットはないものの洋式
子供用の椅子も

お手洗いの内部に子供用のチェアもあります。小さなお子様連れのお客さんでも安心して利用できると思います。

洗面台も完備

洗面台がしっかり完備されていた点も印象的でした。

洗面台も完備
洗面台の様子

洗面台は車両の外側に向いている、つまり通路を人が通ると鏡に映った自分が見えてしまう場合が多いのですがこの特急こうのとり・きのさきではそんなことはありません。

洗面台も完備
車両の間

特急こうのとり・きのさきが通る山陰本線や福知山線はカーブが多い路線です。車間部を通る際は注意しましょう。

洗面台も完備
何があった場所…?

デッキの部分にはこんなところが…車内の公衆電話を置くには狭すぎる感じがするし、何が置いてあった場所なんでしょうか?何かわかる人がいらっしゃれば教えてください。

洗面台も完備
ゴミ箱も

もちろん、ゴミ箱もあります。が、特急きのさきの一部列車では、豊岡から城崎温泉の間で清掃スタッフの方がゴミの回収に来てくれました。JR四国でもあったサービスですが、かなりありがたかったです。

増結用の編成では、運転席が上の方に見えることも…

増結用の編成では運転席が見えることもあります。

増結用の編成では、運転席が上の方に見えることも…
運転席の様子

運転席のところを通って隣の車両へ行くんですが、上の方が地味に開いているんですよね。で、そこから光が差し込んでいます。

増結用の編成では、運転席が上の方に見えることも…
乗務員室の中を通る

もちろん、乗務員室の中をガッツリ通るわけではありません。運転席もしっかり見えるわけではありませんが、カメラで覗き込むことができます。

増結用の編成では、運転席が上の方に見えることも…
増結時の通路

増結時の通路って秘密基地を進むような感じが物凄いするので僕は大好きです。

今回の記事では特急こうのとり・きのさきの車内の様子や自由席の混雑状況などをご紹介してきました。参考にしてくださいね。

ジャンル「鉄道車両徹底解剖」へのリンク

また、これ以外にもさまざまな車両を「利用者目線から」紹介しています。こちらも参考にしてください。

今回の旅の記事はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました