「ひのとり」プレミアムシート 車内の雰囲気や揺れ、リクライニングなど

列車

2020年春にデビューした近鉄の名阪特急「ひのとり」。既にレギュラーシートについては記事を書きましたが、ついにプレミアムシートも利用しました。全然揺れない車内、そして快適なリクライニング。徹底的にレビューしていきます!

シートも素晴らしいし、揺れがかなり少ない車内!

既にレギュラーシートは乗っています。車内設備についてはこちらもご覧ください。

ひのとり プレミアムシート
プレミアムシートの旅!

プレミアムシート乗車記

あり得ないくらい、揺れない

まず乗ってみて一番感じたのが「全然揺れない」ということ。近鉄特急は全体的に揺れがなく快適です。しかし「ひのとり」は、単に揺れないのに加えてプレミアムシートとなっている先頭車1号車と6号車(一部編成では8号車)は電動の揺れ防止装置がついているそうです。

その辺のことは僕も詳しいことが分からないのでここまでにしておきますが、とにかく素人でもレギュラーシートとの違いが分かるほど揺れが軽減されています。レギュラーシートは「ひのとり」に乗って大阪へ、名古屋へといった感じですがプレミアムシートは「ソファーに座ってたら大阪に・名古屋に着いていた」という感じ。これははっきり言って以前に乗った「しまかぜ」より快適です。

ほんとにソファーっていった感じなので、全く気にすることなくご飯を食べられます。行きは11時名古屋発、13時過ぎに大阪難波着だったので普通にお昼ご飯を食べていました。揺れないから電車内であることを気にする必要がありません。

揺れ防止がかなり効いていて、「座ってたら、気づけば大阪だ、名古屋だ」っていう感じ!

ハイデッカーならではの景色

そしてそんな「気づいたら大阪に・名古屋に着いていた」という車内で素晴らしい景色が楽しめます。「ひのとり」はプレミアムシートがある先頭車がハイデッカーになっています。

ひのとり ハイデッカー ビスタカー
手前のレギュラーシートと奥のプレミアムシートを比べると高さがまあまあ違う

残念ながら最前列は予約できませんでした。そしてさらに残念なことに、最前列でないとそこまで前面展望は楽しめませんでした。

最前列以外では思っていたほど前面展望が楽しめないのは乗ってちょっとがっかりしたことですが、それ以上に横の窓からの景色も素晴らしい。ハイデッカーになっているため、特に鶴橋到着前、布施あたりでの高架での景色はとても素晴らしかった。もちろん、それ以外も景色は素晴らしかった。

ひのとり 前面展望
3列目や4列目に行ってしまうと前面展望はちょっと厳しい…

ということで、前面展望の期待は裏切られましたが、ハイデッカーなので前面展望を楽しめなくても十分という感じ。

最前列でないと前面展望は期待できない、けど横からの景色は最高!

人は多い

何といっても揺れが全然違う。そしてテーブルもしっかりしている。ということで、次も機会があればおそらくプレミアムシートに乗ります。

が、そう感じている人はもちろん多く、レギュラーシートに比べてかなり埋まっています。このコロナの渦の中でも。ということは、今後もほぼ満席で運行されるんでしょうね。レギュラーシートのほうが空いているという、逆転現象が普通に起こるのがこのプレミアムシート。まあ、快適性を考えたら全然安いし。

プレミアムシートは快適なぶん、ほとんど満席。特に進行方向先頭車。レギュラーシートのほうが空いているっちゃあ空いている…

最高のリクライニングシート

今回の「ひのとり」は全席バックシェルを採用しているのがウリのひとつ。ということで気兼ねなくリクライニングができる最高の座席。

仮眠したくなくてもしてしまう

プレミアムシートは電動リクライニング。ここはレギュラーシートとは違います。こういったところで差をつけているんですよね。

そしてこのシート、感覚的にはほぼフルフライトっていうくらいに倒れる。そして何より、このまくら、形が変えれるんです。逆三角形の形にすると本当に頭の乗りがいいんですよね。

そしてフットレスト(足を載せる部分)はレッグレストから出てくるタイプ。前の座席との間隔が広いため、その方が正解。

ひのとり プレミアムシート
とにかくスペースにゆとりがある

まくらが逆三角形になるのがめちゃくちゃ快適

広いテーブル

そしてプレミアムシートには広いテーブルもついています。アーバンライナーのデラックスシートとは違って奥行きもちゃんとあります。

ひのとり プレミアムシート テーブル
松坂牛をがっつり広げます

お弁当も気兼ねなく広げられます。パソコン作業とかも余裕。

レギュラーシートは前の座席の背面に大きなテーブルがついています。が、プレミアムシートは前の座席の背面にテーブルをつけてしまうと遠すぎるんですよね。から、ひじ掛けから出すタイプになっています。真ん中で折りたたむタイプになっており、折りたたんだままでも使えます。

かなり広くて快適なテーブル!

ひのとりのレギュラーシートはの乗車記はこちら!

最近、ちょっと本腰を入れて近鉄特急の記事を拡充しています。

コメント

  1. […] 「ひのとり」プレミアムシート 車内の雰囲気や揺れ、リクライニングなど2020年春にデビューした近鉄の名阪特急「ひのとり」。既にレギュラーシートについては記事を書きましたが、 […]

タイトルとURLをコピーしました