特急にちりんシーガイアに乗ってきた!自由席でも全然座れる!特に延岡から大分は乗客は少ない

九州
この記事は約4分で読めます。

日本の在来線特急として最長の特急にちりんシーガイア。この特急は博多から宮崎空港を毎日1往復しています。片道約5時間、かなりのロングラン特急です。

今回はこの特急にちりんシーガイアに、宮崎空港から小倉まで乗車しました。特急にちりんシーガイアはかなり自由席が多いため、自由席でも余裕で座ることができます。今回はこの特急「にちりんシーガイア」を徹底的にレビューしていきます。

特急にちりんシーガイア
宮崎空港駅にて

特急にちりんシーガイアは自由席でも座れる!ただし、小倉=博多間は注意

特急にちりんシーガイアは自由席がほとんどです。

特急にちりんシーガイアは自由席でも座れる!ただし、小倉=博多間は注意
普通車自由席の座席

特急にちりんシーガイアは、途中の小倉で進行方向を転換します。宮崎空港・宮崎よりの1号車はグリーン車となっています。この特急にちりんシーガイアに使われる787系には、グリーン個室があります。グリーン個室のレビューなどについては、YouTubeなどを見ているとたくさんあるので気になる方は見てみてください。

特急にちりんシーガイアの場合、2号車が普通車指定席で残りの3号車から6号車が普通車自由席となります。一部の特急「にちりん」では3号車が普通車指定席となることもあります。特に繁忙期でなくかつ、複数人での旅行であれば3号車がオススメ。コンパートメント座席が自由席として解放されています。

この特急にちりんシーガイアが走る区間のうち最も端の区間である、小倉から博多の間では通勤需要が大きい模様です。JR九州は「ホームライナー」などは走らせていない代わりに特急料金が安いため、自由席を多くしておくことで着席保証に近い形で利用する通勤客の便宜を図っているものと思われます。

特急にちりんシーガイアは自由席でも座れる!ただし、小倉=博多間は注意
相当な田舎を走っていく

また、宮崎から宮崎空港の間は、乗車券だけで特急列車の普通車自由席に乗車することができる「特例区間」となっています。この特例区間は乗客がそこそこいますが、特例区間を抜けると乗客は少なくなります。そして、「宗太郎越え」と呼ばれる宗太郎峠の区間、延岡から大分間はかなり乗客は少なくなり、僕が乗った際(上りの特急にちりんシーガイア)は1両に5人程度しか人がいませんでした。

普通車指定席の方がかなり車両数が少ないこともあり、普通車指定席の方が混雑する傾向にあります。JR九州の特急列車ではよく見られる光景です。そのため、あえて指定席を確保する必要はないのではないか、と思います。

にちりんシーガイアはコンパートメント座席(個室)も自由席!

3号車から6号車の4両が自由席となっています。その中でも、この特急にちりんシーガイアでは自由席となる3号車が見所ばかりです。

3号車はもともとビュッフェがあった車両です。現在では、JR九州ではビュッフェの営業は行われていません。そのため、現在では一般の車両に変更されています。そういった背景があって、天井はかなり高くなっています。また、網棚がないため、原則として手荷物を足元に置くしかありません。それもあって、座席間隔はかなり広く、なんとグリーン車より広くなっています。

にちりんシーガイアはコンパートメント座席(個室)も自由席!
元々は食堂車で、一風違った雰囲気を出している3号車

さらに4号車より、小倉寄りの半分はコンパートメント座席に。このコンパートメント座席、当たり前に指定席だろうと思っていて僕は使わなかったのですがまさかのこの座席は自由席です。自由席特急券で乗れてしまうのです。それも博多から宮崎空港までの5時間以上、自由席特急券で個室に乗れてしまう。恐ろしい、JR九州の特急です。

にちりんシーガイアはコンパートメント座席(個室)も自由席!
セミコンパートメント席がある3号車は自由席としては知っています

なお、この3号車にあるコンパートメント座席が自由席となるのは「にちりん4号の土曜・休日と6号・にちりんシーガイア5・18号」(2021年9月現在)です。これ以外の列車では指定席となり、3人以上での利用に限定されます。また、自由席として運転される際は、名前の通り「自由席」ですので他の方と相席となる可能性があります。

特急にちりんシーガイアは、特に上りの博多行き列車において、通勤客が比較的多い小倉=博多間で帰宅時間帯と重なります。帰宅ラッシュにストライクではありませんが、小倉から乗ってくるお客さんは多いように思いました。

ぐるっと九州きっぷなどのフリー切符を使えばお手頃に乗れる!

JR九州は先ほどからも少し触れているように、特急料金が他のJR各社と比べて安いです。新幹線特急料金こそはそこそこ高くなるものの、在来線特急は総じて安い。

ぐるっと九州きっぷなどのフリー切符を使えばお手頃に乗れる!
ぐるっと九州きっぷ

新幹線との乗り継ぎ割引を採用していないJR九州ですが、乗り継ぎ割引がない分安くなるということなのでしょうか。実際、この特急にちりんシーガイアの自由席特急料金は、

博多・小倉=宮崎(宮崎空港) 1,680円
大分=宮崎(宮崎空港) 1,520円
延岡=宮崎(宮崎空港) 950円

となっています。宮崎からであれば、博多までも小倉までも特急料金が変わらないと言うのも驚きですが、とにかく安い。

さらに、JR九州が発売している魅力的な企画乗車券として「ぐるっと九州きっぷ」があります。このきっぷは、14,300円で3日間JR九州全線が乗り降り自由となります。JR全線が乗り降り自由となる「青春18きっぷ」とは違い、別途特急券を購入することで特急列車や新幹線にも乗車することができてしまうお得なきっぷです。このきっぷを利用すれば、名前の通り「ぐるっと九州」を一周することだってできちゃいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました