東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記

中部
この記事は約3分で読めます。

東海道・山陽新幹線で主力列車として走るN700系新幹線。東海道新幹線N700系新幹線(16両編成)のグリーン車に乗車してきたのでレビューします。

東海道新幹線はすべて16両編成で、どの列車であっても8号車〜10号車がグリーン車となっています。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
8~10号車がグリーン車となっている

GREEN CARのマーク、新幹線で見ると格別ですね。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
グリーン車の入り口

グリーン車に入ります。グリーン車は原則、車両そのものが「グリーン車」となっており、普通車のお客さんはやむを得ない場合を除き通り抜けもできないこととなっています。新幹線通勤をしているお客さんが多くなる朝の時間帯などでは、階段が近いグリーン車から降りようとするお客さんが一部いるため注意の放送がされていたこともありました。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
普通車と比べて圧倒的に落ち着きがある

グリーン車は、普通車と比べて圧倒的に落ち着きがあります。東海道新幹線の普通車は青を基調としたシートになっていますが、グリーン車は茶色を基調としたシートになっています。それ以外にも、グリーン車は普通車と違ってカーペット敷きになっています。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
座席間隔は広いが、あまり分からない

座席間隔も広くなっていますが、正直あまり分かりません。グリーン車は、普通車と比べて快適性を重視していることもあって、座席そのものが大きくなっています。座席本体が大きく、背もたれも分厚くなっているため、座席間隔は分かりにくいのが正直なところです。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
読書灯

グリーン車には読書灯が付いています。本を読む人がグリーン車に乗る、というよりは、グリーン車は落ち着いた雰囲気になるように全体的に暗くなっているため、手元で何かする人のためにはあったほうがいいだろうという配慮だと思われます。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
背面テーブルに加えて肘掛けのテーブルもある

背面テーブルに加えて肘掛けから出てくるタイプのテーブルもあります。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
フットレスト

もちろん、グリーン車ですからフットレストもあります。右側のペダルを踏むことで高さを調整することができます。床のカーペットと同じ模様の面は、靴を履いたまま利用してもOKということらしい。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
広げるとこんな感じ

広げるとこんな感じになります。座面と同じ模様の面となります。この面は、靴を脱いで利用しましょう。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
肘掛けにコンセントがある

グリーン車には全席にコンセントがあります。肘掛けにあります。最新のN700Sでは、普通車でも全席にコンセントが装備されたので、コンセントのためにグリーン車という需要は確実に減っていくことでしょう。新幹線は全国的に、全席にコンセントを装備する方向に向かっています。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
読書灯とヒーターのスイッチ

読書灯とヒーターのスイッチは肘掛けにあります。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
落ち着きのあるグリーン車の車内の様子

グリーン車の魅力はなんといっても落ち着きのある空間。座席ももちろん豪華ですが、新幹線で片道2時間半とか座っている程度では大差は感じません。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
喫煙ルームもグリーン車専用

喫煙ルームもグリーン車専用の喫煙ルームがあります。

東海道・山陽新幹線 N700系グリーン車 乗車記
グリーン車の座席

グリーン車の座席はこんな感じ。雰囲気が一番大きいと言いましたが、こうやてみるとやっぱり、座席も普通車と比べて豪華ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました