名古屋と大阪の間の移動方法総集編 単純比較と、メリット・デメリットの徹底比較

中部
この記事は約5分で読めます。

名古屋と大阪、その直線距離は139km。大阪から東京の直線距離400kmに比べれば随分短いです。

ちょうどいい感じの距離でありながら大都市間の移動であることがあり、多くの移動手段があります。今回はそれらをご紹介したいと思います。僕がいちばんオススメするのは、費用対効果がいちばんいい近鉄特急です。

移動方法片道あたり通常価格片道あたり最安値所要時間オススメ度
東海道新幹線6,680円4,280円1時間程度★★★★☆
近鉄特急4,540円3,500円程度2時間程度★★★★★
高速バス3,000円1,800円3時間30分程度★★★☆☆
JR在来線3,410円1,140円3時間程度★★☆☆☆
単純比較表

最速でメジャー 新幹線

名古屋から大阪への移動手段で最もメジャーなのが新幹線です。メリットとしては、

  • ダントツのスピード
  • 本数が圧倒的に多い
  • 梅田へのアクセスには乗換が必要だが近い
  • JR「大阪市内」制度が使える

ことが挙げられます。

50分以下で名古屋と新大阪を結ぶのぞみが最大1時間に12本走っており、各駅停車のこだまに乗っても途中の停車駅は3駅、こだまでも1時間程度です。スピードの面では新幹線に勝つものはありません。

また、大阪・梅田方面へ用事があるのであれば新幹線が便利です。新幹線は新大阪に到着するため、残念ながら都心ではありません。が、新大阪から梅田までは1駅、途中には駅が一切なく普通列車に乗っても先着するため利便性は高いです。

ただし、デメリットとして、

  • やや高い
  • 難波などの繁華街からは遠い

ことが挙げられます。新幹線であるため、特急料金が高くなってしまいます。こればっかりはどうしようもない。また、名古屋と比べて大阪は都市圏が大きい分、都市内での移動にもそこそこ時間を要することになります。新大阪駅は、大阪の”都市エリア”からは少し外れたところにあるため、大阪市内の繁華街へは少し遠いと言わざるを得ません。

名古屋から大阪へ、新幹線で移動するための格安きっぷ

高いことがデメリットとして挙げられる新幹線ですが、方法によってはやや安くすることもできます。なお、今までは主流であった「金券ショップ」で回数券のバラ売りを購入する方法は、2022年3月をもって東海道新幹線の回数券廃止が発表されたため近々使えなくなります。なお、年会費有料のEX予約を使えば普通車指定席が直前でもお得に予約できますが、今回は年会費等が不要で購入できる方法をご紹介します。全てこだま号(一部例外で、早朝のみひかり号乗車可能なものもあり)限定のものです。

方法予約期限や条件値段(片道あたり)
EXこだまグリーン早特3日前まで・グリーン車7,680円
EXこだまファミリー早特3日前まで・2名以上4,280円
ぷらっとこだま(普通車指定席)1日前まで・JR東海ツアーズで予約4,500円
ぷらっとこだま(グリーン車)1日前まで・JR東海ツアーズで予約6,400円
東海道新幹線の割引

スマートEX(年会費無料の、東海道・山陽新幹線チケットレスサービス)やJR東海の子会社・JR東海ツアーズのホームページから購入するとお得です。なお、「ぷらっとこだま」は列車が限定されており、朝の時間帯や夕方の時間帯など、混雑する時間帯の列車はそもそも予約画面に出てこなかったりします。

また、普通運賃や学生であれば学割運賃を使い、自由席に乗るのも意外と快適でオススメです。

速達性と本数意外ではトップ!近鉄特急

僕が最もオススメするのが近鉄特急。スピードでこそ新幹線には劣るものの、他の点ではかなり新幹線を圧倒しています。

近鉄特急の魅力はなんといっても快適性・安さ。新幹線と比べて圧倒的な快適性があります。2020年にデビューした近鉄の新型名阪特急「ひのとり」はレギュラーシートでも新幹線のグリーン車並みの座席間隔を誇ります。さらにその上をいくプレミアムシートは、新幹線とは比にならない快適性です。

近鉄の名阪特急については、今までも何度も記事で紹介しているのでこちらもご覧ください。

近鉄の名阪特急もまた、安くする方法がいくつかあります。新幹線とは違い、近鉄は「乗車券+特急券」を原則別々で購入する必要があることに注意してください(新幹線と同様、駅窓口でお願いすれば同時に両方を発券してもらうこともできます)。

方法値段(片道あたり)購入方法
名阪ビジネス回数券(14枚綴)1730円駅窓口・券売機
近鉄株主乗車券1,000円〜1,900円金券ショップ等
近鉄乗車券の割引

なお、2022年3月までであれば近鉄全線フリーパスが3,000円で購入できます。3日以内に往復するのであれば片道実質1,500円と、回数券よりさらにお得になります。

安い、が必ずしも最安とは限らないので注意!高速バス

最も安い手段となるのが高速バス。高速バスは早割なども新幹線・近鉄と比べて充実しています。

片道3時間〜と、それなりに時間はかかりますが安く移動できるのが魅力。早割などをフル活用すれば片道2,000円以下で移動することもできます。

高速バスは、とりわけ名古屋から大阪などの需要がある路線ではさまざまなバス会社が運行しています。ので、新幹線や近鉄のように単純比較が難しいです。「バス比較なび」などの、高速バス価格比較サイトなどを利用して予約するといいでしょう。

青春18きっぷなどを使えば超格安にも!JR在来線で名古屋から大阪へ

最後にご紹介するのが「青春18きっぷで名古屋から大阪へ移動する」という方法です。青春18きっぷは、日本全国のJR全線が乗り降り自由なきっぷで、5回分の回数券がセットになって価格は12,050円。1枚あたりで計算すると2,370円ほどです。

特に日帰りで名古屋-大阪間を往復するのであれば片道あたり1,140円ほどと、かなりお得になります。ただし、普通列車限定のため特急や新幹線には一切乗車できません。やや、旅行慣れした人向けの切符という感じはあります。

ちなみに、名古屋から大阪までであればクロスシート(2人がけのシート)がメインの新快速・特別快速が走っています。そのため、普通列車だけでも案外あっさり移動できてしまいます。

なお、これ以外にも新幹線や特急に格安で乗るための方法をご紹介しています。こちらも参考にしてくださいね。

コメント

  1. […] 名古屋と大阪の間の移動方法総集編 単純比較と、メリット・デメリットの徹底比較大都市同士でありながらもそこそこ距離が近い大阪と名古屋。この間は色々な移動手段があるから何を […]

タイトルとURLをコピーしました