名古屋から日帰り東京旅行 ずらし旅でお得に旅行

日記
日記関東・甲信越
この記事は約7分で読めます。

最近はしばらく、仕事やらなんやらで忙しかったのですがちょっとお休みをとって遊びに行くことに。JR東海が発売している「ずらし旅」を使って東京に行くことに。

今までの旅では、東京は通過ばっかりでまともに観光とかしたことがありませんでした。今回は完全に「名古屋から日帰り東京の旅」です。

東海道新幹線のぞみ号で名古屋から東京へ

今回は列車限定型のきっぷですので、普通車指定席です。朝8時半に名古屋を出発するのぞみ210号で名古屋から東京へと向かいます。

東海道新幹線で東京へ

東海道新幹線で朝食

今日はせっかくの休日、朝はギリギリまで寝ていたかったので起きてすぐに家を出てきました(別に寝坊したわけではありません)。確信犯でギリギリに起きたのです。

新幹線のぞみ号

名古屋駅で朝食を購入。そして新幹線へ乗り込みます。久々の旅行、そしてしばらく旅行は減りそうなので朝から奮発して天むすをいただきます。

朝食はてんむす

パッケージに「冷めても美味しいお米」と書いてありましたがまさにその通り。美味しいお米はたくさん食べてきましたが、ここまで「冷めても美味しいお米」は初めてです。

冷めたご飯でも美味しかった

6個って多くね?とも思いましたが、いい感じの大きさでぺろっと完食。朝食を終えたら記事執筆の作業をしたり、のんびり車窓を眺めたりして過ごします。

新幹線のぞみ号で東京へ

品川で下車

今回は品川で下車することに。列車限定型の切符ではありますが、EX予約などでは東京と品川が同一扱いされていると聞いたことがある。ので、まあ問題ないだろうと考え下車します。もちろん、問題ありませんでした。

品川に到着

今回のきっぷ、格安きっぷなのに「都区内」制度が適用されるんですよね。ということで、このきっぷで浜松町まで向かいます。

品川駅

このきっぷを使わずとも、今回はSuicaで使える「のんびりホリデーSuicaパス」を使うのでいいのですが。

浜離宮庭園をのんびり散策

浜離宮庭園へやってきました。

浜離宮庭園でのんびり

浜離宮庭園は、海水を引き入れた池があるのが特徴。海水の池ならではの生き物もいます。

都会のビルの中で

江戸自体には徳川将軍家の庭園となっていました。また、江戸城の「出城」としての役割も果たしていましたが、明治時代以降は皇室の離宮となりました。その後、名称を「浜離宮」とかえ、終戦直後の1945年11月には東京都に譲り渡され、整備ののちに1946年から公開されています。1952年11月22日には「旧浜離宮庭園」として国の特別名勝および特別史跡に指定されました。

落ち着いた雰囲気

とまあ、そんな施設なのですが、この浜離宮庭園の魅力はなんといっても都会の中で静かな景色が楽しめること。高いビルに囲まれた東京で、ここだけ違う時間が流れているかのような雰囲気です。

栗林公園が雰囲気的には近いか

庭園の感じとしては高松の栗林公園が近いか。

花が咲いていた

写生などをしている人もおり、都会の喧騒とはかけ離れた雰囲気です。ここで気づいたら1時間くらいのんびりしていました。

羽田空港で昼食、そしてスカイツリーへ

昼食を食べるのですが、特に昼食も決めていない。今回のフリーきっぷでは東京モノレールも乗り降り自由。なら久々に羽田空港にでも行ってみるか、ということになり羽田空港で昼食を取ることにしました。

羽田空港へ

羽田空港の「自由が丘バーガー」

羽田空港は、2020年2月から3月にかけてロンドンに行ったとき以来です。久々の羽田空港。

東京モノレールに乗車

モノレールで羽田空港へと向かいます。

空中散歩

東京モノレールは初めてですが、なかなかいい。海の上を飛んでいく感じが楽しい。

羽田空港が見えてきた

そんなことを考えていたら羽田空港に到着です。今回はモノレールの中で探していて見つけた「自由が丘バーガー 羽田空港店」に行ってみることに。

ANAの出発ロビー

が、なかなか見つからない。空港って、地味に地元の名産とか多くって食事できるところたくさんあるんですよね。

見つけました「自由が丘バーガー」。このバーガーが、もちろん美味しい。美味しいんだけど食べにくい。どうやって食べるのが正解なのか…?まあ、ひとり旅だし誰も見てないだろうから、こぼすの覚悟で包みの中で思いっきりかぶりつきました。案の定。包みの中はえらいことになっていました。

自由が丘バーガー

このコーラもなんだか不思議な味だった。レモンをめっちゃ強くして蜂蜜混ぜたような?まあでも美味しいからなんでもOKです。

羽田空港第2ターミナル

さて、ランチも満足し、飛行機も眺めたので都内へ戻ります。次の行き先は…決めていません。モノレールに乗って戻るのは確実なので、とりあえずモノレールへ

モノレールで戻る

東京スカイツリーへ

次の行き先はスカイツリーになりました。

スカイツリーは10年ほど前だったか、建設されてすぐの頃に行ったことがあります。が、相当昔なので新鮮な感じです。

京浜東北線

JRと地下鉄を乗り継いで押上へ。

地下鉄で押上へ

スカイツリーのエリアは東武が開発しており、飲食店もかなり充実。今回はそちらには立ち寄らずスカイツリーへ直行。

スカイツリー

今日使用している「ずらし旅」には、「選べるクーポン」がついており、このスカイツリーの入場券に交換することもできます。本来ならば2,700円かかる「天望回廊」まで入れます。スカイツリーには「天望デッキ(350m)」と「天望回廊(450m)」があり、追加料金なしで一番上まで行けてしまう太っ腹さ。

スカイツリー

スカイツリーを満喫

東京の街を眺めます。ここからは写真メイン。

天望回廊の独特の窓

天望回廊は独特の形になっています。外から見るとチューブが巻き付いたような。

写真中央に東京タワー

写真中央に東京タワーが見えます。東京駅周辺の方面ですね。

東京ドーム

東京ドームも見えます。

ガラスの床

ガラスの床。かなり怖い。

成田空港へ、そして新宿を経由して帰りはグリーン車で帰路へ

続いての行き先はまたまた未定。まずは東京駅方面へと戻ります。

東京駅へ戻る

成田エクスプレスがあったので、成田空港へ行くことに

総武線で東京駅まで戻ってきました。

東京駅

東京駅です。まだ、帰りの新幹線までは時間があります。どこへ行こうか、と時刻表を見ていると成田空港行きの特急成田エクスプレスがあったので乗ることに。ちょうど、成田エクスプレスも記事を書きたいなあと思っていたのでちょうど良い。

成田エクスプレス

成田エクスプレスについてはいつも通り、紹介記事を出します。

成田空港でのんびり

成田空港は2ヶ月ぶりくらい。飛行機を使うわけでもないのになんでこんなに来てるのか笑笑

成田空港

今回は空港第2ビルにも足を運びました。ハワイ・ホノルルに行く際はANA利用だったので第1ターミナル・南ウィングでした。

北ウイング

北ウィングも地味に初めてかも。こちらはスカイチームに加え、コロナ禍で運航を開始したJAL系列の中長距離LCC「ZIP AIR」が出ています。

第2ビル

そして第2ターミナル。こちらはJALをはじめとしたワンワールドの航空会社がメインです。

JALの機材

成田空港を満喫したので首都圏へ戻ります。ここまでの流れでお分かりいただけるでしょうが、行き先が決まっているわけがない。とりあえず、終点の新宿までの成田エクスプレスの特急券を購入。

成田エクスプレスで新宿へ

ということでやっぱり、新宿まで来てしましました。

新宿駅

新宿駅をふらふらしたのですが、迷子になりかけました。駅の改札がわからない、よくわからない場所に出てしまった。ということで、諦めて東京駅に戻ることに。新宿で何か食べようかなと思ったのですがもう少し時間がある時に迷子になりながら回った方が良さそう。

東京駅で塩ラーメン 新幹線のグリーン車で帰宅

東京駅に行けばラーメン街があることは知っている。で、ちょうどラーメンの気分だったので東京駅でラーメンを食べることに。

気分的に塩ラーメンでしたが、塩ラーメンの店がすごい並んでいる。時間を確認するとまだ余裕がありそうなので塩ラーメンに突っ込むことに。待っていると大学生らしき6人くらいのグループが出てきました。これで一気に列が進む。

東京駅で塩ラーメン

塩ラーメン、さっぱりしていて美味しい。これは満足です。

ラーメンを食べたので帰路へ。帰りはのぞみ111号のグリーン車を押さえてあります。

のぞみ号で名古屋へ

のんびり買い物をしてからホームへ上がったらちょうど良い時間。岡山行きの最終のぞみ号だと思います。

帰りはグリーン車を利用

グリーン車はやっぱり快適。東京から名古屋までの1時間半、普通席でも全然快適ですが1,000円なら払っちゃうかなあ。

グリーン車のおしぼり

のぞみ号なのでおしぼりももらえます。ゴミも回収してくれます。

グリーン車の落ち着きある車内

グリーン車で記事の執筆を進めていたら名古屋に到着です。久々の旅、日帰りの東京でしたがかなり満喫できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました