ワイキキ・トロリー レッドライン〜のんびりワイキキの街を観光するにもオススメ!〜

ハワイ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はワイキキトロリーのレッドラインについてのご紹介です。ワイキキトロリーのレッドラインは、ワイキキエリアの文化的な観光地を回るルートとなっています。実際に途中で降りて観光できるとよかったのですが、僕は時間がなかったため、ワイキキトロリーレッドラインの最終便に乗車しました。そのため、途中で下車してその後の便で帰るということが出来ませんでした。しかし、僕が乗った便は運転手さんがとてもフレンドリーな方で、とても面白い旅となりました。今回はそんなワイキキトロリーレッドラインをご紹介したいと思います。

ワイキキ・トロリーの乗り方

ワイキキトロリーはもともとワイキキに来る観光客向けに作られたトロリーです。そのため、観光客が楽しむことができるようなサービスがあります。以前の記事で、ワイキキトロリーのインクラインやブルーラインをご紹介しました。その時にも書いたのですが、僕はあらかじめ全日空のサイトで四日間のチケットを購入していました。そのためそのチケットでレッドラインにも乗車することができました。四日間のチケット等については別の記事でも紹介していますのでご覧ください。

文化的観光地を周るコース・ワイキキ・トロリーレッドライン

最初にも書いた通り、ワイキキトロリーレッドラインはワイキキの文化的観光地を回るコースとなっています。実際に、車内では運転士さんが所々で見える施設を案内してくれます。そのため、実際にそこで降りることができなくてもどんな場所か考えながら見ることができます。

国立墓地に登っていくところの坂から、ワイキキの街が一望することができます。ここでは写真を撮るために運転手さんがバスのスピードを落としてくれます。ダイヤモンドヘッドも見ることができます。

こちらが国立墓地です。日本の墓地とは違って、墓石等はありません。しかし、星条旗が立っているなどアメリカらしい墓地だと思います。ここでは基本的にはバスを降りることができず、バスは徐行で構内を進んでいきます。ワイキキの街中とは異なり、非常に静かな場所になっています。ただし、墓地と言うこともあり観光地ではありませんので、バスの中から見る程度で充分だと思います。そのようなことも考えてワイキキトロリーは運行されているのだと思います。

こちらが観光地としても有名な、ハワイ出雲大社です。出雲大社がハワイにもあるんです。ここで僕の便は、5分ほど止まってくれました。僕は実際に降りて写真のように手前まで行ってみました。この時、運転手さんが気をきかせて写真を撮ってくれました。

最初にも書いたように、僕が乗ったのはレッドラインの最終便でした。そのため、国立墓地から降りてきてアラモアナセンターに着く前に写真のようにとてもきれいな夕日を見ることができました。僕は次の日に帰国と言う予定だったので、このようなきれいな夕日が見れて非常に良かったと思います。

運転手さんがとてもいい人だった!

何度も書いてきましたが、僕が乗った便はとても運転士さんがいい人でした。当然この運転士さんは、ヘッドラインのみを担当しているわけでは無いでしょうし、毎日運転しているわけではないでしょう。 なのでここに書くのもどうかと思いますが、ワイキキトロリーの良いところだと考えるのでここに書いておきたいと思います。レッドライン以外に乗ろうと考えている人も参考にしてくださいね。

まず、この運転手さんはとてもアナウンスがうまかったです。僕以外にも、日本人の客が何人かいましたので、可能な限り簡単な英語で案内をしてくれました。その上、案内の内容も面白いものでした。例えば、Apple Storeの前を通るとき、Apple製品と言うのは使いやすくて外見が良くてそして高いなどと、ジョークを交えた案内をしてくださいました。日本語でこれを言ってもあまり面白くないかもしれませんが、アメリカ人はこういったジョークを言います。そして、言い方次第ではこのようなジョークがなかなか面白いのです。

運転士さんは、僕のことを見て当然僕が日本人だとわかってくださいました。そのため可能な限り簡単な英語で僕に話しかけてくださり、写真を撮ってあげようかなどと声をかけてくれました。1番最後、バスがTギャラリアに到着する前には少し世間話のような話もしました。観光バスならではのことだったと思います。僕は、この時運転士さんに「こんばんわ」と言われて、「Good evening(グッドイブニング)」ではなく「Good night(グッドナイト)」と返してしまいました。せっかく運転士さんが頑張って覚えた日本語で話しかけてくれたのに、ありえないようなミスをして返してしまいました。これが唯一の後悔です。またハワイに行く機会があれば、ワイキキトロリーに乗ってあの時の運転手さんともっと自然に英語で話したいと思います。


途中でもご紹介したように、これ以外にもホノルル旅行に関する記事を多く公開しています。実際にこれから行こうと計画されている方、現にホノルルに居られてこれから何をしようかと考えておられる方どちらにも参考になるように書いているつもりです。可能な限り、思ったことをそのまま書くように心がけています。ぜひとも他の記事もご覧ください。

コメント

  1. […] ワイキキ・トロリー レッドライン〜のんびりワイキキの街を観光するにもオススメ!〜今回はワイキキトロリーのレッドラインについてのご紹介です。ワイキキトロリーのレッドライン […]

  2. […] ワイキキ・トロリー レッドライン〜のんびりワイキキの街を観光するにもオススメ!〜 […]

タイトルとURLをコピーしました