イギリス・ロンドンでのクレジットカード 現金がないと困る?

クレジットカード

今回はイギリス旅行の中でのクレジットカード事情について。海外旅行となるとどうしてもお金が必要です。しかし、自分の行ったことのない場所で大金を持ち歩くのは怖い…実際に僕も現金を持っていなかったから救われたことがありました。詐欺に遭ったんですね。

この詐欺に遭ったとき、僕は運よく現金をほとんど持っていませんでした。そのため被害は最小に抑えられたのです。

ということもありますし、それ以上に海外では日本よりキャッシュレスが進んでいます。ので、イギリスを含めた海外へ行くときは僕はクレジットカードを使うようにしています。

今回はイギリスでのクレジットカード事情を紹介していきたいと思います。

イギリスでオススメのクレジットカード

僕は、上で記事にした詐欺の時以外、イギリスで現金を使うことは全くありませんでした。ので、クレジットカードメインで行っても全く問題ないと思います。というよりむしろ、イギリスで生活していると現金を使っているのは少数派、その大半が日本人や中国人をはじめとしたキャッシュレスが進んでいない国の観光客なのです。

イギリスへ行こうという方は、是非ともVISAかMasterCardを持っておくといいと思います。これらは確実に使えますからね。それから、ロンドンに関して言うと、アメックスも十分使えます。

ということで、カードを使った方がいいと思います。が、どんなカードがいいか。ズバリイギリスでオススメのクレジットカードはこれ!

旅行好きの学生に、ということで書いていますが、学生でなくてもオススメです!

このカード「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」は、海外旅行をする方のためのクレジットカードです。もちろん日本でも使えるカードです。が、海外旅行保険が充実していたりします。

そしてこのカードをオススメする最大の理由が「海外利用でボーナスポイントがもらえる」ということ。一般の方であれば海外利用でポイントが2倍、学生であればポイントがなんと6倍になります。

海外利用がオトクなクレジットカードを使おう。まだ特に何も持っていないなら「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」はオススメ!

イギリスのクレジットカード アメックスは使える?

さて、ここでAmerican Express Cardをオススメしましたが、ここで気になる方もおおいであろう「イギリスでアメリカンエキスプレスは使えるの?」ってこと。

結論言います。アメックスのカードは全く問題なく使えました。僕は現地での決済は基本的にアメックスでしていました。もう少し厳密に言うと、アメックスをiPhoneに登録して、Apple Payで主に支払いをしていました。

Apple Payはコンタクトレス対応のクレジットカードで支払ったことになります。コンタクトレスは、店舗によってはある一定以上の額になると使えないという制限があったりしますので、たまにカード本体が必要なこともあります。ただ、「アメックスは使えない」ということは一度もありませんでした。念のために今家計簿を確認しましたが、アメックス以外のカードはイギリスでは使っていませんでした。

イギリスに関してはアメックスが使える!

イギリスでJCBは使える?

結論言います。観光する場合、ほとんど使えないと思った方がいいです。

観光する場合JCBは使えないことが多い、のです。日常生活ではJCBも多少使えます

逆じゃないの?と思った方もおられるかもしれませんが、「観光の場合はJCBだけでは困る」のです。どういうことかというと、コンビニのようなところ、チェーン店はJCBに対応しているところが多いです。日本の例を考えてみましょう。日本だって、コンビニはかなりの種類のキャッシュレス決済に対応しています。中国のカードブランドなどにも対応していますよね。一方、そういったチェーン店以外は、「VISA,MasterCard,JCB」のみだったりしますよね。店舗によってはここに「American Express,DinarsClub」などが入るくらいで、中国最大のブランド「銀聯」がある小規模店舗ってあまり見ないですよね。

イギリスも同じで、観光地などは基本的にほとんどJCBが使えないと思った方がいいです。逆にチェーン店は使えますが、わざわざ観光に行ってチェーン店ばっかり、ではないですよね。

イギリス観光ではJCBがほとんど使い物にならないので注意!VISAかMasterCardを持っておこう。

イギリスでクレジットカードが使えないことはある?

もう、これはほとんど今までにも書いてきましたが…

結論言うと、ありません。絶対とは言い切れませんが、僕は現金を一切使いませんでした。さすがに現金を一切持たずに行くのは不安だと思うので、5千円程度を両替しておけばいいと思います。両替しなくとも、クレジットカードの海外キャッシングを使えばいいと思います。

現金のみのお店はほとんどない!

現金のみというお店は、イギリスにはほとんどありません。日本の現状考えると少し理解しがたいかもしれませんが、「現金お断り」のお店も増えつつあるのがヨーロッパの現状です。日本ではキャッシュレスが進んだとはいえ、現金中心でカード「も」対応という感じですが、イギリスでは、カード中心で現金「も」対応と思った方がいいです。

イギリスではデビットカードも普及

イギリスではデビットカードも使えます。クレジットカードと違って即時引き落とし、というタイプのカードです。

僕も一枚持っていきました。デビットカードはクレジットカードと比べて還元率が良くないというデメリットがあり、また通帳に逐一記帳されるのがうっとうしくて僕はあまり使わないのですが、クレジットカード=借金している、という感覚が嫌な人にはオススメです。

イギリスはカードメインの社会。クレジットカードは・・・という場合はデビットカードも使える!

現金も持っていないと不安。ならばクレジットカードのキャッシングを

現金を持っていないと不安、ってこともありあますよね。そこで現金を用意するためにオススメしたいのがクレジットカードの海外キャッシング。クレジットカードの、と書きましたが、キャッシングについてはデビットカードのほうがオススメです。

キャッシングとは

キャッシングとは、簡単に言えばクレジットカードを買い物に使うのではなく、クレジットカードから現金を引き出すこと。後日カードの登録口座から引き落とされます。

ただし、これはカードの利用とはいえ、現金を一時的に借りる、すなわち完全な「借金」になるので(借金とはいうものの、悪いことではありません。必ずしもお金がない人が使う借金ではありませんから。)、利息が必要になってきます。それに加えて、現地のATM利用手数料等がとられることがあるので、多少損することになってしまいます。

キャッシングにはデビットカードを!

しかし、このキャッシングでオススメしたいのがデビットカードの利用。デビットカードは即時引き落としになるため、要はATMを使っているのと同じになります。即時引き落としなので、当然利息もありません。

ATMの手数料がひかれますが、大した額ではありません。僕は後程確認したら110円の手数料しか取れれていませんでした。日本のATMの手数料より安くない?ってのが正直な感想ですね。

両替するより海外キャッシングを使った方が楽だしオトク。海外キャッシングはデビットカードを使うのがオススメ。


今回はロンドンでのカード事情について紹介してきました。ロンドンに行く場合はクレジットカードは必須です。参考にしていただければと思います。

これ以外のロンドンに関する記事はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました