北海道の景色を楽しむなら逃すな!世界遺産・知床五湖の観光

北海道
この記事は約8分で読めます。

世界自然遺産に登録されている知床。特大スケールの大自然はまさに見もの。

この知床半島はずっと行ってみたくて、今回やっとスケジュール的に行けそうになったので思い切って行くことに。今回は、知床五湖観光を徹底的にご紹介します。

知床五湖へのアクセス

世界自然遺産に登録されている知床、アクセスはお世辞にもいいとは言い難いです。でも、JRとバスが接続していたりと考えられています。それ以上に、アクセスが悪いところに苦労して行くだけの価値がある。

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで

網走と釧路を繋ぐJR釧網本線。この釧網本線の知床斜里駅が最寄り駅です。

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで
最寄駅となる知床斜里駅

この知床斜里駅、釧網本線の中では大きな駅。遅い時間帯になると網走方面からの終着駅としても設定されいる駅です。駅舎もかなり綺麗。

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで
知床斜里駅は綺麗な駅舎

この知床斜里駅でバスに乗り換えます。知床斜里駅前には「斜里バスターミナル」があり、そこからバスは発着します。ここのバスターミナルの窓口で切符を購入することもできます。ただし、PayPayでの支払いはバス車内のみです。逆そうな感じがするのですが…

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで
斜里バスターミナルから知床五湖方面のバスが出る

先程も書いたように、斜里バスはJRとの接続が考えられています。よっぽど遅い時間を除き、バスから釧網本線の列車にスムーズに乗り継げます。もちろん、逆も然り。

斜里バス株式会社 | 路線バス(知床線)
知床自然体験プログラム 路線バス 定期観光バス 貸切バス 知床エコツアー オリジナル商品 知床 観光 世界遺産 

こちらに時刻表があります。斜里バスはシーズンによって時刻表が変わりますので、最新の時刻表を公式サイトで確認してから乗るようにすることをオススメします。

このバスから見える景色は「まさに北海道」。オホーツク海を眺めながらバスは少しづつ進んでいきます。

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで
ウトロ温泉街を見ながら進んでいく

斜里バスの最も大きなターミナルは「ウトロ温泉バスターミナル」です。名前の通り、ウトロ温泉街の中心に位置するのが「ウトロ温泉バスターミナル」。このウトロ温泉バスターミナルを中心に様々な方面へバスが出ています。

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで
斜里バスのウトロ温泉ターミナル

そして、今回紹介しているこの知床五湖〜知床斜里間だけは需要があるため、ウトロ温泉バスターミナルの前後を直通して運転されています。例外的な路線と思っていいでしょう。

そのため、時間帯によっては知床斜里駅から、ウトロ温泉バスターミナルで乗り換えて知床五湖駅へ、あるいはその逆、知床五湖駅からウトロ温泉バスターミナルで乗り換えて知床斜里駅へ向かった方が早い場合もあります。ウトロ温泉バスターミナルから知床五湖を繋ぐバスもあります。

JR釧網本線・知床斜里駅からバスで
斜里バス車内は、路線バスというより高速バス

僕が今まで回ってきた北海道の観光地の中では異質で、駅前のターミナルを通らないバスが設定されています。

5月のゴールデンウィークには一部区間でバス増便も

ゴールデンウイーク期間や、夏休み期間は一部区間でバスの増便も行われています。

5月のゴールデンウィークには一部区間でバス増便も
知床観光の拠点となる「知床自然センター」

知床五湖の前の駐車場は有料であるうえ、駐車できる台数が少ない。そのため、特に繁忙期は駐車場待ちのための車の列ができるそうです。

5月のゴールデンウィークには一部区間でバス増便も
知床自然センターから知床五湖方面へバスがでる

一方、知床五湖から少し離れるけれども、知床自然センターには大きな駐車場が用意されています。知床自然センターに車をとめ、そこからバスで知床五湖へ行くというルートが推奨されています。知床自然センターから知床五湖までの道も封鎖されていたりだとか、知床五湖の駐車場が閉鎖されているわけではありません。

が、実際に知床五湖まで行ってみると駐車場は少なめ。観光客が多くなる時期は確かに車は入りきらなさそうなので知床自然センターに停めてバスを使うのがベターでしょう。

車で網走方面から2時間程度

先ほどからフライング気味で書いていましたが、車で行くこともできます。仮に知床五湖まで車で行くにしてもまずは知床自然センターを目指すしかないので、知床自然センターまで行くことを前提に書いておきます。

車で網走方面から2時間程度
途中で進行方向右手に見えるオシンコシンの滝

車で行く場合、知床方面へ行くのですが帯広方面を経由する方法と網走方面を経由する方法があります。札幌方面からであればどちらを経由しても遠いことに変わりはありません。

ただ、おそらく新千歳空港などでレンタカーを借りて知床五湖方面へ行く人はかなり少数派だと思います。札幌から知床五湖までは、高速道路を駆使しても10時間以上の道のり。よっぽど車で北海道周遊なんかしてなければ無理な距離です。

そこで多くの人は、網走・北見への玄関口となっている女満別空港に降りそこから車で行く、あるいは網走駅や北見駅などで車をかりてそこから車で行くということになるかと思います。

車で網走方面から2時間程度
知床五湖周辺はすべて世界遺産であることもあり、自然が豊か。

知床五湖観光の所要時間は?レクチャーの時間は?長靴は必要?

知床五湖を観光できる時間や条件は時期によって異なります。

地上遊歩道|知床五湖
地上遊歩道は五湖から一湖全ての湖がご覧い...

最新情報は、公式サイトをご覧ください。

知床五湖の観光には、時期によってレクチャーが必要だったり、ツアーのみだったり

原則として、高架木道は入場料や条件は特にありません。ただし、知床五湖をみることができる地上遊歩道の観光には条件があります。

簡単にまとめてしまうと、

  • 開園〜5月上旬(2021年時点では5/9まで)はレクチャーを受ければ一人で散策が可能
  • 5月中旬〜7月いっぱいまではツアーのみでの観光
  • 8月〜閉園まではレクチャーを受ければ一人で散策が可能

となっています。

ツアーは回りたいコースによって値段が変わります。レクチャーの場合の料金は大人(12歳以上)250円、小人(0歳-11歳)100円となっています。

知床五湖の観光には、時期によってレクチャーが必要だったり、ツアーのみだったり
10分程度のレクチャーが義務付けられています

営業時間と観光の条件

営業時間は時期により異なります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

知床五湖 二つの歩き方|環境省
知床五湖公式サイト。知床五湖の二つの歩き...

9月いっぱいまでは18:00まで営業、そのごは17:00か16:00までの営業となります。

また、地上遊歩道については、ヒグマが目撃された場合には閉鎖となることがあります。観光客の皆さんの身の安全を守るための措置なのでやむを得ないでしょう。

営業時間と観光の条件
レクチャー等なしで進むことができる「高架木道」はここまで

高架木道はレクチャー等なしで入ることができます。名前の通り「高架」になっており、ヒグマに襲われる危険性がないためです。そこそこ奥まで高架木道は続いていますが、一湖しか見られないという難点があります。

営業時間と観光の条件
真ん中より少し左にヒグマの頭が見える

実際に僕が行った時もヒグマを見ることができました。高架木道から見ることができました。これが地上遊歩道で会ったら遊歩道閉鎖ということになりますが…

長靴は知床自然センターで借りられる!

ここ知床五湖を観光するためには長靴が必要な場合があります。

雨が降っている日は長靴が必須ですし、雨が降ったあと数日も長靴が必要です。長靴がないと入れないわけではないのですが、靴はおそらく使い物にならなくなります。

僕が行った日は、前日まで雪が降っていましたが溶けた雪でベトベトでした。長靴がなければ悲惨なことになっていたでしょう。おそらく、翌日以降のために新しい靴を調達するしかなくなっていたと思います。

というわけで長靴が必須なんですが、長靴を家から持って行くのも…って感じですよね。場合によっては長靴なんて家になかったり。

そういう人のために知床自然センターで長靴を借りることができます。長靴を借りていた人は結構いました。バスで知床斜里方面から行く場合、一度バスを降りる必要が出てきますが、長靴は借りたほうがいいと思います。

僕が調べたところ、知床斜里駅周辺で長靴を借りることができる場所はなさそうです。ここか知床五湖のレクチャーセンターで借りることができたらもう少し効率がいいのに、残念です。

長靴は知床自然センターで借りられる!
雪が降った後も足元は悪くなるので長靴が必要

世界遺産・知床を満喫しよう

ということで観光するための条件などを書いてきましたが実際に観光しました、という話に入っていきましょう。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ

知床五湖は世界遺産だけあって絶景です。これぞ北海道という感じ。ですから、知床方面へきた際は是非とも知床五湖に足を運ぶことをオススメします。確かに最寄りえきは釧網本線の駅。とてもアクセスがいいとは言い難いです。

しかし、それだけ苦労して行った価値があるだけの景色が待っています。ということで、今回の知床五湖の旅行の写真を一挙載せていきたいと思います。僕は知床五湖の「5つの湖」が、唯一全て見ることができるコースである大ループを回りました。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ
五湖

まずこれが五湖。山の中を少しづつ進んでいくと目の前が一気にひらけて五湖が見えてきます。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ
四湖

ちょっといくと四湖が見えてきます。四湖は五湖と比べてやや大きいのが特徴。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ
三湖

続いて見えてくるのが三湖。三湖には中央に島があります。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ
二湖

そしておそらく一番大きいと思われる一湖。小ループでも見ることができるのがこの二湖です。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ
一湖

最後の一湖。奥にはひらけた大草原がある(このひらけた所に高架木道もある)のが魅力的。景色がかなりいいですよね。

知床五湖を散策しよう!おすすめはやっぱり大ループ
高架木道から見た一湖

一湖は高架木道からも見ることができますが、やっぱり地上からみる方が迫力があります。

知床五湖は1人でも楽しめる

知床五湖に、今回は一人で行きました。

知床五湖は景色を楽しむ観光地、という感じなので一人でも十分楽しむことができます。むしろ、一人旅の方が景色を自分のペースで思う存分楽しめていいかもしれない。

知床五湖は1人でも楽しめる
大自然が堪能できる知床五湖。

今回、僕が知床五湖に行ってみた一番の反省点が「知床五湖周辺、ウトロ温泉街などで宿泊をしなかった」こと。これが一番で、かつ唯一の反省点です。ウトロ温泉街は知床五湖からバスで15分程度の場所。ウトロ温泉街からはただ単に知床五湖へのアクセスがいいだけではなく、知床クルーズなど別の見方で知床半島を楽しむこともできます。

知床五湖周辺は、思いの外みるべきところが多く、日帰りで行くのはあまりに酷でした。僕のように北海道周遊をしていて時間がないならば日帰りで行くという選択もあるかもしれません。それでも十分楽しむことができます。でも、もし時間があるのならば、是非とも宿泊も検討してみてはいいのではないでしょうか。

僕も次回ここへ足を運ぶときは、是非とも泊まりで行きたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました