「特急スーパーおき」「スーパーまつかぜ」の車内・座席の徹底紹介 2両編成で混雑するので注意!

西日本
西日本鉄道車内徹底紹介
この記事は約10分で読めます。

新山口から益田・出雲市・松江・鳥取など、山陰方面を結ぶ「特急スーパーおき」号。2両編成の短い特急ですが、県が出資した高速化事業によってかなりのスピードで走る特急です。また、車内から見える海の景色も絶景。

そんな特急スーパーおきの車内をご紹介します。また、自由席の混雑状況についても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スーパーおき・スーパーまつかぜは2両編成の短い特急列車だが、かなりのスピードで走る

後ほどご紹介するように、スーパーおきが走る山陰区間の鳥取県と島根県が出資して山陰線の高速化が行われています。そのため、2両の短い編成ながらスーパーおきは高速で山陰線を駆け抜けます。

スーパーおきの時刻表〜新幹線との接続も良いダイヤ〜

スーパーおきとスーパーまつかぜのダイヤはこちらから

https://www.jorudan.co.jp/time/rosen_スーパーおき.html

https://www.jorudan.co.jp/time/cgi/time.cgi?eok1=&Cmap1=&rf=tm&pg=0&eki1=スーパーまつかぜ&Dw=0&Dym=202111&Ddd=6&S=検索&Csg=1

スーパーおきは1号〜6号までの3往復となっており、本数はやや少ない印象です。一方、スーパーまつかぜは1号〜12号まで、6往復ありやや本数は多くなります。出雲市〜鳥取間を中心に運転されており、鳥取に近づくほど本数は多くなります。一方で、特急スーパーおきしか足を伸ばさない山口方面はかなり本数が少なくなっています。

スーパーおきの時刻表〜新幹線との接続も良いダイヤ〜
特急スーパーおき(新山口駅にて)

また、新山口を発着する「特急スーパーおき」は新幹線との接続も良いです。新山口駅は、完全パターンダイヤではありませんが、おおよそ1時間に1本のペースで新幹線の最速達便「のぞみ」が停車します。こののぞみ号との接続はよく考えられています。

自由席はかなり混雑するので注意!また指定席も窓側は埋まりがち

特急スーパーおきは2両編成の特急です。自由席が1両、指定席が1両の合計2両で、グリーン車はありません。

指定席・自由席ともに1両づつしかないこともあって、座席はかなり混雑します。特急スーパーおきは、指定席の窓側座席については、前日の時点ではすでに満席となっていました。

スーパーおきの時刻表〜新幹線との接続も良いダイヤ〜
自由席の車内の様子

自由席はこの通り。特に特急「スーパーおき」(新山口発着)の新山口〜益田間は本数が少ないこともあって混雑します。一方、益田から鳥取の間は、同区間で完結する特急「スーパーまつかぜ」が走っていることもあり、ややお客さんは減る傾向にあるようです。

やや減るものの、混雑することに変わりはありません。窓側座席は確実に埋まっていると言っても過言ではありません。特に、この区間ではD席が海側で非常に景色が綺麗です。このD席は、始発駅で早めに確保する必要があるでしょう。

混雑する新山口〜益田間では8割型の座席が埋まっており、隣の人がいることを嫌ってデッキに立つ人も5名ほどいる程度です。

スーパーおきは、山陰線を高速で結ぶ長距離特急

スーパーおき、スーパーまつかぜは山陰各都市を結ぶ特急です。山陰と瀬戸内海を結ぶ特急には「スーパーおき」の他に「スーパーはくと」や「やくも」があります。この「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」の特徴は、山陰の主要都市を串刺しに結ぶことです。「スーパーはくと」や「やくも」は新幹線と接続して、瀬戸内海側から山陰側を結ぶことに徹しています。

スーパーおきは、山陰線を高速で結ぶ長距離特急
車体側面に描かれた牡丹の花

僕が乗車した車両側面には島根県の県花である牡丹の花が描かれていました。中には鳥取県県花であるの二十世紀梨の花が描かれた車両もあります。

この山陰線はもともとは地方ローカル線のような路線でした。大昔は貨物列車も走っていたものの今では貨物列車も無くなりました。

鳥取県・島根県は「山陰新幹線」を期待しています。でももちろん、現在の特急列車などの利用状況を見るになかなか厳しいことも理解していると思われます。そこで、島根県と鳥取県が共同で出資して山陰線の高速化事業を行いました。具体的には、島根県・鳥取県両県がJR西日本に対して出資して駅の改良工事(特急列車がスピードを落とさずに通過できるようにする)やトンネルの建設などを行いました。

これにより、鳥取駅から米子駅間で1時間10分かかっていたものが57分へと、13分ほど所要時間が短縮されました。

スーパーおきは、山陰線を高速で結ぶ長距離特急
特急スーパーおき(出雲市駅にて)

これにより、大幅に山陰本線の所要時間は短縮されています。こういった、島根県・鳥取県両県の出資に感謝するという形で、島根県・鳥取県の県花があしらわれているのが特急「スーパーおき」です。

運行区間イメージ
JRおでかけネットより

こちらの路線図を見ていただいてわかるように、特急スーパーおきともなるとかなり長い区間を走行します。

スポンサーリンク

座席まわりの設備は快適 ただし、設備は最小限

座席周りの設備は最小限の設備です。しかし、長時間乗車することも想定した座席周りの設備になっています。

JR西日本ではスタンダードな座席設備

特急スーパーおきの座席は、JR西日本の特急としては標準的な座席です。先ほどもご紹介したように、特急スーパーおきは自由席・指定席ともに大変混雑をします。そのため、同じ座席を配置している特急「こうのとり」で撮影した写真を使って解説します。

JR西日本ではスタンダードな座席設備
座席

座席は至って普通。あえて言うなれば、多少座席の背もたれの部分が薄いかな、と思わなくもありませんがそんなに気になりません。でも、かなり快適です。

JR西日本ではスタンダードな座席設備
リクライニングも倒れる

リクライニングもかなり倒れます。後ろの人への配慮も必要ですから、リクライニングを好き放題倒して寝たいという場合は最後尾の座席を確保するといいでしょう。

大小2つのテーブル

JR西日本の特急列車の特徴として、大小2つのテーブルが用意されている場合が多いです。

大小2つのテーブル
肘掛けから出るテーブルは、飲み物などを置く用か

肘掛けから出てくるテーブルには飲み物などを置くことができます。座席を回転して向かい合わせにして使用するときに使えるようにとの配慮でしょう。ただし昨今の新型コロナウイルスの影響で、座席を向かい合わせにして使用することは基本的に遠慮するようにお願いされているので、あえてこれを使う意味がないこともまた、事実です。

大小2つのテーブル
背面テーブル

そしてこちらが背面テーブルです。結構広い。ビジネスで使うお客さんのことも配慮して、パソコン作業などができるようになっています。

もっぱら僕は最近、パソコンを持ち歩くことを減らしてiPad Air4+Magic Keyboardを持ち歩くようになりました。そのため、大抵の場合は小さなテーブルで事足りてしまいます。が、JR西日本の特急に装備されているテーブルにはありがた迷惑でペットボトルのホルダーがついています。これが盛り上がっていてiPadやパソコンを置くと安定しないのです。

大小2つのテーブル
iPad Air4を置いた様子 パソコン作業もしっかりできる

というわけで、パソコン作業をするなら背面テーブルを使いましょう。

お手洗いが1箇所しかないので注意!車内販売も一切ないことも注意!

特急スーパーおきは2両編成です。最前部と最後部(運転台の部分)には扉・デッキがないため、車間部のみにデッキがあります。デッキの部分には微妙にスペースがあるのですが、残念ながら自動販売機などは設置されていません。また、車内販売もありません。特急スーパーおきともなるとかなりのロングランになるので必ず飲み物などをあらかじめ購入しておきましょう。

お手洗いが1箇所しかないので注意!車内販売も一切ないことも注意!
デッキにあるスペース

デッキには、立っているお客さんを想定していると思われるクッションなどもあります。自由席は8割型埋まっており、あえてここに立っているお客さんも見受けられました。

お手洗いが1箇所しかないので注意!車内販売も一切ないことも注意!
パンフレットも置かれている

もともとは車内販売の設備などがあったのか?車掌室があったのか?よくわかりませんが、パンフレットが置かれています。この山陰地域を走る観光列車「あめつち」や「奥出雲おろち号」などのパンフレットがありました。

お手洗いが1箇所しかないので注意!車内販売も一切ないことも注意!
お手洗いの様子

お手洗いは1箇所しかありません。そして、2両編成の特急でかなり満席に近くなることが多いです。というわけで、トイレは埋まっていることも多いので注意しましょう。ヤバそうな時は早めにトイレに行ってトイレ前で待機した方が良さそう。

お手洗いが1箇所しかないので注意!車内販売も一切ないことも注意!
洗面台ももちろんある

洗面台ももちろんあります。古くもなく新しくもない洗面台、でも自動で水が出る蛇口にはなっています。

お手洗いが1箇所しかないので注意!車内販売も一切ないことも注意!
ウォシュレットなどはないが…

ウォシュレットなどはありませんが、手をかざして水を流すタイプになっています。

スポンサーリンク

Q&A

特急スーパーおき/スーパーまつかぜに車内販売・自動販売機はありますか?

ありません。とりわけ特急スーパーおきはかなり長い区間を走るのであらかじめ駅でしっかり購入しておきましょう。また、島根県・鳥取県が出資して高速化事業まで行なったこともあり、スピード重視です。そのため、途中駅でホーム自販機を使えるほどの停車時間がないこともまた事実です。

特急スーパーおき/スーパーまつかぜのトイレはどこにありますか?ウォシュレットはついていますか?

トイレは2両編成の、車間部の部分(先頭車両なら後側、後方車両なら前側)にあります。1箇所しかなく、混雑するので注意しましょう。

ウォシュレットはついていません。

特急スーパーおき/スーパーまつかぜにコンセント・Wi-Fiの設備はありますか?

ありません。携帯電話などは十分充電しておきましょう。また、Wi-Fiがないだけではなく特に山がちな山口線ないでは4G/3G/LTEなどの電波も通じない場合があります(もちろん5Gも…)。映画など観たければあらかじめダウンロードしておきましょう。

特急スーパーおき/スーパーまつかぜの自由席は座れますか?指定席は直前でも確保できますか?

特急スーパーおき/スーパーまつかぜの自由席はかなり混雑します。また、前日夜の段階では指定席の窓側が既に埋まっていることも多いです。e5489のチケットレス特急券の対象路線となっているので、指定席を利用するのであればチケットレス特急券を早めに購入しておくことをお勧めします。チケットレス特急券であれば、予定が変更となっても窓口へ行かずスマホで変更が可能であり、さらに変更回数に制限もありません。

特急スーパーおきの海側はどちらの席ですか?景色がいい座席はどこですか?

D席が海側です。新山口・益田→出雲市方面であれば偶数番号の座席が、出雲市→益田・新山口方面であれば奇数番号の席を確保できると前に余計な支柱がなく、日本海の景色を楽しみやすくなります。

スポンサーリンク

九州・瀬戸内海と山陰各地を結ぶ重要な特急列車

ここまでで特急スーパーおきの車内をご紹介してきました。最後に、特急スーパーおきの車窓をご紹介します。別の記事で、ここの山陰本線の区間についてまとめました。

九州・瀬戸内海と山陰各地を結ぶ重要な特急列車
山口線は山の中を通る

新山口を出発して、山口線はどんどんと山の中に入っていきます。瀬戸内海から日本海側へと抜けなくてはならないのです。

九州・瀬戸内海と山陰各地を結ぶ重要な特急列車
津和野川を左手に見ながら進む

列車は、津和野川を左手に見ながら益田方面へと進みます。

九州・瀬戸内海と山陰各地を結ぶ重要な特急列車
益田駅

山陰線と山口線の結節点になっており、山陰本線のターミナル駅の1つでもある益田駅です。

九州・瀬戸内海と山陰各地を結ぶ重要な特急列車
日本海を見ながら進む

益田から出雲市にかけてはかなり海に近いところを走ります。この区間は、クルーズトレイン「トワイライトエクスプレス瑞風」の走行区間にもなっており、また、スピードを落として走行する区間にもなっています。特急スーパーおき号は、高速化事業まで行なっているのにここでスピードを落としていては元も子もない、かなりのスピードで一気に通過していきます。

九州・瀬戸内海と山陰各地を結ぶ重要な特急列車
出雲市駅に到着

出雲市駅に到着です。出雲市駅は特急やくもや寝台特急サンライズ出雲号なども発着する、ここもまた山陰のターミナル駅の1つです。

スポンサーリンク
参考になったらぜひシェアしてね!
InstagramとYouTubeも見てね!
ドルフィン日記

コメント

  1. […] 「特急スーパーおき」「スーパーまつかぜ」の車内・座席の徹底紹介 2両編成で混雑するので注意!新山口から山陰各都市をつなぐロングラン特急「スーパーおき」、山陰各都市をつな […]

タイトルとURLをコピーしました