特急しなの号の自由席の混雑は?割引きっぷは?座席の様子は?

中部
中部鉄道車内徹底紹介関東・甲信越
この記事は約8分で読めます。

名古屋から中央線の中津川、木曽福島、塩尻、松本を経由して長野までを結ぶ特急しなの号。JR東海の在来線の中でも比較的本数の多い特急列車であり、利用客数も多い列車です。

特急しなの号に乗る上で自由席には座れるのか?座席の様子・車内設備は?お得なきっぷは?などといった疑問にお答えします。

特急しなの号の自由席の混雑は?割引きっぷは?座席の様子は?
特急しなの号(名古屋駅にて)

特急しなの号の自由席は、土日は特に混雑する!ネット予約にも注意が必要!

特急しなの号には原則、自由席車両が2両用意されています。ただ、この自由席車両、2両とも結構混雑したりするので注意が必要です。

土日は指定席を取る価値あり!平日の昼間であれば自由席も比較的空席がある

特急しなの号の特徴として挙げられるのが、東海道新幹線などと比べて観光需要が非常に高いこと。ビジネス需要を中心に莫大な利益を得ている東海道新幹線とは対照的に、特急しなの号は観光利用や帰省などでの利用が中心になります。

そのため、東海道新幹線と比べて自由席利用が多い傾向にあります。

自由席は、特に土曜日の朝と日曜日の夕方に混雑をします。3月の3連休の初日に特急しなの号に乗ったところ、自由席は名古屋駅発5分前の時点で窓側に空席がありませんでした。

したがって、観光客が多くなる土日や連休前日などに利用する場合、指定席を取ることをオススメします。

一方、平日の昼間などには空席が多くあります。

特急しなの号では、ビジネス需要があまり多くない。あえて言うなれば、東海道新幹線から乗り継いで多治見や中津川までか、中京圏から長野までの通しの需要くらい。東海道新幹線に比べると需要はかなり少なくなります。

そのため、特に平日の昼間などは自由席でも空席が目立ちます。平日昼間(概ね、始発駅を10時〜15時ごろまでに出発する便)では、自由席の窓側も半数程度が空いている状況になります。

平日昼間(概ね、始発駅を10時〜15時ごろまでに出発する便)に利用する場合、自由席でも十分であると考えられます。

土日は指定席を取る価値あり!平日の昼間であれば自由席も比較的空席がある
途中で車窓に見られる「寝覚の床」

土日は指定席も混雑する

なお、土日は指定席も混雑します。3月の3連休初日、朝の下り列車の指定席を確保して乗車したのですが、隣に知らない人がいました。

僕が指定席を確保したのは3日前、この時点で特急しなの号の普通車指定席については、窓側の空席が8割程度埋まっている状況。連休など、場合によっては直前には既に空席がないこともあり得ます。

次節で解説するように、特急しなの号ではネット予約サービスも利用できます。ネット予約サービスも活用して予約を確保したいところです。

土日は指定席も混雑する
3連休初日で指定席・自由席ともに混雑していた

特急しなの号をネットで予約する方法

特急しなの号のきっぷはインターネットで予約することができます。2022年4月からJR東日本のネット予約サイト「えきねっと」のきっぷの、JR東海駅での受け取りが可能になりました。これにより、特急しなの号のネット予約はえきねっと1択になったと言っても過言ではありません。

特急しなの号のネット予約は、2022年春まではかなり複雑でした。理由は、しなの号が名古屋から長野と、JR東海エリアからJR東日本エリアまで走る列車だからです。

しかし、2022年4月1日より、JR東海の各駅で「えきねっと」で予約したきっぷの受け取りが可能になったことにより、えきねっとでの予約が最も便利になりました。えきねっとでの予約では、JREポイントも貯まるため是非とも活用したいところです。

特急しなの号の予約にJR西日本のネット予約サービス「e5489」の利用はオススメしません。名古屋駅から木曽福島駅までのJR東海各駅ではJR西日本のネット予約サービスe5489が利用できます。ただし、長野などJR東日本エリア(塩尻駅〜長野駅)では、e5489の受け取りができません(JR東日本エリアでもe5489の受け取り自体は可能ですが、JR東海区間を含む予約は不可となっています)。

特急しなの号をネットで予約する方法
JR東日本との境界駅となる塩尻駅

特急しなの号の割引きっぷは少ない

特急しなの号をはじめとしたJR東海の特急列車は割引切符が少ないのが難点です。

きっぷの種類運賃・料金
自由席特急回数券(1枚あたり)12,760円
指定席特急回数券(1枚あたり)13,400円
木曽路フリーきっぷ(1人用・名古屋市内発)9,390円
信濃路フリーきっぷ13,620円
通常の運賃・料金(普通車指定席)14,920円
割引運賃の概要

特急しなの号の割引きっぷ

特急しなの号で使える割引きっぷは主に次のものがあります。

  • 信濃路フリーきっぷ・木曽路フリーきっぷ
  • 青空フリーパス
  • 回数券

これ以外に、学生であれば学割が、65歳以上などの一定の条件を満たせばジパング割引が使えます。

特急しなの号の割引きっぷ
長野行きでは進行方向右側に、姥捨の絶景が見られる

単純往復なら「信濃路フリーきっぷ」「木曽路フリーきっぷ」

単純に往復するのであれば「信濃路フリーきっぷ」「木曽路フリーきっぷ」がオススメです。また、JR東海が発売している「木曽路フリーきっぷ」は、人数が多くなるにつれてお得になる、という特徴があります。

発駅1人用2人用3人用4人用
三河エリア(豊川~豊橋・二川~蒲郡)10,750円13,880円17,010円20,140円
名古屋(市内)9,390円12,520円15,650円18,780円
岐阜エリア(岐阜~大垣)10,220円13,350円16,480円19,610円
四日市エリア(四日市~桑名)10,020円13,150円16,280円19,410円
木曽路フリーきっぷの運賃表

また、到着エリアではJRの普通列車が乗り降り自由になります。さらに、指定されたバス・タクシー・レンタカーを4,000円分ご利用になれるほか、宿場町などの一部店舗でグルメ&ショッピングにご利用になれる2,000円分のお買い物券やエリアの観光施設入場券が付いた「木曽路エンジョイチケット引換券」などがセットになっています。観光で利用する場合はかなりお得なきっぷです。

単純往復なら「信濃路フリーきっぷ」「木曽路フリーきっぷ」
特急しなの号は木曽路の観光にもってこいの特急列車

青空フリーパスは1日フリーきっぷ

青空フリーパスは、JR東海が名古屋地区を中心に発売するフリーきっぷです。価格(大人)は2,620円です。

青春18きっぷとは違い、別途特急券を購入することで特急列車にも乗車することができます。有効期間が1日で、1日で名古屋付近から木曽福島を往復すると元が取れていまいます。逆に、1日で往復する場合限定のきっぷとも言えそう。特急しなの号が走るエリアでは木曽平沢までがフリーエリアとなるため、その先の塩尻などへ行く場合は別途、乗り越し区間の運賃が必要になります。特急しなの号の停車駅では、木曽福島が利用できる端の駅となります。

また、青空フリーパスは東は豊橋まで、西は米原まで有効です。名古屋駅以外からでも使用できるのも大きな魅力です。

さらに、「青空フリーパス」は乗車券部分のみのきっぷなので、指定席特急券はネット予約を利用して別途、あらかじめ押さえておくことも可能です。

青空フリーパスは1日フリーきっぷ
名古屋地区はじめ、ワイドなエリアの列車に乗り降り自由となるのが「青空フリーパス」のメリット

特急しなの号の車内を紹介

最後に、特急しなの号の車内の様子をご紹介します。

コンセントやWi-Fiなどの設備はない

特急しなの号には、コンセントやWi-Fiなどの設備は整備されていません。時代の流れを考えると、少し残念な気はしてしまいます。

現在特急「しなの」号で使われている383系電車は1994年製造の車両です。当時、コンセントやWi-Fiなどを整備するという考え方は浸透していなかったので仕方ありません。

コンセントやWi-Fiなどの設備はない
列車内電話があったと思われるスペース

また、特急しなの号が走る中央線・篠ノ井線は、特に中津川〜篠ノ井の間で山間の区間となります。この区間では、携帯電話も繋がらないことが多々あります。

特急しなの号は、おそらく10年以内には更新時期に差し掛かるでしょう。調べたところ、JR東海の社長も新型車両を検討する時期に入った、と記者会見で述べています。特急しなの号より先に更新時期に入り、新型車両として発表された特急「ひだ」「南紀」のHC85系には、時代の流れに沿って全席にコンセント・Wi-Fiが整備されるそうです。特急しなの号も、この先どうなるのか楽しみに見守りたいと思います。

普通車は登場当時の古い座席ながらも快適 振り子式特有の揺れはあまり気にならない

特急しなの号の座席は、登場当初のままの座席です。

普通車は登場当時の古い座席ながらも快適 振り子式特有の揺れはあまり気にならない
特急しなの号の座席

座席は古いままですが、正直結構快適。1990年代に登場した車両とは思えない快適性です。何より、座席自体に結構高さがあります。そして、JR東海らしい、よくいえば落ち着いた単調な座席、悪くいえば余計な遊び心がない座席です。

普通車は登場当時の古い座席ながらも快適 振り子式特有の揺れはあまり気にならない
リクライニング機構もある

もちろん、特急列車ですからリクライニング機構もあります。ボタン式で、押すと倒れるタイプです。

普通車は登場当時の古い座席ながらも快適 振り子式特有の揺れはあまり気にならない
フットレストも装備

フットレストも装備されています。JR北海道の函館から札幌を結ぶ特急北斗号にもフットレストがついています。振り子式の特急には、なぜかついていることが多いですね。振り子式の特急列車が開発された当時の時代の流れなのでしょうか。

普通車は登場当時の古い座席ながらも快適 振り子式特有の揺れはあまり気にならない
座席背面のテーブルは、めちゃくちゃ大きいわけではない

座席背面にはテーブルがありますが、あまり大きくはありません。最近では、東海道新幹線をはじめとして座席幅いっぱいまで使った広くて薄いテーブルが主流となっています。

普通車は登場当時の古い座席ながらも快適 振り子式特有の揺れはあまり気にならない
使える範囲ではある

特急しなの号のテーブルはやはり東海道新幹線などと比べると小さい。ただ、食事やパソコン作業などで難を感じることはありません。快適に利用することができます。

車内設備も最低限ではあるが困ることはない

最後に車内設備をご紹介します。

車内設備も最低限ではあるが困ることはない
車内のお手洗い

車内設備は、1990年代に作られた列車であることもあり、「ここまでか!」といほどの設備はありません。しかし、繰り返しになりますが1990年代に作られた車両とは思えない設備。お手洗いも綺麗に保たれています。

車内設備も最低限ではあるが困ることはない
おむつ交換台

おむつ交換台などもしっかり整備されています。

特急しなの号は、大阪乗り入れが廃止されてからはそこまで長時間乗るような特急ではなくなりました(それでも長野から名古屋までは2時間半ほどかかりますが)。短いながらも快適な時間が過ごせるでしょう。

これ以外に紹介してほしい設備などがあればコメントで教えてくださいね。早急に対応はできないかもしれませんが、できるだけ早く対応します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました