沖縄に来たら沖縄美ら海水族館!那覇空港から遠いけど行く価値あり?自然はあるの?

沖縄
沖縄
この記事は約12分で読めます。

こんにちは。今回は沖縄美ら海水族館紹介です。

沖縄美ら海水族館は、沖縄観光としては非常に有名ですよね。僕も今回沖縄へ行って、実際に足を運んでみました。実際に調べてみればすぐ分かると思いますが、沖縄美ら海水族館は那覇空港からかなり遠いです。かなり遠い沖縄美ら海水族館ですが、実際に行く価値があるのかどうか。今回はそういったところも含めて紹介していきたいと思います。僕は個人的には、せっかく沖縄に来たならここ沖縄美ら海水族館へ行ってもいいのかなと思います。ただ、いいのかなと思うくらいで、絶対に行くべきとまでは思わなかったというのが正直なところ。詳しく紹介していきます!

沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある海洋博公園内の水族館。「チュらうみ」とは沖縄の言葉で「清ら(しい)海」という意味。

沖縄美ら海水族館へのアクセスは?

まず問題となるのが沖縄美ら海水族館へのアクセスです。最初にも書いた通り、調べればすぐにわかりますが沖縄美ら海水族館は那覇空港からかなり遠いです。基本的にはバスやレンタカーなどで行くことになると思います。僕は高速バスを利用しました。高速バスの中でも「特急」と言うものを使ったのに2時間程度かかりました。したがって、実際に沖縄美ら海水族館へ行こうと思ったら、沖縄美ら海水族館への入館料と同時に片道2000円弱の交通費までかかってくることになります。正直なところ言うと、単なる水族館ならばここまでのお金をかけるのはどうかと思う人もいるでしょう。僕も実際にそう思いましたが、今回の沖縄旅行は人生初の沖縄だったので、せっかくならば沖縄の観光名所沖縄美ら海水族館も行ってみようと思いました。なので実際に足を運んでみました。

僕が実際に利用したバス等については別の記事で詳しく紹介する予定です。沖縄美ら海水族館へのアクセスは、僕も実際に行こうと考えたときにかなりいろいろ調べたので、それをまとめたいと思います。ここでは簡単に書いておきたいと思います。沖縄美ら海水族館へ行こうと思ったら方法は主に3つしかないと思って良いでしょう。

まず1つ目が、レンタカーを使う方法です。グループで行く場合はこれが1番手っ取り早く、1番安く行けます。ただし、1人の場合高速を使う必要があるため、少し値段はかかることになるでしょう。高速道路を使っても那覇空港から片道2時間程度かかりますので、高速道路を使わずに行くと言うのはなかなか厳しいかと思います。当然途中で、他の観光地もありますのでそこへ寄っていくと言うならばアリかなとも思いますが、僕は1人であれば高速バスを使うことをお勧めしたいと思います。

そして2つ目が、上のレンタカーを使う方法の紹介で少し触れましたが高速バスを使う方法です。調べてもらえればわかると思いますが、那覇空港から沖縄美ら海水族館へはかなりの本数の高速バスが出ています。具体的には、多い時間帯であれば1時間に5本近く出ている時間もあります。少ない時間帯でも、1時間に3本が出ていたように思います。(これは詳しくは別の記事で紹介します)片道2時間程度かかりますが、沖縄の高速バスは車内でWi-Fiを使うこともできましたし、当然高速バスであるためリクライニングなども使えます。その上、本数が多いこともあり意外と混雑していません。少人数で行くのであれば、これが1番リーズナブルで便利な移動方法ではないかと思います。

最後に、バスツアーを利用する方法です。団体旅行でバスを使う場合も含みます。これの最大のメリットは、沖縄美ら海水族館への入場券までついていることがあると言うことです。実際に沖縄美ら海水族館行ってみると、団体旅行の客がとても多いなと思いました。今回は僕は上で書いた通り、バスツアーを利用したのではなく高速バスを利用したのでこれについては詳しくは書きませんが、バスツアーを利用するという方法を使うのも良いでしょう。ただし注意しなくてはならないのが、上に書いた高速バスより本数が少ないと言うことです。また、上に書いた高速バスは基本的には予約が不要です(予約することもできます)。しかし、バスツアーは予約が必要でさらに時間指定されるため、飛行機が遅れた場合などは少し面倒になってきます。

今回は沖縄美ら海水族館へのアクセスについて。沖縄美ら海水族館は、以前の記事でも紹介しましたか那覇空港から少し遠い場所にあります。車で片道2時間から3時間程度かかります。少し遠いと言うことで、沖縄美ら海水族館へのアクセスは沖縄美ら海水族館行こうって言う人には問題になってくるでしょう。僕も実際行く前に、どのように行こうかかなり迷いました。僕は今回、実際に高速バスを使って行きました。この高速バスはチケットを事前に購入することもできかなり便利でした。他の利用方法も含めて今回は紹介していきたいと思います。

実際にどのようなアクセスの方法があるかは、下の公式サイトに羅列してあります。今回この記事では、実際に使ってみて利便性なども含めて書いていきたいと思います。

アクセス・駐車場
沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)の営業時間、及び、入館料金などについて。団体や学校行事でのご利用は2割引で大変お得です。,海洋博公園

少人数なら高速バスがオススメ。Wi-Fiも利用可能!

少人数で沖縄美ら海水族館行くのであれば、最初にも書いた通り高速バスがお勧めです。実際に調べてもらえればわかると思いますが、かなりの本数の高速バスが出ています。基本的には予約も必要ありません。公式サイトには、満席の場合乗車することができませんと書いてありますが、実際よほどの繁忙期でなければ満席になる事はありません。よって、予約はほぼ不要と思って問題ないでしょう。

車内ではWi-Fiを利用することができます。このWi-Fiはそれなりにスピードが出ていました。このWi-Fiサービスは非常にありがたかったです。高速バスとは言え片道2時間。ちなみに僕が利用したのは特急と言う便だったので普通の高速バスを利用すると片道3時間ちかくかかるかと思います。その3時間で無料Wi-Fiが使えるのと使えないのでは勝手がかなり違いますよね。

沖縄エアポートシャトル

乗車券の購入 クレジットカードは使えるの?

乗車券の購入については、様々な方法があります。半分くらいの方は運転士さんに現金で払っていたように思いました。しかし、実際に沖縄エアポートシャトルはあらかじめ料金を支払っており、すでに乗車券を持っている人を優先して乗車させてくれます。そのため、あらかじめ乗車券を購入していくことをお勧めします。

支払いでクレジットカードが使えるのか、という問題ですがこれはかなり難しいです。結論を言うと、予約をせずにその場で支払う場合クレジットカードを使うことができません。この、那覇空港から沖縄美ら海水族館へのバスは主に2つあり、1つがやんばる急行バス、もう一つが沖縄エアポートシャトルです。他にも会社がありますが、この2つがメインになってくるかと思います。

まずやんばる急行バスですが、市内で乗車券を購入する場合以外クレジットカードは利用できません。ただし楽天Edyを使用することができます。楽天Edyは、実際に予約をせずに直接乗車する場合でも利用することができます。僕は楽天Edyの残高がなかったので今回は利用しませんでした。

もう一つ、沖縄エアポートシャトルですがこちらも乗車券を購入する場合以外クレジットカードは利用できません。こちらは、楽天Edyではなくスマートフォン決済である楽天ペイが使えます。ただし、こちらは実はクレジットカード払いをする方法があります。コンビニエンスストアで購入する場合です。ファミリーマートのファミポートで購入することができます。この購入ではクレジットカード払いも使用することができます(ファミポートでの購入の場合クレジットカード払いができないチケットも一部あり)。那覇空港から美ら海水族館へ行く場合、那覇空港にはファミリーマートがあります。このファミリーマートでファミポートを利用して購入すると言うのが良いかと思います。これ以外にも、当然ファミポートでの購入ですから全国のファミリーマートで購入できます。出発空港で購入すると言うことも当然できますので、出発空港には時間に余裕を持って着くと言う方が多いかと思います。なので僕は個人としては、出発空港のファミリーマートで購入することをお勧めします。なお、乗車券を購入すると言うことができるだけであって購入時点でバスの便を指定する必要はありません。指定できないのかと逆に思う人もいるかもしれませんが、先に書いたように満席になる事はほぼないので、飛行機が遅れた場合のリスクを考えるとこの方が圧倒的に良いのかなと思います。

僕は今回、沖縄エアポートシャトルと言うバスを利用しました。沖縄エアポートシャトルは、あらかじめ乗車券を購入しておくことができます。乗車券の購入は、ファミリーマートでできるので非常に便利です。僕は、当日「今から沖縄へ行こう」と思って沖縄へ行きました。そのため、予約とは言えインターネット以外予約する方法はないと思いました。インターネットを見ても、あらかじめ予約ができるのは前日までです。そのため、このコンビニで乗車券を購入できると言うシステムは非常にありがたかったです。僕は飛行機に乗る前、中部国際空港のファミリーマートで購入しました。往復で購入すると少し割引が効きます。また、ファミリーマートで購入する場合クレジットカードを利用することができます。沖縄エアポートシャトルにクレジットカードで乗車しようと思った場合、那覇空港では基本的に乗車することができません。市内の高速バスセンターのようなところへ行ってそこでクレジットカードを利用して乗車券を購入せねばなりません。僕は、現金を用意しておらず僕が口座を持っている銀行は沖縄県にATMを持っていなかったため、ごくわずかの現金で沖縄旅行をする必要がありました。また、ANAカードありがとうキャンペーンでの35万円決済があとほんの少しになっていたので、ここでクレジットカードを支えたのは個人的には非常にありがたかったです。

車内の様子
車内の様子

レンタカーを利用する方法

高速バスについては、かなり長々と書きました。次はレンタカーを使用する方法です。レンタカーについては、基本的にレンタカーを借りて高速を利用して沖縄美ら海水族館行くしかないのであまり書きません。

こちらは、ある程度の人数の集団で行く場合や家族で行く場合には良いでしょう。沖縄美ら海水族館には、レンタカーを使ってくる人を想定してしっかり駐車場もあります。実際に僕は高速バスで行きましたが、高速バスから車外を見ているとレンタカーはたくさん走っています。沖縄では、レンタカーは必須だと言うふうに考える人もいるので、レンタカーは非常にメジャーな手段であることは確かです。

ただし、何度も書いているように高速道路を利用する必要があります。そのため、レンタカーのレンタル料などを考えると少人数ではバスの方が安いと言う可能性もあります。ただし、当然少人数でもレンタカーは高速バスと違ってプライベートな空間であるというメリットもあるので、目的に合わせて利用するといいでしょう。

バスツアーを利用する方法

僕は一人旅だったため、この方法はあまり考えませんでした。そのためこんな方法があるのだという位で今回は留めておこうと思います。

バスツアーとは、那覇空港から送迎や沖縄美ら海水族館への入場券まで含めてツアーになっているものです。沖縄美ら海水族館への入場料まで含めると、高速バスと入場券を別々で買った場合より安くなると言うことも充分あり得ます。あらかじめ予定して沖縄美ら海水族館行く場合、この方法を利用するのも良いかと思います。

しかし、この方法のリスクとして飛行機が遅れた場合のリスクがあります。基本的にツアーの場合、あらかじめ時間を予約しておくことになるかと思います。僕は、予約をしていなかったために逆に沖縄の那覇空港に到着後、軽く昼食をとりすぐにバスに乗ることができました。時間を気にせずのんびり旅をしたいと言う人には向いていないかもしれません。

沖縄美ら海水族館!!!

さて、沖縄美ら海水族館に到着。いつも通り、この沖縄美ら海水族館の内部について細かく書くと日記に近くなってしまうため沖縄美ら海水族館内部の事は軽く済ませたいと思います。

沖縄美ら海水族館は、沖縄らしく沖縄でしか見られない魚がたくさんいます。魚と同時に、下の写真のようなウミガメもいました。このブログでも記事にした通り、つい最近某航空会社のウミガメ塗装の飛行機に乗って某アメリカのリゾート地へ行ったばっかりだったので親近感がありました(笑)大水槽には、ウミガメと同時にジンベイザメも2匹いて非常に見ごたえがありました。

沖縄美ら海水族館の観光所要時間は?

僕はゆっくりでもなく、また早足でもなく沖縄美ら海水族館を見て回りましたが、2時間程度かかりました。普通に見て回ろうと思ったら2時間程度、早足で見て回ろうと思っても1時間程度はかかると思います。また、グループだったり家族で見て回ろうと思ったら3時間ちかくかかる場合もあるかもしれません。

ちなみに、実際に行ってみると思ったよりかなり混雑していました。外国人観光客にも人気です。外国人観光客が一概にマナーが悪いとは言いませんが、残念ながら日本人と比べてマナーが悪い外国人観光客が多いのも事実です。特に、九州を周遊していたときには外国人観光客のマナーの悪さを感じた覚えがあります。しかし、ここ沖縄美ら海水族館は外国人観光客が多いにもかかわらず、非常にマナーの良い外国人観光客が多かったように思います。特定の国を批判するわけではありませんが、お隣の国との関係が悪化してお隣の国からの観光客が減ったために、日本人から見るとマナーが悪い外国人観光客が減ったと言うのもあるかもしれません。

沖縄美ら海水族館は、水族館以外にも様々な施設があります。これらの施設もゆっくり見て回るといいと思いますので、最低でも2時間程度、ゆっくりしたいのならば一日見ておくといいと思います。

水族館の周りの観光地は???海洋博公園のみどころ!

水族館の周りの観光地についてです。沖縄美ら海水族館は、水族館がただあるだけではなく海洋博公園という公園の中に水族館があると言う形態です。この海洋博公園には、沖縄美ら海水族館以外にも様々な施設があります。詳しくは下の沖縄美ら海水族館の公式サイトをご覧ください。

水族館周辺エリア
たくさんの海の仲間に出会えます!沖縄美ら海水族館は海洋博公園の中にあり、水族館周辺には、イルカやウミガメ、マナティーなどの海の仲間を見学できる施設があります。

周りの沖縄海洋博公園をかなり充実した施設になっています。詳しくは別の記事で紹介する予定ですが、ビーチの周りでのんびりできたりかなり良い場所です。

今回は沖縄美ら海水族館周辺にある海洋博公園のご紹介です。沖縄美ら海水族館というのはそもそも海洋博公園にあります。この海洋博公園はかなり広い公園で、個人的には沖縄でのんびりするのには向いているかなと思います。沖縄美ら海水族館が外国人観光客をはじめとして観光客で非常に混雑しているのに対し、なぜかこの海洋博公園はかなり人が少ないです。皆、沖縄美ら海水族館という派手なところに目がいってしまうのでしょうか。今回はそんな海洋博公園を写真も交えて紹介していきます。先ほども言ったとおり、 この海洋博公園では海を眺めながら非常にのんびりすることができます。沖縄美ら海水族館でデートをしたついでに行ってみてはいかがでしょうか。

海洋博公園

先ほども紹介したように海洋博公園という公園の中に沖縄美ら海水族館があります。そのため、海洋博公園目当てで来るという人はあまりいないでしょう。確かに僕も食べよう博公園という名前すら知らず沖縄ちゅら海水族館目当てでここへ行きました。アクセスについては書かなくても問題ないかと思います。 というのも沖縄美ら海水族館へのアクセスがこの海洋博公園へのアクセスになるからです。沖縄美ら海水族館をはじめとする海洋博公園へのアクセスは様々な手段があります。具体的に言うと高速バス・レンタカー・バスツアーなどでです。これについては別の記事で詳しく紹介してありますのでそちらをご覧ください。

海の見える展望台

ここの展望台は正式な名前がついているかわからないのでこういう書き方にしてもらいました正確な名前が知っている人がいれば教えてください。正確な名前はついていないかもしれません。というのも展望台といっても海が見えるような場所が何カ所かあって、一箇所ではないからです。ここについては文字で色々書くよりも写真を見てもらった方がいいでしょう。こんな素晴らしい景色が見られます。そして先ほども言ったように、沖縄美ら海水族館の方は人が多いのにこちらは非常に人が少ないです。非常にのんびりと綺麗な景色を眺めることができるので、ここをのんびり歩いてみてはどうでしょうか。

展望用デッキからのパノラマ写真
美ら海水族館と違って人は少ないです。
こういう場所、デートにはいいですよね

コメント

  1. […] 沖縄に来たら沖縄美ら海水族館!那覇空港から遠いけど行く価値あり?自然はあるの? […]

  2. […] 沖縄に来たら沖縄美ら海水族館!那覇空港から遠いけど行く価値あり?自然はあるの?こんにちは。今回は沖縄美ら海水族館紹介です。沖縄美ら海水族館は、沖縄観光としては非常に有 […]

タイトルとURLをコピーしました