特急サンダーバードの車内を徹底紹介!コンセントやWi-Fiは?敦賀で北陸新幹線と接続へ

北陸
北陸西日本鉄道車内徹底紹介
この記事は約13分で読めます。

北陸と関西エリアを結ぶ特急サンダーバード。2024年3月以降、全列車が敦賀止まりとなり、北陸新幹線と接続しています。

特急サンダーバードはコロナ禍以前はかなり混雑し、30分に1本のペースで運転されていました。この記事では、特急サンダーバードの車内設備や座席の様子に加えておトクな割引きっぷも多数ご紹介していきます。

スポンサーリンク

普通車指定席が8両ないしは11両 普通車もやや混雑することも

特急サンダーバードは9両編成で運転されています。そのうち1号車がグリーン車で残りの9両が普通車となっています。2024年春のダイヤ改正で全車指定席化が行われ、自由席が廃止されました。現在では全席指定席の特急列車として運転されています。

列車編成概要図
サンダーバードの編成 JR西日本公式サイト「JRおでかけネット」より引用

また、さらに増結されて12両編成で運転する日もあります。その場合、10号車〜12号車も普通車指定席となります。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席

特急サンダーバードに搭載されている座席は、JR西日本の特急列車としてはスタンダードな座席。2015年以降に「リフレッシュ工事」が行われて、座席が一気に新しくなりました。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
リフレッシュが行われた後の座席は青を基調としている

2021年現在、特急サンダーバードに使用される車両は全てリフレッシュ工事が完了しており、落ち着きのあるブルーを基調とした座席になっています。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
座席背面には大きなテーブルが

北陸と関西圏をつなぐ特急サンダーバードはビジネス需要も大きい。それもあり、座席の背面にはかなり大きなテーブルが備え付けられています。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
お弁当を広げるのも、パソコン作業をするのも

お弁当を広げるのも、パソコン作業をするのも快適です。ドリンクホルダーに相当するものが2つあります。手前の深い方は缶などを置いておく場所だと思われます。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
小さなテーブルも

さらに、JR西日本の特急列車の多くには小さなテーブルも備え付けられています。座席を回転させても利用できるようにとの配慮でしょうが、2021年12月現在、座席を向かい合わせにすることは遠慮するよう放送されます。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
普通車にも読書灯

普通車にも読書灯があります。夜遅い時間帯の列車に乗る場合はありがいた設備ですが、昼間の時間帯であれば窓から入ってくる光で十分。読書灯をオンにしていたのを忘れたほどでした。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiの整備が2022年10月から開始

特急サンダーバードにはコンセントがあります。このコンセントの設備も、リフレッシュ工事によって取り付けられたものです。

グリーン車には全席にコンセントが、普通車には最後尾の列と最前列(車両の両端部分)にコンセントがあります。車両の両端部分のコンセントは、通路側座席でも利用できます。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
車両の両端ではコンセントが利用できる

また、車内にWi-Fiの設備はありません→2022年10月から一部列車で順次、Wi-Fiサービスが開始されました

JR西日本の列車内Wi-Fiサービス

Wi-Fi回線用の機器の納入が遅れており、2022年10月のサービス開始時点ではまだ一部の列車に限られるようです。サンダーバード号は全列車が683系で運転されるため、Wi-Fiが利用可能か判断する方法は残念ながらありません。北陸新幹線の敦賀延伸開業時(2024年3月16日)以降は、Wi-Fiが利用可能な車両で全列車が統一されると思われます。

2021年末に乗った時、Wi-Fiの機器らしきものが装備されていたのですがWi-Fiの電波は飛んでいませんでした。その時は業務用のものと思ったのですが実際にWi-Fi設備だったみたいですね。JR西日本としてはサンダーバード全列車で同時にサービスを開始したかったのでしょう。

サンダーバードのWi-Fi速度(JR京都線 新大阪-京都間で計測)

列車内のWi-Fiは、列車がどこを走行しているかによって大きく変わるのであくまで参考値と考えてください。速度はダウンロードが15Mbps程度、アップロードが6.9Mbps程度と、列車内に整備されるWi-Fiとしてはかなり速かったです。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
金沢まで走っていた際は、北陸トンネルを高速通過していた

また、途中の「北陸トンネル」をはじめとして携帯電話の電波すら繋がらないところもあります。敦賀駅を金沢方面に出てすぐに、7分程度かけて北陸トンネルを通過します。車掌さんからも「ただいまから北陸トンネルを通過します。通過時間はおおよそ7分間であり、この間、一部の携帯電話が利用できなくなります」との案内がありました。2021年12月現在、auのみが北陸トンネル内で利用できるようになりました(下記引用参照)。他社の回線は利用できません。
→2024年の北陸新幹線敦賀延伸開業によって、北陸トンネルを特急列車が走ることはなくなりました。

【フリーWi-Fiは便利だけど…】

NordVPNとのタイアップPRを含みます。

フリーWi-Fiは便利ですが、通信内容は丸見え。セキュリティ面では問題しかありません。そこでオススメするのが「VPN」です。VPNはフリーWi-Fiでも自宅のインターネットと同様のセキュリティが確保できます。

こちらのリンクから、世界最速(AV-TESTレポートによる)のVPNである「NordVPN」が購入できます。快適に使うことができるためオススメで、その証拠に世界各地を旅する僕自身も実際に利用しています。是非ご確認ください。

時間帯によっては満席近くになることもあるので注意

2024年3月の北陸新幹線開業に伴うダイヤ改正に合わせて、全車両が指定席として運転されることになりました。2023年3月の北陸新幹線敦賀延伸以降、自由席が廃止され現在では全席指定席として運転されています

平日夕方の列車や朝の時間帯の列車はやや混雑します。特に、新快速での通勤圏でもある敦賀までなどで乗車するお客さんも多くなっています。これらの時間帯は、直前の予約だと通路側の座席しか空いていないこともあるので注意が必要です。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
通勤客もたくさん降りる福井駅

金沢まで乗り入れていた時は、北陸エリア(福井・金沢周辺)において、半数近いお客さんが特急定期券を利用していましたが、現在では北陸新幹線にその役割を譲ることになりました。

北陸新幹線開業以降も、敦賀駅までの全区間でやや混雑しています。ただし、かつてのように北陸エリアでの通勤利用がやや少なくなったこと、全席指定となったことによりやや落ち着くと思われます。

スポンサーリンク

車内はお手洗い等含めて設備が充実

特急サンダーバードは、長編成の特急列車らしく、車内設備はかなり充実しています。

車内はお手洗い等含めて設備が充実
特急サンダーバードの車内設備の案内

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い

まずはお手洗いです。お手洗いは普通のお手洗い。なんていったらアレですが、特急列車としてはよくあるタイプのお手洗いです。

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い
自動洗浄

蛇口をひねるタイプではなくて、自動で水が流れるタイプになっています。新型コロナウイルスの影響もあって、この方がかなりありがたいですね。

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い
便器もリフレッシュされている

便器もリフレッシュ工事で更新されたと思われます。結構綺麗です。なんと写真を撮り忘れたのですが、ウォシュレットも装備されています。これはかなりの加点ポイント。

車内販売はないが自動販売機は設置→撤去された

特急サンダーバード号には2021年12月現在、車内販売の営業はありません。僕の勝手な予想ですが、今後も車内販売の営業が行われることはないと思います。

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い
自動販売機

かわりに自動販売機が設置されています。水とお茶と、ブラックコーヒーと微糖のコーヒーくらいなもんですが、それでもあるかないかは気持ち的に全然違います。

線形がよく、乗り心地は良い

特急サンダーバードは湖西線を高速で通過します。特に京都を出てしばらくしてから通過する山科から近江塩津までの湖西線は、関西圏と北陸圏の短絡を目的に建設された路線のためかなり線形が良い。琵琶湖を見ながらの特急列車の旅が楽しめます。

線形がよく、乗り心地は良い
湖西線は高架で踏切もない

特に湖西線を高速で通過する様子は見ものです。新幹線では味わえない、在来線が爆走している感が出ます。

特急サンダーバードで新大阪へ
琵琶湖を眺めながら

湖西線は琵琶湖を眺めながら走ります。高架となっていることもあり、琵琶湖を眺めることができます。

線形がよく、乗り心地は良い
北陸新幹線大阪延伸を望むのは理解できる

この高速走行と9両編成にいっぱいのお客さんを見ていると、北陸新幹線の大阪延伸が望まれるのは理解できます。ただ、北陸本線が在来線としてやっていけているのは、大量の特急利用客の恩恵でしょう。並行在来線の問題など、解決せねばならない問題があることも確かです。

スポンサーリンク

予約はe5489を活用しよう チケットレス特急券も対象に!

特急サンダーバードを運転するJR西日本は多くの割引きっぷを発売しています。しかし、残念ながらあまり割引切符が多くはないのがこの特急サンダーバード。

特急「サンダーバード」では、交通系ICカードを乗車券として利用できる

JR西日本は、ICカードICOCAの対応エリアをかなり拡大しています。特急サンダーバードでは200kmを超える区間であっても、大阪近郊エリア〜金沢までの停車駅にかぎり、ICカードを乗車券として利用できます。→北陸新幹線の敦賀延伸開業により、この辺りは特に気にする必要がなくなりました。

特急「サンダーバード」では、交通系ICカードを乗車券として利用できる
ICOCA対応エリア(JR西日本公式サイトより引用)

北陸新幹線も「新幹線eチケット」が利用できます。したがって、関西エリアからICカード1枚で福井・金沢・富山方面へと移動できるようになりました。

オススメは「eチケットレス特急券」

チケットレスサービスを利用することでかなり便利に利用できます。eきっぷと同様に、J-westカード会員限定の「eチケットレス特急券」はかなり便利でおトクです。

チケットレス特急券の種類予約期限等お得度備考
J-WESTチケットレス特急券
※関西圏のみ(大阪-近江今津)
前日・当日のみ★★★★★
eチケットレス特急券1ヶ月前から可能★★★J-WESTカード会員限定
チケットレス特急券1ヶ月前から可能
WEB早特7チケットレス特急券7日前まで可能★★★★
e5489のチケットレス特急券の比較

ただし、表で最もお得な欄に書かれている「J-westチケットレス特急券」は注意が必要です。利用できるのは関西エリア完結の場合のみとなっており、北陸方面の特急列車は近江今津までとなっています。なお、「eチケットレス特急券」はJR西日本のほぼ全線で利用可能です。サンダーバードで大阪から金沢まで行こう、の場合は使えないので注意が必要です。

北陸新幹線への乗り継ぎでも「全区間チケットレス利用」が可能

北陸新幹線を利用する場合でも、全区間チケットレス乗車ができるようにシステムが再設計されました。この辺りの柔軟性は、JR西日本が圧倒的に柔軟で、JR他社のシステムを圧倒していますね。

北陸新幹線への乗り継ぎでも「全区間チケットレス利用」が可能
JRおでかけネットより引用

北陸方面のお得なきっぷは、こちらのJR西日本公式サイト「JRおでかけネット」にまとめてありますのでご覧ください。

北陸へはインターネット予約e5489でベンリでおトクに!|JRおでかけネット
インターネット予約限定 新幹線eチケット eきっぷ J-WEST eチケット eチケット早特1

主要な区間の料金は次のようになっています。「eきっぷ」「e北陸乗継チケットレス」は別途、在来線特急部分の乗車券が必要ですが、この表では乗車券をICカードなどで乗車したという前提で、乗車券料金を含む値段で記載しています。

主な区間通常のおねだんeきっぷ
J-WESTカード会員限定
WEB早特7WEB早特14e北陸乗継チケットレス
【J-WESTカード会員限定】
購入期限当日まで当日まで7日前まで14日前まで当日まで
大阪~ 福井7,290円6,620円6,100円5,740円6,600円
大阪(市内)~ 金沢9,410円8,740円8,460円7,980円8,500円
大阪(市内)~ 富山10,290円9,620円9,250円8,730円9,600円
大阪(市内)~ 和倉温泉12,050円10,850円9,300円9,020円
京都~ 福井5,930円5,260円4,960円4,670円5,020円
京都(市内)~ 金沢7,720円7,050円6,940円6,550円7,030円
京都(市内)~ 富山8,820円8,150円7,930円7,480円8,130円
北陸〜関西エリアの料金一覧

早い段階で予定が決まっている場合はWEB早特が最もお得です。直前まで予定が決まらない場合は、J-Westカード会員限定の「eきっぷ」などがオススメです。

頻繁に使う北陸圏のユーザーならJ-westカードがオススメ

頻繁に新幹線を使い、そして北陸圏などのJR西日本エリアに住む人ならJ-westカードを発行して「eきっぷ」を利用するのがオススメです。

eきっぷはさまざまなところでご紹介しています。ベーシックカードであれば、1年1回以上の利用で年会費無料で持つことができて「eきっぷ」が利用できます。ただし、特急サンダーバードと北陸新幹線を乗り継いで利用する場合は、「北陸乗継チケットレス(北陸新幹線+サンダーバード)」がおとくです。

特急サンダーバードは対抗する交通機関が高速バスくらいしかありません。湖西線での高速走行や、線形の良さを武器とした圧倒的なスピードで、北陸圏と関西圏の圧倒的なシェアを握っています。それもあって、競合がある他の線区と比べて割引切符があまり充実していないのが残念。

頻繁に使う北陸圏のユーザーならJ-westカードがオススメ
金沢駅にて

2024年3月には北陸新幹線が敦賀まで延伸開業 現在では全列車が敦賀止まり

北陸新幹線が金沢まで開業したことに伴い、富山から金沢までの特急列車は全て廃止されてしまいました。そのため、富山から関西圏へ行くためには乗り換えが必須となってしまいました。

2024年3月には北陸新幹線が敦賀まで延伸開業 現在では全列車が敦賀止まり
北陸新幹線のW7系-金沢駅にて撮影

富山と金沢の間は、シャトル便として結ぶ「つるぎ」号が走っています。サンダーバードはつるぎ号と乗り継げるようになっており、乗り継ぎの利便性が図られています。北陸新幹線の列車は、

  • 東京から敦賀へ直通する「かがやき」「はくたか」が計14往復運転:
    • かがやき(東京〜敦賀間直通列車) 5往復
    • はくたか(東京〜敦賀間直通列車) 5往復
  • 敦賀駅で、特急「サンダーバード」や「しらさぎ」と接続する「つるぎ」が5往復:
    • つるぎ(富山〜敦賀間運転列車) 18往復
    • つるぎ(金沢〜敦賀間運転列車) 7往復

となっています。東京〜福井間が最速2時間51分(36分短縮)、敦賀間が最速3時間 8分(50分短縮)となります。関西方面からは、大阪〜福井間が最速1時間44分(3分短縮)、大阪〜金沢間が最速2時間9分(22分短縮)、大阪〜富山間が最速2時間35分(29分短縮)となります。

2024年3月には北陸新幹線が敦賀まで延伸開業 現在では全列車が敦賀止まり
敦賀駅での乗り換え動線

なお、JR西日本としては需要を完全に分離するダイヤを設定しました。すなわち、

  • 首都圏・長野など〜北陸の需要は「かがやき」「はくたか」で
  • 関西圏・中部圏など〜北陸の需要は「つるぎ」で

と、完全に役割を分担しました。そのため、「サンダーバード」や「しらさぎ」が敦賀に到着する数分前に出発する東京行き列車もあります。サンダーバードから北陸新幹線への乗継は「つるぎ」号への乗り継ぎとなります。

なお、つるぎ号は列車によって停車駅が異なります。速達「つるぎ」号は、敦賀・福井・金沢・新高岡・富山と停車駅がかなり絞られています。

在来線特急乗り換え先北陸新幹線停車駅
特急サンダーバード
大阪〜敦賀
新幹線つるぎ【速達タイプ】敦賀・福井・金沢・新高岡・富山
特急サンダーバード
大阪〜敦賀
新幹線つるぎ【停車タイプ】敦賀・越前たけふ・福井・芦原温泉・
加賀温泉・小松・金沢・新高岡・富山
特急しらさぎ
名古屋・米原〜敦賀
新幹線つるぎ【停車タイプ】敦賀・越前たけふ・福井・芦原温泉・
加賀温泉・小松・金沢・新高岡・富山
北陸線特急・北陸新幹線乗継パターン

特急「しらさぎ」では停車タイプの新幹線つるぎ号への乗り継ぎしか想定されていないのに対し、特急「サンダーバード」では速達タイプの新幹線つるぎ号への乗り継ぎも想定されています。北陸新幹線つるぎ号には自由席がありますが、サンダーバード号には自由席がないため、必ず確認してから乗車するようにしましょう。

特急「サンダーバード」以外にもJR西日本の各地を走る特急列車についてまとめてあります。こちらの記事も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
参考になったらぜひシェアしてね!
InstagramとYouTubeも見てね!

コメント

  1. 上田昌樹 より:

    <補足>自動販売機は撤去されました。

タイトルとURLをコピーしました