特急サンダーバードの車内を徹底紹介!コンセントやWi-Fiは?自由席は混雑する?

北陸
北陸西日本鉄道車内徹底紹介
この記事は約9分で読めます。

北陸と関西エリアを結ぶ特急サンダーバード。特急サンダーバードはコロナ禍以前はかなり混雑し、30分に1本のペースで運転されていました。

コロナ禍の現在でも特に自由席などは混雑し、1時間あたり1本の本数は確保されているほど。この記事では、特急サンダーバードの車内設備や座席の様子、自由席混雑状況に加えておトクな割引きっぷも多数ご紹介していきます。

普通車は8両と充実するも自由席は混雑することもある!

特急サンダーバードは9両編成で運転されています。そのうち1号車がグリーン車で残りの9両が普通車となっています。また、さらに増結されて12両編成で運転する日もあります。

列車編成概要図
サンダーバードの編成 JR西日本公式サイト「JRおでかけネット」より引用

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席

特急サンダーバードに搭載されている座席は、JR西日本の特急列車としてはスタンダードな座席。2015年以降に「リフレッシュ工事」が行われて、座席が一気に新しくなりました。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
リフレッシュが行われた後の座席は青を基調としている

2021年現在、特急サンダーバードに使用される車両は全てリフレッシュ工事が完了しており、落ち着きのあるブルーを基調とした座席になっています。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
座席背面には大きなテーブルが

北陸と関西圏をつなぐ特急サンダーバードはビジネス需要も大きい。それもあり、座席の背面にはかなり大きなテーブルが備え付けられています。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
お弁当を広げるのも、パソコン作業をするのも

お弁当を広げるのも、パソコン作業をするのも快適です。ドリンクホルダーに相当するものが2つあります。手前の深い方は缶などを置いておく場所だと思われます。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
小さなテーブルも

さらに、JR西日本の特急列車の多くには小さなテーブルも備え付けられています。座席を回転させても利用できるようにとの配慮でしょうが、2021年12月現在、座席を向かい合わせにすることは遠慮するよう放送されます。

普通車の座席はJR西日本としてはスタンダードな座席
普通車にも読書灯

普通車にも読書灯があります。夜遅い時間帯の列車に乗る場合はありがいた設備ですが、昼間の時間帯であれば窓から入ってくる光で十分。読書灯をオンにしていたのを忘れたほどでした。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし

特急サンダーバードにはコンセントがあります。このコンセントの設備も、リフレッシュ工事によって取り付けられたものです。

グリーン車には全席にコンセントが、普通車には最後尾の列と最前列(車両の両端部分)にコンセントがあります。車両の両端部分のコンセントは、通路側座席でも利用できます。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
車両の両端ではコンセントが利用できる

スマホやパソコン電源として取るには最適。特急サンダーバードは始発の大阪から終点の金沢までを最速でも2時間半かけて結びます。2時間半は…やはりできれば全席にコンセントを装備してほしいところです。

また、車内にWi-Fiの設備はありません。現在の様子を見る限り、JR西日本には車両の余裕もあまりなさそうです。北陸新幹線が敦賀まで開業した後、サンダーバードの車両が余るのでそこでリニューアルを施してWi-Fiを利用できるようにしてほしいところ。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
北陸トンネルは長大で直線的なので高速で通過していく

また、途中の「北陸トンネル」をはじめとして携帯電話の電波すら繋がらないところもあります。敦賀駅を金沢方面に出てすぐに、7分程度かけて北陸トンネルを通過します。車掌さんからも「ただいまから北陸トンネルを通過します。通過時間はおおよそ7分間であり、この間、一部の携帯電話が利用できなくなります」との案内がありました。2021年12月現在、auのみが北陸トンネル内で利用できるようになりました(下記引用参照)。他社の回線は利用できません。

延長13・87キロの北陸トンネル内はこれまで、電波が届かないため携帯電話が使えませんでした。JR西日本金沢支社によると、鉄道の保守作業などに使用する通信回線としてauの中継基地局を整備し、2020年3月27日からで使用できるようになったということです。このため通じる携帯電話はauのみとなっています。

福井新聞-2020年6月10日 午前11時20分 より

時間帯によっては自由席は混雑するので注意

サンダーバード号には自由席が設定されています。5〜7号車が自由席となっています。列車によって自由席の両数が変わることは原則ありません。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
混雑する平日夕方の自由席

平日夕方の列車や朝の時間帯の列車はかなり混雑します。特に、新快速での通勤圏でもある敦賀までなどで乗車するお客さんも多い。さらに、敦賀から先の北陸トンネルを越えた先では、福井周辺で通勤のために特急を利用するお客さんが多い。

この時間帯に普通車自由席に乗ると、半数近いお客さんが特急通勤定期券を利用していたのが印象的です(あくまで僕の周りが、なので統計をとったわけではありません)。

普通車も車両の両端部にはコンセントがある!Wi-Fiはなし
通勤客もたくさん降りる福井駅

関西圏でも、そして北陸圏でも通勤のために使われることがあるので自由席は混雑します。夜の遅い時間帯、19:30以降になればかなり落ち着く印象です。

車内はお手洗い等含めて設備が充実

長編成の特急列車らしく、車内設備はかなり充実しています。

車内はお手洗い等含めて設備が充実
特急サンダーバードの車内設備の案内

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い

まずはお手洗いです。お手洗いは普通のお手洗い。なんていったらアレですが、特急列車としてはよくあるタイプのお手洗いです。

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い
自動洗浄

蛇口をひねるタイプではなくて、自動で水が流れるタイプになっています。新型コロナウイルスの影響もあって、この方がかなりありがたいですね。

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い
便器もリフレッシュされている

便器もリフレッシュ工事で更新されたと思われます。結構綺麗です。なんと写真を撮り忘れたのですが、ウォシュレットも装備されています。これはかなりの加点ポイント。

車内販売はないが自動販売機は設置されている

特急サンダーバード号には2021年12月現在、車内販売の営業はありません。僕の勝手な予想ですが、今後も車内販売の営業が行われることはないと思います。

お手洗いは普通の特急列車のお手洗い
自動販売機

かわりに自動販売機が設置されています。水とお茶と、ブラックコーヒーと微糖のコーヒーくらいなもんですが、それでもあるかないかは気持ち的に全然違います。

線形がよく、乗り心地は良い

特急サンダーバードは湖西線・北陸本線を高速で通過します。特に京都を出てしばらくしてから通過する山科から近江塩津までの湖西線は、いわゆる「スーパー特急」と呼ばれる、新幹線規格で超高速走行をすることを視野に建設された路線なのでかなり高速で通過します。

線形がよく、乗り心地は良い
湖西線は高架で踏切もない

特に湖西線を高速で通過する様子は見ものです。新幹線では味わえない、在来線が爆走している感が出ます。

特急サンダーバードで新大阪へ
琵琶湖を眺めながら

湖西線は琵琶湖を眺めながら走ります。高架となっていることもあり、琵琶湖を眺めることができます。

線形がよく、乗り心地は良い
北陸新幹線大阪延伸を望むのは理解できる

この高速走行と9両編成にいっぱいのお客さんを見ていると、北陸新幹線の大阪延伸が望まれるのは理解できます。ただ、北陸本線が在来線としてやっていけているのは、大量の特急利用客の恩恵でしょう。並行在来線の問題など、解決せねばならない問題があることも確かです。

予約はe5489を活用しよう チケットレス特急券も対象に!

特急サンダーバードを運転するJR西日本は多くの割引きっぷを発売しています。しかし、残念ながらあまり割引切符が多くはないのがこの特急サンダーバード。

オススメは「eチケットレス特急券」

チケットレスサービスを利用することでかなり便利に利用できます。eきっぷと同様に、J-westカード会員限定の「eチケットレス特急券」はかなり便利でおトクです。

予約期限等お得度J-westカード会員限定等
J-westチケットレス特急券
※関西圏のみ(大阪-近江今津)
前日・当日のみ★★★★★カード会員なら変更が何度でも可能
(カード会員でない場合変更不可)
eチケットレス特急券1ヶ月前から可能★★★カード会員限定
チケットレス特急券1ヶ月前から可能
チケットレス特急券の違い早見表

ただし、表で最もお得な欄に書かれている「J-westチケットレス特急券」は注意が必要です。利用できるのは関西エリア完結の場合のみとなっており、北陸方面の特急列車は近江津までとなっています。サンダーバードで大阪から金沢まで行こう、の場合は使えないので注意が必要です。

頻繁に使う北陸圏のユーザーならJ-westカードがオススメ

頻繁に新幹線を使い、そして北陸圏などのJR西日本エリアに住む人ならJ-westカードを発行して「eきっぷ」を利用するのがオススメ。

eきっぷはさまざまなところでご紹介しています。ベーシックカードであれば、1年1回以上の利用で年会費無料で持つことができて「eきっぷ」が利用できます。

区間普通車指定席グリーン車
大阪~福井5,610円7,570円
大阪~金沢7,180円10,450円
京都~福井4,500円6,760円
京都~金沢6,410円9,680円
福井~金沢2,540円3,300円
eきっぷの価格表(運賃+特急料金)

eきっぷは、自由席と同額、もしくはそれより安い価格で普通車指定席に乗車することができるサービスです。

北陸線の特急には「e早得」が設定されていますが、これはグリーン車のみの設定となっています。

鉄道のご案内|トクトクきっぷ:JRおでかけネット
トクトクきっぷとは、特別なご利用条件(区間、列車や利用期間など)を定めて発売する普通乗車券、回数乗車券、急行券、特別車両券、寝台券、コンパートメント券および座席指定券のことです。

普通車指定席には設定がないので注意が必要です。

区間グリーン車
大阪~福井6,660円
大阪~金沢8,230円
京都~福井5,710円
京都~金沢7,460円
e早得の価格表(グリーン券+乗車券)

特急サンダーバードは対抗する交通機関が高速バスくらいしかありません。湖西線での高速走行や、線形の良さを武器とした圧倒的なスピードで、北陸圏と関西圏の圧倒的なシェアを握っています。それもあって、競合がある他の線区と比べて割引切符があまり充実していないのが残念。

頻繁に使う北陸圏のユーザーならJ-westカードがオススメ
金沢駅にて

敦賀での乗り換えが必須となったら、「乗り換え不要」を謳う高速バスに対抗して割引切符が出ることを願います。

金沢駅で北陸新幹線と接続する

北陸新幹線が金沢まで開業したことに伴い、富山から金沢までの特急列車は全て廃止されてしまいました。そのため、富山から関西圏へ行くためには乗り換えが必須となってしまいました。

新幹線つるぎ号で富山へ
富山と金沢をシャトル便で結ぶつるぎ号

富山と金沢の間は、シャトル便として結ぶ「つるぎ」号が走っています。サンダーバードはつるぎ号と乗り継げるようになっており、乗り継ぎの利便性が図られています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました