高松から電車で!四国絶好のインスタ映えスポット!父母ヶ浜へ

西日本
この記事は約4分で読めます。

新型コロナウイルスの影響で完全に蒸発してしまった旅行需要を取り戻すためにJR西日本・四国・九州が企画した「どこでもドアきっぷ」。この切符を使って四国を周遊した際に立ち寄った父母ヶ浜。インスタグラムでは映えるスポットとして人気なんだとか。

実際に行ってみると、潮溜まり(砂浜が平坦に続いているために、海水の一部が水溜りのようになるところ)がたくさんありインスタ映えする写真が撮れます。今回はそんな父母ヶ浜へのアクセスなどをご紹介します。

西日本・四国周遊旅行で父母ヶ浜へ行った2日目の記事はこちら↓

父母ヶ浜へのアクセス

ここ「父母ヶ浜」は駅から少し離れているので車で行く人が多い。広い駐車場もあるので安心です。父母ヶ浜周辺の道路は特別狭かったり通りにくかったりということもなく、土地勘がない人でもカーナビさえあれば安心です。

今回僕たちは電車で行きました。今回は電車でのアクセスをご紹介します。

父母ヶ浜の最寄駅は「詫間(たくま)」駅です。この駅からバスを使って行くことになります。

岡山・高松方面からは特急しおかぜ/いしづちor普通列車で多度津へ

「詫間」の駅はJR予讃線の駅です。予讃線は高松方面から松山方面を結ぶ路線。一部の時間帯で特急も停車しますが、特に昼の時間帯などはほぼ通過。高松から普通列車が直通しています。高松からは普通列車で1時間ちょっとです。

特急乗り放題なので快適な特急で

僕たちは今回、特急いしづちで多度津へ向かい、そこから普通列車に乗り換えることに。特急乗り放題ならそれが圧倒的に快適です。わざわざ切符を買うなら普通列車でいいかも。

瀬戸大橋線が分岐する列車の巨大ジャンクション

多度津駅は予讃線と土讃線の分岐点です。今回乗った特急いしづちは詫間には停車しない列車なので予讃線の普通電車に乗り換えます。

宅間駅

詫間駅には窓口がありますが、有人駅となるのも時間限定。待合室こそありますが周りには歩いて数分のところにコンビニくらいしかありません。ので、長時間待つのはちょっとしんどいかも。その上、詫間駅から父母ヶ浜へは距離があるので徒歩では難しいですので、バスの時間などはちゃんと調べてから行きましょう。

詫間駅から父母ヶ浜へ行くバスは、

  • コミュニティバス(日・祝除く、月~土運行)
  • ハーツシャトル(土日祝のみ運行

の2種類。

コミュニティバスは本数が少なく、電車の発着時間もあまり気にしていない感じ。ハーツシャトルが「高速バスタイプ」の車両で運行される一方、コミュニティバスは「近郊路線バスタイプ」の車両で運行されます。さらにハーツシャトルは観光客向のバスなので運賃もわかりやすい。

ということで、僕たちはハーツシャトルの方に乗りました。料金は一日乗り放題のみで、1000円です(小学生以下と、障がい者手帳をお持ちの方は500円)。タクシーを使うと約2200円かかるみたいなので、交通機関を使う人はバスが一番安いですね。15分ちょっとで父母ヶ浜に到着します。

バスもなかなかの込み具合でしたが、車で来てる人も多く駐車場が混んでいました。

父母ヶ浜を満喫

バスの到着時刻は16:00過ぎ、確か私たちが行った日は日没まで40分くらいだったかな。映え写真を撮影するのにちょうどいい時間に着くことができました。

被写体と空を水面に鏡のように映している写真が撮れるとベスト。そういう感じの写真は、

  • ①干潮と日の入り時刻が重なっている
  • ②風がなく水面が波立っていない
  • ③日の入り前後約30分間

この3つの条件を満たしているときれいに撮れるそうです。僕たちが行った日は雲が出ており、さらに風がビュービュー。風が吹いていると寒いので暖かい格好をしてから行きましょう。

風で波が立っていました…

3年ながら波が立っていたのでいい感じに反射はせず。でも、時間帯は完璧だったのでなかなかいい写真が撮れました。

潮溜まり

潮溜まりは思ったよりも大きい。そして、潮溜まりができるような場所なので足元はあまりよろしくない。ということで、ちょっとくらい汚れることも覚悟で行きましょう。めちゃめちゃ汚れるわけではありませんが。

意外と人は多い

見渡すとこんな感じで人が多い。スマホを置いて写真を撮る場所なども特に用意されていないので、スマホ用の三脚などは必須。潮溜まりの向こうから写真を撮るのであれば、リモコンもないときついです。僕はApple Watchを使っているので、Apple watchがカメラのシャッターがわりに。Apple watchって、こういう何気ないところがすごい便利なんですよねえ。

Dolphin
Dolphin

人が多くて写真には他人が入ってしまう。ので、スマホの無料アプリ「Adobe Photoshop Fix」等で修正するのがおすすめ!

レモネードとカフェラテをいただくことに

おしゃれなレストランやキッチンカーが出店してたので、そのうちの一つでカフェラテとレモネードを手に入れてあったまることに。iDなどの電子マネーがこのお店で使えたのはとてもプラスポイント。ここでもApple watchを使って支払いました。Apple watchはこんな地に来ても大活躍。

ということで今回はインスタ映えスポット「父母ヶ浜」のご紹介でした。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました