超豪華観光特急「しまかぜ」サロン・プレミアムシート利用記

伊勢志摩

今回は、先日利用した近鉄の観光特急「しまかぜ」について。私鉄の中で、最も豪華と言っていいほど素晴らしい列車なのではないでしょうか。 リゾート地である賢島と名古屋、大阪、京都をつないでいます。今回僕は、名古屋-賢島間を往復するのに利用しました。実際に、プレミアムシートやサロンカーを使用し、食堂も使用してみたので実際に使用したときのことを書いていきたいと思います。

プレミアムシート〜ひとり旅でも、グループでも〜

まず、プレミアムシートのご紹介。個人的には、このプレミアムシートが最もお勧めです。理由は簡単で、リクライニングが素晴らしく、マッサージ機能なども付いておりテーブルも広く、非常に座り心地が良いからです。後ほどサロンカーもご紹介しますが、サロンカーは座席がプレミアムシートほど素晴らしくはありません。

プレミアムシートには、写真のようにテーブルがあります。写真では広げていませんが、前の座席から出すことができるテーブルのほかに、座席横の肘掛けから出すことができるテーブルもあります。テーブルが2つもあり、座席を回転させてグループになっても利用できるようになっています。写真のように、座席を回転させるに利用する場合はテーブルが2つもあり、そしてテーブルは2つとも出すことができるので、かなり広々としたスペースを使うことができます。僕のように、電車の中でパソコンを広げて作業したい人にも便利です。と言いながら、僕も電車の中ぐらいはのんびりしていて、あまりパソコンを広げて作業などしていませんでしたが(笑)

もうこのレベルのシートになってくると当然と言えば当然なんですが、電源を使うこともできます。各座席に電源がついています。今では、新幹線の普通席で全席にコンセントが付いているような時代ですからね。さすがにこれぐらいのプレミアム特急になるとついていて当たり前と言う感じもあります。肘掛けの下の部分に、コンセントが付いています。

シートは写真のように、完全に電動式のリクライニングシートになっています。電動式のリクライニングだけではなく、電動式のマッサージ機能も付いています。マッサージ機能は僕はあまり好きではないので少し試してみただけですが、しっかり動きます。まぁ当然ですが、これも良い機能だと思います。

賢島方面へ向かうときには進行方向右側が、大阪・京都・名古屋方面に向かうときには進行方向左側が1人座席となります。一人旅も気軽にできる観光時ですよね。実際に、まぁ当然と言えば当然ですが、左側(1人用の座席)でも、右側(2人用の座席)でも座席の機能に変わりはありません。

サロン席 〜グループではしゃぎたいときに〜

続いて、サロン席のご紹介。サロン席は、グループで利用することができる座席です。サロン席専用の運賃が適用されます。サロン席は、基本的には6人席になっているかと思います。和風の部屋と洋風の部屋2つがあります。僕たちは、下の写真のように和風の部屋ではなく通常のサロンシートを予約しました。個人的には、プレミアムシートのほうがよかったかなと思います。サロン席は、リクライニングがきかないのが最大の難点。さらに、テーブルもあまり大きくはなかったです。ただし、サロン席であれば友達同士で一緒に乗ってお酒を飲んでいてもおそらく問題ないでしょうし、少し大きな声で喋って問題ありません。ただし、かなり大きな声で喋るとだいぶやばいです。だいぶやばいですと言うのは、基本的にサロン席であってもドアはなく、完全に個室にすることができません。そのため、隣の座席にも声が聞こえてしまいます。隣の座席も、サロンシートと言うことである程度声を出していると思いますから、通常の打席よりは声を出してもお互いに見逃してくれると思います。しかし大騒ぎするようなことになるとかなりの迷惑になりますので、個室と言うことであまり期待しない方が良いでしょう。

車内のビュッフェ

しまかぜ車内には食堂があります。実際に僕たちも食堂に行ってみました。食堂では、下のようにいろいろなケーキなど、主に甘いものが食べられます。僕はコーヒーが好きだったので、アイスコーヒーとモンブランを注文しました。下の写真のメニューで、1000円ちょっとだったかと思います。少し高いなと思いますが、しまかぜの車内で、景色を見ながら友達とおしゃべりしながら甘いものを食べる。こんなに幸せなことはありませんから、全然これぐらいの値段なら払ってしまいます。

ただし、個人的に思うことが、食堂車にはできれば賢島から伊勢中川の間に行った方が良いかと思います。賢島を出発してから1時間位の間です。僕たちは、伊勢中川を通る10分ちょっと前に行きました。最初のうちはなかなか景色が良かったのですが、伊勢中川を超えてしまうと近鉄は通勤特急としての役割を果たすような路線を通って行くことになります。特に名古屋方面はそうです。そのため下の写真のように、住宅街を見渡すような景色になってしまいました。いずれにせよ、大阪方面へ向かう場合でも、伊勢中川を超えるとトンネルばっかりになってしまうと思います。伊勢中川を越える前、伊勢中川から賢島の間であれば海の絶景を見ながら食事をいただくことができるのでオススメです。

写真のように、ビュッフェは意外と座席が限られています。なんだかんだで、ビュッフェに入れず外で待たされる事はありませんでしたが、座席は多くありませんので空いているタイミングを見計らっていくと良いかと思います。

今回は、主に賢島から名古屋に戻るときの記録をメインにご紹介しました。今回の伊勢志摩への旅行は別の記事も公開しています。ぜひともご覧ください。

コメント

  1. […] 超豪華観光特急「しまかぜ」サロン・プレミアムシート利用記今回は、先日利用した近鉄の観光特急「しまかぜ」について。私鉄の中で、最も豪華と言っていいほど素晴らしい列車なの […]

タイトルとURLをコピーしました