eきっぷはJR西日本・JR九州・JR四国で使える激安きっぷ!

九州
この記事は約6分で読めます。

山陽新幹線という長大な新幹線路線に加えて在来線特急も多く走るJR西日本。JR九州も新幹線の営業距離こそはそこまで長くないものの数多くの特急列車を走らせています。さらに、JR四国も瀬戸大橋線を経由して(一部経由しない特急もありますが)様々な特急列車を走らせています。

これらの特急列車をお得に乗る方法が「eきっぷ」。JR西日本のクレジットカード「J-Westカード」またはJR九州のクレジットカード「JQカードを持っていること」が条件ですが、これらのカードも実質年会費無料。ということで今回はお得なeきっぷをご紹介します。

JRのクレジットカードを持っていなくてはならない

このeきっぷは、e5489で予約する場合は「J-westカード」が、JR九州のネット予約で予約する場合は「JQカード」が必須です。クレジットカード会員になる必要があるのです。

J-WESTカード

クレジットカードは、ベーシックなら年1回以上の利用で年会費無料

これらのクレジットカードは、年1回以上の利用があれば年会費無料となります。年1回の利用さえ忘れなければ実質無料で持つことができます。ただ、たった1回の利用でクレジットカードを作ってまですることも…という感じがするのも確かです。

京阪神の特急列車や北陸方面「サンダーバード」ではチケットレス特急券も使用できる

僕は以前、福知山方面へ行った際にチケットレス特急券を利用しました。京阪神エリアではJR西日本もチケットレス特急券が利用でき、こちらもJ-westカード会員限定で割引が受けられます。京阪神地区で特急をよく使う場合は絶対に持っていて損はない1枚です。

なお、今回ご紹介するeきっぷは、これらのクレジットカード(J-westカード・JQカード)でしか決済できません。他のクレジットカードで支払いをすることは原則できません。

J-westカードで九州内完結の特急も、JQカードで西日本エリア完結の特急も

JR西日本とJR九州、それからJR四国はネット予約の面ではかなり連携しています。

JR西日本のe5489で「eきっぷ」を使うことができる、つまりJ-westカード会員であれば九州内完結の特急列車にも格安で乗ることができます。もちろん逆も然り、JQカード会員であれば西日本エリア完結の特急列車にも格安で乗ることができます。統一された運賃体系で、相互関係があるのはかなりありがたい。僕は九州周遊の旅行で特急券をどうやって確保しようか悩んでいたところですが、JR西日本のJ-westカードなら持っています。このカードがあればJQカード(JR九州のクレジットカード)を持っているのと同等の特急券の優遇が受けられるのです。

J-westカードで九州エリアのeきっぷも使うことができる

京阪神エリアに住んでいて、ちょっと九州に行くなんて際も使えます。ただしこのときは、JR九州ネット予約からではなくe5489から購入をします(JQカードを持っているならJR九州ネット予約から予約をします)。

指定席も自由席も原則同額で、通常の指定席よりかなりお得!

このeきっぷは、自由席でも指定席でも同額です。そしてそれが、通常の自由席特急料金より安い。

例えば、東海道新幹線なんかも割安の切符を出しています。しかし、年会費無料のスマートEXで予約できる格安きっぷは基本的に「早特」商品。直前でも予約したり変更したりできるきっぷは、年会費がかかるEX会員になる必要があります。

普通車指定席・グリーン車指定席が安くなる「特急券」のみのきっぷ

価格は原則として自由席特急料金で設定されていることが多いです。ただし、山陽新幹線の一部区間や北陸方面の特急など、自由席特急料金よりさらに低価格で設定されている場合もあります。おそらくは航空機対抗策として設定されている面が強いと思われます。航空機以外でも対抗手段がある場合は、自由席特急料金より格安な値段が設定されることがあります。

乗車券は別で購入することができる

JR東海が主体となって運営する「EXサービス」のうち、年会費無料のスマートEXでは基本的に乗車券と一体型になった運賃しかありません。例えば学割を使いたい、ってことになると話が違ってきます。しかしこの「eきっぷ」は特急券のみの商品です(乗車券一体型でも発売できますが、乗車券部分については特段割引はありません)。そのため、学割乗車券などと併用することによって大幅な割引率を実現できてしまうのです。それでもって乗車変更も直前までできてしまう。メリットしかありません。

乗り降り自由のフリータイプのきっぷとも併用できる

さらに、僕が九州周遊の際に併用したのが「ぐるっと九州きっぷ」。このきっぷは、別途特急券等を購入すれば、九州新幹線やその他、在来線特急を含めた全線が3日間乗り降り自由となるきっぷです。こういった、「別途特急券を購入で特急列車に乗り降り自由」というタイプの列車を使えば、かなりお得に旅をすることが出来ちゃいます。フリーきっぷと組み合わせることができるのは、はっきりいってめちゃくちゃ強いです。

実際に予約してみた

実際に予約してみます。

e5489にログインします

まずはe5489にログインします。e5489のサイト(JR西日本が運営するインターネット予約サービス関連のサイト「JRおでかけネット」から飛ぶこともできます)から「ログイン」をクリックします。

ログインしたところの画面

ログインすると、新幹線等の予約画面が出てきます。山陽・九州新幹線の予約であれば「山陽・九州新幹線予約」からも飛ぶことができますが、「その他特急・新幹線予約」からでも新幹線等含めて予約をすることができます。僕はいつも、特になにも考えないで「その他特急・新幹線予約」に行ってしまいます。新幹線などが別枠で用意されているのは、利用者の利便性を考えてのことだと思われます。

新幹線の予約画面

新幹線の予約で選択するとこの画面が出てきます。やはり新幹線等が別枠で用意されているのは利便性を考えてのことですね。通常の特急ならば発駅・着駅を入力して検索する必要がありますが、新幹線で限定すると発駅・着駅は選択で選ぶことができます。

なお、「その他特急・新幹線予約」検索から行ってもここから先は同じ画面が出てきます。

列車と設備、切符の種類を選択

入力した時刻に合う列車が表示されます。ここから自分が乗る列車と設備・きっぷの種類等を選択します。今回はeきっぷを使うので「eきっぷ」を選択します。

座席位置なども詳細に設定できる

座席位置も詳細に設定できます。窓側・通路側・A〜E席のどこか、座席表から選ぶなどさまざまです。自分の希望に合わせて選択しましょう。

新規予約をします

最後に、喫煙・禁煙などを選択します。山陽・九州新幹線は最近、大型荷物に関しては専用の座席を予約せねばならない(値段は普通車指定席と同額)というルールが追加されたため、大きな荷物が必要な際は「荷」座席を選択します。

座席表から選択

もちろん、座席表から座席位置を選択することができます。

支払い画面

最後に支払いを行います。e5489に関しては、原則その場で(=ネット上で)決済が行われるようです。eきっぷを予約する際は、J-westカードしか支払い方法に指定できません。その他のクレジットカードで支払いはできません。

予約処理中

予約処理が行われています。この時点でクレジットカードにより決済が行われます。

予約が完了

予約が完了です。実際に利用するには、支払いに使用したクレジットカードが必要です。クレジットカードがないと当日、きっぷの受け取りができませんので忘れずに持っていきましょう。特にJ-westカードをメインカードとして使っていない場合は注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました