東海道新幹線で大阪から名古屋へ こだま号や各駅停車ひかり号の自由席をオススメする理由 新幹線で、安く乗れる!

新幹線

今回は先日、新大阪駅から名古屋駅まで東海道新幹線を利用した時の記録です。新大阪から名古屋へは新幹線で行くのが一番メジャーな方法かと思います。最近では高速バスなどもあるのでそちらを使われる方も多いかもしれませんが、今なお大阪から名古屋への一番メインのアクセス方法は新幹線でしょう。

今回はそんな新幹線で大阪から名古屋へ行く時、快適に利用する方法を紹介します。僕がオススメするのはこだま号やひかり号の自由席を使うという方法です。ひかり号でも一部列車は新大阪から名古屋まで各駅に停車します。そのような各駅停車タイプの列車を利用すると快適に移動することができるので是非とも利用してみてください。

名古屋から東京へ行くときにこだまを使うのは少し勇気がいる。でも名古屋から大阪なら2駅しかかわらない!だから使っても安心!

新大阪から名古屋へ

東海道新幹線のひかり号のほとんどは新大阪が始発です。また、こだま号は朝の時間や夜の時間を除けばすべてが新大阪駅始発だったと思います。 これらだと当然、新大阪駅が始発のため新大阪以前から乗っている人はいません。その列車を狙っていくと良いかと思います。

当然のぞみ号にも自由席があり、新大阪始発のぞみ号もあります。急いでいる場合はのぞみ号を利用すればいいでしょう。しかしここであえて僕が各駅停車タイプのひかり号やこだま号をお勧めするのは理由があります。なんとなく分かるかと思いますが、 客が非常に少ないということです。 自由席を使えばほとんどの場合隣に人が来ません。自由席には人が少ない一方、指定席は満席になっていることもあります。新大阪出発後しばらくは指定席もほぼ人がいないかと思いますが、ひかり号の一部は新大阪から名古屋まで各駅に停車した後、途中豊橋だけに停車、もしくは小田原だけに停車して新横浜まで一気に走り抜けるタイプのものがあります。これは明らかに、大阪から愛知県あたりまでの乗客を細かく拾って行き、それらの乗客を一気に東京まで送り届けるという役割のもとに設定されている列車でしょう。そういった目的で新幹線を利用する人も実際に多いです。そのような場合、ある程度の距離があるため指定席を使う乗客が非常に多いです。そういった背景もあり、各駅停車タイプのひかり号の自由席はかなり空いていることが多いです。

大阪から名古屋まで各駅停車タイプのひかりかこだま、そして1号車を狙おう!

所要時間の違いは?

僕は今回、ちょうどいい時間帯の新幹線がこだま号ではなくひかり号の各駅停車のタイプでした。途中で2本ののぞみ号に追い越されたかと思います。しかし各駅停車でも2本です。名古屋から東京まで行くとなると途中で10本以上ののぞみ号に追い越されると思うので話は違いますが、大阪から名古屋までの場合はあまりのぞみ号には追い越されません。途中の停車駅が京都、米原、岐阜羽島しかない上に京都はのぞみ号も停車するからです。

結局のところのぞみ号とどれだけ時間が変わるかというところですが、のぞみ号との所要時間は変わってもせいぜい15分です。大阪から名古屋へののぞみ号での所要時間が1時間弱であることを考えると、そこまで大きな時間ではないかと思います。名古屋から東京までこだま号で行こうとすると、のぞみ号の2倍ほどの時間がかかったとかと思います。最近では新幹線にはwi-fiも整備されつつありますし窓際の座席を取ることができれば電源もあります。そう考えると15分ぐらいの違いは大した事にはならないでしょう。特に僕の場合、そのひかり号に乗ると、名古屋駅での直後の用事にちょうどいい時間に名古屋駅に着くことができました。のぞみ号に乗ってしまうと名古屋駅のスターバックスなどに入って時間を潰さなくてはならなかったでしょう。新幹線の指定席部分のお金も省くことができ、余計なカフェに入るお金も省くことができました。また、沖縄から帰ってきたところだったので携帯の充電もやばい状況で新幹線の中で充電が出来たのも良かったです。当然 wi-fi があったのでインターネットも使っていました。 

のぞみ号と10分しか変わらない!そのうえwifiや電源も使えるので退屈しない!

どこの座席を取るべきか

これはズバリ個人的には、自由席の1号車おすすめします。自由席の1号車は当然、改札へつながる階段から遠いことが多いです。だからこそ逆に乗客も少ないです。自由席のうち指定席に最も近いところなどを使うとやや乗客が多いかもしれませんので、乗客が少ないところでのんびりしたいと思うのであれば1号車などの端っこの車両を使いましょう。ちなみに僕が実際に利用した時は、ひかり号の名古屋まで各駅停車タイプの列車を使いましたが、1号車には新大阪出発時点で僕を含めて二人のみの乗客、京都から3人ほど乗車してきてその後の米原と岐阜羽島でそれぞれ5人ずつぐらいの乗車がありました。新幹線は一つの車両が大きいため、これでも隣に人が座ってくることはありませんでした。

1号車の様子

1号車は端っこだから空いている!そこを狙おう!

コメント

  1. […] 東海道新幹線で大阪から名古屋へ こだま号や各駅停車ひかり号の自由席をオススメする理由今回は先日、新大阪駅から名古屋駅まで東海道新幹線を利用した時の記録です。新大阪から […]

タイトルとURLをコピーしました