JR北海道・富良野線を使って道央観光 富良野・美瑛は広大で美しい景色がたくさん

北海道
北海道
この記事は約14分で読めます。

北海道の中心部にある道央地域。富良野や美瑛など、北海道らしい景色を楽しむことができる場所です。

JR富良野線も通っており、JRでの観光も比較的しやすいこのエリア。特に夏の「北海道フリーパス」などの旅ではオススメです。今回はこの富良野・美瑛エリアの観光地を一挙ご紹介します。

北海道・美瑛は花が美しい 北海道ならではの広大な土地

美瑛・富良野は盆地的な地形にあります。富良野は「富良野盆地」にあり、北海道の中でも比較的温暖な気候です。夏は暑くなるので注意が必要です。

札幌から列車で2時間程度 車で2時間半程度 北海道で最も美しいエリア富良野・美瑛

富良野や美瑛へは、札幌から2時間〜3時間程度で行くことができます。広大な北海道では5時間近い移動時間なんて当たり前。比較的近い観光地です。

札幌から富良野・美瑛へのルートは2通りあります。滝川経由と旭川経由があります。距離的に短いのは滝川経由ですが、滝川〜富良野の間の根室本線は1日8往復と極端に少なく、特に朝夕に集中しているため、10時台の次は15時台だったりします。不便なのであまりオススメしません。

旭川経由では、札幌から旭川まで特急ライラック・カムイで1時間30分程度、旭川にてJR富良野線に乗り換えて美瑛まで45分程度、富良野まで1時間程度となります。特急カムイ・ライラックの時刻表を載せておきます。

※横スクロールしてご覧ください。ライラック2ライラック4カムイ6カムイ8ライラック10カムイ12ライラック14オホーツク2ライラック16ライラック18カムイ20ライラック22ライラック24ライラック26カムイ30カムイ32ライラック34ライラック36ライラック38ライラック40カムイ44カムイ46オホーツク4宗谷ライラック48
旭川51860064571875583090094710001030110012001300140015001600163017001730180019002000211721302200
深川537619704737814849919100710191049111912191319141915191619164917191749181919192019213721502219
滝川550632717750827902932102210321102113312321332143215321632170217331802183219322032215222042233
砂川5566387237568339089381038110811381238133814381538163817081738180818381938203821592238
美唄6076497358078459209501050112011501250135014501550165017201750182018501950205022122250
岩見沢6187007468188559301000105011001130120013001400150016001700173018001830190020002100222422302300
札幌6437338268469209551025111911251155122513251425152516251725175518251855192520252125225322572325
JR北海道ホームページより
※横スクロールしてご覧ください。ライラック1オホーツク1宗谷ライラック3ライラック5カムイ7ライラック11ライラック13ライラック15カムイ17カムイ19ライラック21ライラック23ライラック25ライラック27カムイ31オホーツク3カムイ33ライラック35ライラック37ライラック39ライラック41カムイ43カムイ45カムイ47
札幌6356567307498309001000110012001300140014301500153016001700173018001830190019302000210022002305
岩見沢7007247568148559251025112512251325142514551525155516251725175818251855192519552025212522252330
美唄7117368078259069361036113612361336143615061536160616361736180918361906193620062036213622362341
砂川7227488188369179471047114712471347144715171547161716471747182218471917194720172047214722472352
滝川7277558248419229521052115212521352145215221552162216521752182918521922195220222052215222522357
深川741811838855936100611061206130614061506153616061636170618061844190619362006203621062206230611
旭川800832858914955102511251225132514251525155516251655172518251905192519552025205521252225232530

北海道内の特急にしては本数が多く、便利なのがこの札幌ー旭川間です。この区間は電車特急がメインで、乗り心地・静粛性もかなり高い。

美瑛・富良野をJRで観光するなら「ふらの・びえいフリーきっぷ」がオススメ

JR北海道がこのエリアの観光のために発売している「ふらの・びえいフリーきっぷ」は、往復の特急列車の普通車自由席と、フリーエリア内での乗車券が付いています。

https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Otoku/006783/

有効期限は4日間と長いですが、日帰り旅行でも使用可能です。

美瑛・富良野をJRで観光するなら「ふらの・びえいフリーきっぷ」がオススメ
ふらの・びえいフリーきっぷ

また、往復自由席利用ですが、指定料金530円や、グリーン料金2,750円を支払えば、別途指定席やグリーン席に変更可能です。

美瑛・富良野をJRで観光するなら「ふらの・びえいフリーきっぷ」がオススメ
特急ライラック

特急ライラックは、座席は同じなのであまり変わりませんが、特急カムイでは指定席が「uシート」となっており、座席グレードやコンセントの有無など違いがあるので追加料金を払う価値があります。

美瑛・富良野をJRで観光するなら「ふらの・びえいフリーきっぷ」がオススメ
富良野線の普通列車

富良野線の普通列車は1両編成です。土休日は観光客で混雑するため、早めにホームへ行くのがおすすめです。

富良野線の列車から見える景色も楽しもう

JR富良野線は北海道らしい、何もない場所を走っていきます。富良野線は単線非電化のローカル線で、ローカル線らしい鉄道の風景が楽しめます。

富良野線の列車から見える景色も楽しもう
JR富良野線

特に富良野盆地に入ってからは田んぼが多く、9月ごろに行くと稲が黄金色になった様子が見られます。これもなかなか素晴らしい景色。

富良野線の列車から見える景色も楽しもう
黄金色の田んぼとその先に見える大雪山

黄金色の田んぼと、そのさきに見える北海道の中央の山地・大雪山のマッチがなかなか素晴らしいです。

富良野線の列車から見える景色も楽しもう
北海道らしい雄大な景色

北海道らしい雄大な景色が広がります。冬に行けばもちろん、雪であたり一面が真っ白です(1月に乗車した際、お客さんが多く写真は撮れませんでした)。

富良野線の列車から見える景色も楽しもう
青春18きっぷの写真にも採用された美馬牛駅

美馬牛駅は青春18きっぷのポスターにも採用されたことのある駅です。この赤い屋根の駅舎が味があっていい。

北海道は広大なので車で回るのもあり ただし冬は注意が必要

北海道は広大です。普通の都道府県の10倍近いスケールで考えた方が良いでしょう。最近では、北海道内の道路もかなり発達してきました。高速道路網も発達しつつあるので、車で北海道を周遊するのもいいでしょう。

しかし、北海道の冬は厳しい。北海道はパウダースノーであり、極寒の北海道では雪が溶けることも少ないため道が凍りつくことは少ないです。でもやっぱり、北海道でレンタカーを借りる場合、スタットレスタイヤが標準で装備されているものの慣れない運転者にとってはなかなか疲れます。

特に冬の場合、雪が積もらない場合の2倍〜3倍程度の疲労が溜まると考えてスケジュールを立てるのが良いです。

北海道は広大なので車で回るのもあり ただし冬は注意が必要
北海道の道

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑

ここからは具体的に美瑛・富良野でJRを利用して回ることができる観光地を紹介していきます。まず初めに紹介するのが四季彩の丘。

四季彩の丘は、春でも夏でもいつでも楽しめる観光地です。北海道らしい広大なスケールの畑に、色とりどりの花がびっしりと咲き誇ります。

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑
2020年9月 四季彩の丘(北海道)

ご覧の通りです。素晴らしいのひとこと。

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑
四季彩の丘

花畑でありながら、僕は1人で行きました。1人で行ったのにそれでもなお、魅力が溢れていて楽しめる。本当に、レベルが違います。

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑
園内は自由に散策できる

園内を自由に散策できます。トラクターなどもあって、乗り物で回ることもできます。

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑
北海道らしい雄大な景色

単なる花畑だけではなく、北海道らしい雄大な景色が背後には広がっています。

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑

本当にきれいです。iPhoneのポートレートモードで撮影しています。ポートレートで撮影するとこんなふうに味が出ます。

四季彩の丘はわざわざ行く価値のある広大なお花畑
iPhoneのポートレートで撮影

どの角度から見ても映えます。ただし、JR美馬牛駅からは徒歩20分であり、バスなどもないのがちょっと難点。美瑛・美馬牛周辺にはレンタサイクルもあるので、レンタサイクルを使って回ってみるのも風を感じられて気持ちいかも。

【四季彩の丘】

アクセス:JR美馬牛駅から徒歩20分

営業日:年中無休

時間

  • 4〜5月・10月 9:00~17:00(アルパカ牧場は16:30まで)
  • 6〜9月 8:30~18:00
  • 11月 9:00~16:30
  • 12月〜翌2月 9:00~16:00
  • 3月 9:00~16:30

料金:基本的には無料だが、管理費として任意で200円程度

住所:〒071-0473 北海道上川郡美瑛町新星第三
TEL 0166-95-2758 / FAX 0166-73-3993

「青い池」はMacの壁紙に採用されたことでも有名な絶景スポット

続いて紹介するのが「青い池」。Macの壁紙に採用されたことでも有名な絶景スポットです。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし

青い池は、まるで絵に描いたような景色です。

名前の通り、本当に「青い」。それがこちら。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
2020年9月 青い池(北海道)

晴れた日に行くと本当に綺麗に鮮やかな青が見られます。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
青い池

こちらも先ほどの「四季彩の丘」と同様に、背後に見える綺麗な山々が素晴らしいですよね。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
青い池サイダー

売店があり、青い池サイダーやソフトクリームなども販売されています。

冬期夜間のライトアップは最高!

冬期夜間にはライトアップが行われます。冬期には、北海道の湖や池の多くは雪が積もり、池の水面が見られなくなります。この青い池も同じ。池の水面は見られません。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
ライトアップ

ライトアップが行われると、一面の白い池、そこに青と黄色のライトアップ。美しいの一言です。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
青色のライトアップ

静かな青い池、を演出する青のライトアップ。暗い感じの青がなかなかいいです。5分程度の周期でライトアップが変化します。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
青白いライトアップ

青白いライトアップは寒さを表しているよう。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
青い池の枯れた木

青い池の枯れかけた木が、またいい味を出しています。青い池の青い水面が見えてきそう。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
朝日のよう

ライトの方向を見ると、まるで昇ってくる朝日のようです。

まるで絵に描いたような美しい景色 飲み込まれること間違いなし
北海道の冬

少し外れた道から撮影。まさに「北海道の冬」を演出しておりとても綺麗なライトアップでした。

「白金 青い池」へは、バスで行くことになります。JR美瑛駅からバスが出ており、このバスでおおよそ20分です。本数が少ないので時刻表を確認してから行ったほうがいいでしょう。

道北バスの情報(美瑛ー白金青い池入り口間)

運賃:片道540円

【青い池方面ダイヤ】

  • 美瑛6:55→白金青い池入り口7:15
  • 美瑛9:26→白金青い池入り口9:46
  • 美瑛12:11→白金青い池入り口12:31
  • 美瑛15:46→白金青い池入り口16:06
  • 美瑛17:26→白金青い池入り口17:52

【美瑛方面ダイヤ】

  • 白金青い池入り口7:39→美瑛8:08
  • 白金青い池入り口10:24→美瑛10:53
  • 白金青い池入り口13:09→美瑛13:38
  • 白金青い池入り口16:45→美瑛17:14
  • 白金青い池入り口18:19→美瑛18:45

富良野はラベンダーの時期を過ぎても最高の景色

続いては富良野線という名前の通り、富良野です。ラベンダー畑で有名な富良野は、ラベンダーが終わった季節でも楽しめます。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田

富良野はもともとラベンダーの産地です。富良野をラベンダーの産地として全国に有名にしたのがこの「ファーム富田」です。富良野という場所で、ラベンダー畑を観光地にしたのです。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
ファーム富田でカレーとじゃがバター

ファーム富田では、北海道の季節の野菜を使ったカレーがオススメ。このブロッコリーがとても美味しい。おそらく、ブロッコリーが好きでない人も食べられるはず。

そして、不思議な色をしているラベンダーのバター付きのじゃがバターもあります。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
ファーム富田

ファーム富田は、ラベンダーの時期がとっても綺麗ですが、ラベンダーが終わっても花が咲き誇ります。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
ファーム富田公式サイトより引用

ラベンダーの時期は7月上旬〜7月中旬です。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
ラベンダーの時期が終わっても…(2022年9月)

しかし、ラベンダーの時期が終わってもまだ、違う花が咲き誇っています。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
ケイトウ

ケイトウの花が綺麗に咲いています。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
絵になる

手前に見える紫色の花はラベンダーではなく、サルビアの花です。10月上旬まで開花しています。比較的長い間咲いています。

富良野をラベンダーの産地として有名にしたファーム富田
ラベンダーとメロンのソフトクリーム

ラベンダーとメロンのソフトクリーム。あっちこっちにソフトクリームのお店があります。また、ラベンダーで作られた石鹸などをはじめさまざまな商品が売店に取り揃えられています。

【ファーム富田】

アクセス:JR中富良野駅から徒歩20分・JRラベンダー畑駅(夏季のみ臨時駅)から徒歩5分

営業日:年中無休

営業時間:9:00~17:00/8:30~18:00(6月下旬~8月中旬)

料金:無料

住所:中富良野町基線北15号

電話番号:0167-39-3939

公式サイト:https://www.farm-tomita.co.jp

壮大なパノラマと花 フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらのは、こちらも「四季彩の丘」と同様、パノラマが楽しめる花畑です。

フラワーランドかみふらの
ちょっと遠いのが難点

JR上富良野駅から徒歩45分、路線バスなどはありません。ちょっと遠いのが難点です。中富良野駅にはタクシーが停まっていたので、タクシーを利用してもいいかも。

フラワーランドかみふらの
絵になる

「フラワーランドかみふらの」にやってきました。これもまた、絵になります。丘の上にあるので富良野の町が一望できます。

フラワーランドかみふらの
黄色くて鮮やかな花

黄色くて鮮やかな花たち。なかなかいい感じですよね。

フラワーランドかみふらの
鮮やかな赤

鮮やかな赤色の花と、その先には富良野の平野が見えます。

フラワーランドかみふらの
白と赤のコントラストが気に入った

この写真、白と赤のコントラストがお気に入りです。

フラワーランドかみふらの
四季彩の丘ほど広大ではない

四季彩の丘ほど広大ではありませんが、それでもなかなか素晴らしい景色です。

フラワーランドかみふらの
綺麗

JRの駅から遠く、また、公共交通がタクシーくらいしかないのがちょっと残念。でも、時間があればぜひのんびり歩いて行ってみてほしい観光スポットです。

【フラワーランドかみふらの】

アクセス:JR上富良野駅から徒歩45分 タクシーで15分

営業日:6月1日〜9月30日

営業時間

  • 3月・4月 9:00〜16:00
  • 5月・6月 9:00〜17:00
  • 7月・8月 9:00〜18:00
  • 9月・10月 9:00〜17:00
  • 11月 9:00〜16:00

料金:無料

住所:北海道空知郡上富良野町西5線北27号

電話番号:0167-45-9480

公式サイト:https://flower-land.co.jp

富良野駅までは滝川経由と旭川経由

札幌駅からJRで富良野・美瑛へ行くには2通りの行き方があります。

富良野駅までは滝川経由と旭川経由
富良野駅

1つ目が滝川で乗り換える方法。札幌から富良野までの最短ルートはこの滝川経由です。札幌から滝川まで、JR函館線・特急ライラック/特急カムイ(朝夕の時間限定で、特急オホーツク・特急宗谷)に乗車、滝川で普通列車に乗り換えます。

富良野駅までは滝川経由と旭川経由
根室本線の普通列車

しかしこの根室本線、本数が非常に少なくなっています。1日7本程度と少なく、特に日中はほぼ運転がないため、旭川経由の方が便利です。

富良野駅までは滝川経由と旭川経由
根室本線から見える景色

旭川経由で富良野へ行く場合、旭川から特急ライラック・カムイ(朝夕の時間帯は特急オホーツク・特急宗谷も)で旭川へ、旭川で富良野線の普通列車に乗り換えます。旭川駅は待合スペースなども充実しているので、旭川で乗り換えの方が何かと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました